がんばれ!yottiの 日記

走りきった後の達成感、ゴール後にくる感動を味わうため、マイペースで楽しく走りたいと思います。

金沢マラソン2017その3

2017年11月04日 | 完走記

25km付近からようやく景色が変わり田園ゾーンに入ります。




 



 


何も無い道で退屈に感じそうなエリアなんだけど、田園風景の中走るってあまりないからこれも新鮮でした。

白山は…望めなかったとです(ヒロシ風に)


北海道も田園はあるけど、あまりその地域走ってないし、どちらかと言うと畑や酪農地帯のほうが多く見てますから。



それに普通の住宅でも北海道では見ることが無いけど瓦屋根の家とか。

橋を渡るちょっとした勾配はもう足が厳しかったけど浅野川沿いを走るのは目に優しく良かったです。


北海道マラソンと違うなあと感じたのは、まず少年野球チームの応援がどこも多かったです。


たぶんおもてなしの一環として、チーム行事として集まってくれてるんだろうなと。


そして何がって、当たり前にハイタッチが異常に多くて。小さいお子さんやお年寄りの方に手を出されると応えずにはいられませんね。


3回目の大会だけどハイタッチ文化が定着している感じです。


後半は手が挙がりませんでしたけど


 


後バレーボールの試合の時によく見るあれ、スティックバルーンっていうみたいです。



あれも力になって。金沢マラソンではハイタッチ用手袋とか、メッセージボードとかの応援グッズを数多く用意していたようです。


しかも無償で。すごいな!たぶん色んなランナーの力になったでしょう。


 


多分この辺から足裏の痛みのほかに、足が上がらない感じが。


30km通過。この5kmLAP25分14秒。疲れてダメかな?って思ってるのにまだkm5分をキープしていました。


多分極端に落ちてたらあきらめてたのかもしれないけど、タイムが良かったので粘れていたのかもしれません。


ここではカツ入り金沢カレースポットがあり、タイム遅ければ頂こうかと思いましたが、自己ベストペースだったのでスルーです。


30km以降では金沢駅の前を走ります。鼓門やもてなしドームなど個性的な東口と違い、こちら西口は近代風の駅舎です。


札幌駅の北口と感じが似ています。そしてここから長い直線のオフィス街へ。



 


ある意味金沢市民のメインストリートと言えるかもしれません。長い直線に広い道路。


そしてまた応援がにぎやかになります。でもこの辺で道路のゆがみがあるのか、足首捻ったような痛みも。


そして降り続いてる雨で水たまりが出来ていて避けれないから、そのまま走っていたら足も冷たさでしびれてきていました。


足が痛くてターサーやめれば良かったなぁとか寒くてランシャツじゃなくて半袖にすれば良かったとか、ちょっとマイナス思考が働きました。


でも大丈夫。何だかんだで俺は雨に強いはず。強風や暑さはからきしダメだけど雨のレースはいつも比較的良いタイムで帰ってきてるから。


35km通過。この5kmLAP26分32秒。


さすがに同じ感じで走ってるはずだけど、落ちてきてます。


ここでのスプリットが2時間58分。と言うことはkm6分で走ってもギリギリ3時間40分辺りと思えて、ようやくここで自己ベストを狙うという意思が出ました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金沢マラソン2017その2 | トップ | 金沢マラソン2017その4 »

コメントを投稿

完走記」カテゴリの最新記事