ホビタン ~趣味の探訪~

最近ドラクエからかなり遠ざかりました。

ネクストジェネレーションパトレイバーを視聴しました。

2016年10月18日 22時26分44秒 | 日記
まあ随分前にやっていたネクストジェネレーションパトレイバーを全話視聴しました。一気見でしたがはっきり言ってアニメやコミックスでやっていたものを蒸し返したような感じがしました。あまりレイバーと無関係な話が多いことも気になりまして正直申し訳ないけど自分の評価は低いとしか言えないです。またパトレイバーは短編でやるみたいですがこのパトレイバーってアニメのほうが向いている作品で実写には不向きです。





主演は真野恵里菜ちゃんでしてなかなか可愛かったです。ハロプロ出身の元アイドルですね。ネクストジェネレーションパトレイバーでは泉野明(いずみのあきら)という役名です。初代の泉野明(いずみのあ)に似た名前です。


まあパトレイバーは週刊少年サンデーで連載されそのうちにアニメ化した作品ですが連載当時はなかなか面白かったです。まあ警察組織では特車二課の肩身の狭いこと…実際にそれほどレイバー事件が多発することもなく暇をもてあそぶ職員やレイバーなのでまあただの金食い虫と思われることは避けられません。それでもめげずに日々を送る特車二課の面々でした。





鉄腕バーディなどで知られるゆうきまさみ先生の漫画です。表紙は主役の泉野明(いずみのあ)です。


実際にパトレイバーではやたらハンサムなロボットが運用されるのですがそれがイングラムです。ネクストジェネレーションではもう替えのパーツもないほど老朽化していて新型レイバーもまわってこない…これを見てもいかに特車二課が警察に必要とされていないことがわかります。そもそもレイバーは土木作業には向いているものの長距離移動や遠距離攻撃には向いているようにも思えず格闘性能もとびぬけて高いと思えないです。まあつまり戦車やヘリコプター、戦闘機でその用を代行できると思えます。もう警察がレイバー隊を必要としない訳も納得がいくわけです。





まあロボットは現実では運用には不向き、パトレイバーはそんな現実に逆らったかの如くな作品です。でもなんでしょうか…ロボットはいつの世にも人の心を揺さぶる何かがありますね。


ガンダムの世界ではミノフスキー粒子など電波妨害をする粒子により遠隔操作による戦争が不可になったという裏設定があるためモビルスーツの有益性が分かりますがパトレイバーの世界でのレイバーは完全にのりで作ってしまった組織としか思えません。そもそもが非効率なロボットが現実世界で運用されるわけがないのでして実現するなら男のロマンの実現ぐらいしかないでしょう。まあ劇中にてイングラムの出動の必要があったシーンはこれまた少ない…まあ対ロボットでないとレイバーは必要性が低いですね。だったら劇中で敵のロボットをだして欲しかった…やっぱり予算が原因なのかなあ…





アニメでは特車二課に対し敵のロボットが登場します。グリフォンというロボットが特車ニ課に立ちふさがり話をもりあげましたね。ネクストジェネレーションでもこんな敵ロボットが出てほしかった…実写では難しいか…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冒険王ビィト 10年の時を越... | トップ | なんかサザエさんとかドラク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。