がんばれ!yottiの 日記

走りきった後の達成感、ゴール後にくる感動を味わうため、マイペースで楽しく走りたいと思います。

金沢マラソン2017その4

2017年11月04日 | 完走記

一気に書き上げます。

35kmからゴールまでです。

 

35kmから40kmの間に折り返しコースが2つあります。これがまあつらかった。

折り返しあるの分かってたのに、最初の折り返しがメインだとばかり思っていたんです。

終わりだと思ってたら、さらにもう一つあって、こっちだったか~!ってかなりがっかり。

しかも思った以上に長くて。スタミナも切れてるからなんですね。

自己ベストを狙うとは決めたけど、足はもうやばいことになっていて・・・

でも攣らなければ多少落ちてもベストは更新できるって思ってましたよ。攣らなければ。

2015年の千歳で自己ベスト出したときは、残り5kmで確信してて大幅更新だからと最後2kmちょっと力抜いたのですよね。

でも結局あれから良いタイムで走れているけど3時間40分は1度も切ってないまま。もう少し頑張ればよかったかなと。

だからこの時点の目標はあの時の千歳のグロスベスト3時間39分01秒。ネットタイムで3時間38分台だったので。

 

確実な自己ベストと言うために

グロスで3時間35分以内。最低でも3時間37分と定めました。数秒の更新だとしっくりこないので。

本当に必死の形相で走りました。早く走り終わらないと足が持たないと思ったから。

とりあえず40km地点まで頑張れば気持ちで盛り返せると思った39km地点でした。

もも裏から何かうごめくものが・・・

攣った

完全に動けなくなりました。仕方ないのでその場で足伸ばしてストレッチ。そして走りだそうと思ったら、また攣って。

何で・・・自己ベストは確実で何分縮めるかの勝負だったのに。もう一回ストレッチ。何とか動けるようになりました。

何分ロスした?

だましながら走って40km通過。やっぱりロスして、この5kmLAP27分38秒。3時間26分って見えた。

長いこと止まったと思ったけど、多分1分くらいのロスで済んだか。

足は小康状態保っていたので、必死にペース上げて、少しでも貯金作ろうと頑張りました。そして41km通過。

この1kmLAP5分20秒切ったあたりで走れて稼ぎました。

後1km微妙だけど走れたら最低でも37分は出せる。

競技場が見えてきた。中に入ったらあとトラック300mほど。ゴールが見えてきたと思ったら。

また攣った

絶対走れないからストレッチ。足引きずってる私を見て、沿道の方が必死に応援してくれます。

何で・・・もうゴールなのに。ベストも間近なのに・・・

ちょっとストレッチして何とか動けるようになったので必死に走りました。何分ロスした?

間に合うの?

競技場に入りました。トラックの横で金沢マラソンのテーマソングを歌ってるバンドの方が生ライブで盛り上げてくれてます。

追記。ちょうどYouTubeにあげられていたこの曲フレーズおぼえているなあと思ったら、私一瞬映ってました。 13秒くらいに横切った青いウェアのです。
"2017/10/29 金沢マラソン2017 競技場 シアスタ??? 少しだけ撮りました。" を YouTube で見る

それも良く見れず、必死にゴール目指します。本当はビクトリーランで余裕で走りたかったのに。

ゴールゲート見えました。タイムは?表示板見たら3時間37分というのは見えた!

やったぞ!!!なんか思わずそう叫んでゴール!

グロス3時間37分47秒。ネット3時間36分55秒。最低限だったけど自己ベスト更新!

