がんばれ!yottiの 日記

走りきった後の達成感、ゴール後にくる感動を味わうため、マイペースで楽しく走りたいと思います。

小樽運河ロードレース2017

2017年06月18日 | 完走記

5年ぶりの小樽運河ロードレース参加してきました。
小樽は2009年に10km。2012年にハーフで出場。その時はこじんまりとした大会だった気がするんだけど、ずいぶん賑やかになったような?

まず今回は始発の地下鉄で札幌。そこからJRで小樽行きに乗ったのだけど、かなりの密度。銭函越えると、車窓から海が眺められるのに、混んでて見えず何とか座れたけど40分近くの立ちっぱなしの可能性あるなら、確実に座れる高速バスのほうが良いかも?

まず小樽についてシャトルバス乗り場へ。

 

ストレス無いくらいバスが待機していてびっくり!だって8年前なんて人もバスもがらがらだったのに。

会場も以前は静かだったのに、アナウンスあり、テントも増えて、荷物預かりも充実したスペースに変更。色々変わったんですね。何より素晴らしかったのはボランティアの子たち。

沿道もずっと応援してくれて、ゴール後のごみとかごみ箱に持っていこうとしたら、もらいますと積極的に片づけてくれたり。良い大会になってますね。



開会式前は小樽商大応援団のエール。女性団長は初とか?




さてハーフは9時スタートです。
ここ最近涼しい時が多かったけど、この週末から天気も回復し気温も上昇。
過去2回出場した時は、いずれも雨だったのに、今回は晴れましたね。
過去2回は2009年が10km自己ベスト。2012年のハーフも1時間36分と相性は良いコース。

ただ最高気温20℃越えのコンディションで給水が5kmおきは厳しい。タイムは気にしない方が良さそうと思ってスタート。

4~5kmあたりに跨線橋渡る長い坂があるんだけど、その辺りで足の運びが思うように行かずキツイ。
やはり喉も乾いてひどいので、給水は止まってしっかり飲む方向に。

運河沿いを走った最初の5kmは22分ちょい。自分の走力としては速い。埠頭を走った次の5kmは23分。タイムはそこそこだけど、7kmくらいから足が持たない感じで撃沈の予感…

一度スタート地点に戻ってから、今度は逆方向の小樽水族館に向かうけど、ここから風がキツく足が動かない感じ。
ただトンネルが3箇所あり、そこは風が収まり涼しいので若干回復。

ここのトンネルの出たところで、いきなり車からヨッチ君!と声が。
兄夫婦が交通規制で停められているところで、コース走ってる私を見つけたようです。
何か天気良いから、釣りの下見とドライブ兼ねて、ついでに私が見つけられるかもとコース走ってたようです。
まあ仲の良いこと。


これで恥ずかしいところ見せられないと、少し走れるようにしたかったのですが、追い風になると思ってた最後の5kmがまた向かい風?横風なの?
頑張ってたけど、風に打ち勝てず、とうとう18km地点で足が止まりジョギング状態に。
この辺りはホーマックの駐車場内がコースになり、買い物を終えて出て来た兄夫婦にまた会ったのですが(応援のために待っていたわけでなく、偶然買い物して出て来たら私がいたようです)
もう撃沈してたので、颯爽と行けませんでした。

気のせいか前はそのまま公園内でゴールだったのが、埠頭の外周を回らせてからのゴール。

タイムは1時間38分09秒。後半朦朧としてLAP取り忘れたから、時計見なかったけどつぶれた割には40分切れました。5年前は1時間36分だったから、ちゃんと走れてたら近づけてたか。

 

地味にうれしかったのが完走賞のリュック

 

たまに通勤ランとかするとき、最低限のものだけ入れるようなの欲しかったんです。

同僚が以前小樽の記念品でもらっててうらやましかったのですが、記念大会のみだと思ってました。

 

帰りは兄夫婦と一緒に母のお見舞い行くのに送ってくれるついでに、私からのリクエストで以前から気になっていたほしみ(小樽と札幌の境界あたりにある場所です)のジェラート屋 小樽パスコロさんへ。


 

調子に乗ってカップでトリプル頼んだらすごい量にカップというよりどんぶりだね。

おいしかったので、ぜひ。5号線沿いにあります。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金沢マラソン抽選結果とショ... | トップ | 岡山マラソン抽選結果 »

コメントを投稿

完走記」カテゴリの最新記事