よく攣ったのに走れたなあ。5年くらい前までは攣った時点でリタイアか残り全部歩きとかだったのに。 昨年出た豊平川市民マラソンもちょっと回復したけど、けっこう歩いてしまったし。

 

 

 

やっぱりいつでも嬉しいのが、ゴール後のタオルやらメダルをかけてもらえる導線ですね。

 

皆さんいつも笑顔でハイタッチで迎えてくれて嬉しくて。思わずこちらも笑顔で答えちゃいます。

 

完走メダル

これ家族からすごい評判良いです。道マラよりかっこいいし綺麗だと。

 

問題はこの後で・・・

体育館に戻って荷物受け取って着替えたかったのですが、動かすと攣って。

何とか靴下脱ごうとしたら完全に攣っちゃって。あまりに悶絶しているのを見て年配のランナーさんが処置してくれました。

結局攣るから動けないもので、だんだん体温下がって来るしやばい・・・

ちょっと前に同じ状態の方がボランティアさんに救護室行ったほうが良いと連れていってもらってましたが、私も声掛けられたら行きたかった。

結局濡れたまま何分過ごしたのか。

これ体育館だから良かったけど、道マラみたいに外だったら・・・

ようやく着替えて、本当はもてなしブースとかで鍋とか食べたかったけど、寒気がひどく危険なので退散。

帰りは無料のシャトルバスが出ています。

千歳の時はぎゅうぎゅう詰めで乗せられて、それなら体力やばいからタクシーにしようかと思ったんですが、すごいバスが充実していて、スカスカの状態でも発車してくれたので助かりました。

せっかくホテルに大浴場あるのに17時からの使用

速攻で部屋のお風呂沸かして、しばらく浸かってました。それでようやく回復。

 

 

さて今回は結局たった1分半のタイム更新でした。 それでも今年の北海道マラソンからは8分の更新です。

多分攣らずに走り切れたら大幅に更新してネットなら3時間半に近いあたり出せたかもしれません。

まあ攣ったのも含めて実力ですからね。

攣った分ロスしたなというもあるけど、良い方向に考えると。

まずCブロック先頭に並んだ。 どうやらCの後ろだと2分少々ロスだったみたいだから、53秒のロスで走れたのは大きい。

実は千歳のベストの時は10秒くらいのロスでスタートしていて、あの狭いスタート地点に狭いコースで後ろなら渋滞で多分3時間40は切れてなかったから。 スタートロスは大きいですね。申請タイムがネットで良いなら問題ないけどもグロスしか認められていないから。

あと走り始めてすぐトイレに行きたかったけど、何とかなりそうだったから我慢していかなかった。

へたに先客いたら1分以上ロスだもんね。

給水いつも止まってゆっくり飲むけど、タイム縮めたくて止まりませんでした。

この3点だけで1~2分損したかもしれないことを考えると良かったのかもしれません。

 

昨年の静岡遠征を見送った時から始まった道外遠征計画。 今年初めから計画を練って4月から4大会を候補にエントリー。

そして岡山と金沢に当選したものの、親の病気もあり行くことも叶わないかと思った6月。

そしてわずかな可能性に掛けて金沢に決めて入金。

残念ながら親は旅立ってしまいましたが、こうやって金沢の土地を踏む事が出来ました。

後から知った事だけど、同日の横浜は中止になったとのこと。

天気が持ってくれて無事走れた喜びと、せっかく遠征してきたのだから後悔したくないとの思いが粘れた要因かもしれませんね。

 

でも金沢は給食スポットも応援も充実してたから、必死に走るのはもったいなかったかもなあ。

北海道マラソンしか都市マラソンは経験ないけど、本当に金沢はコースも、おもてなしも、そして観光も含め素晴らしい大会でした。帰りが本当に名残惜しかったです。

遠征ラン考えてる方いらっしゃいましたら、金沢、確実にお勧めできます。

 

今回の経験でお金と暇があったら、また旅ランしたいなあと

 

最後に金沢マラソンのコースをHPの動画がありますのでお時間6分少々です。

完走記と合わせましてイメージしていただけると。参考にぜひ。

 

金沢マラソンコース紹介

長くなりました。お読みいただきありがとうございます。

 

もう少し金沢ネタ続きます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金沢マラソン2017その3 | トップ | 金沢で買ったおみやげ »

コメントを投稿

完走記」カテゴリの最新記事