ホビタン ~趣味の探訪~

ドラクエ11 7月29日発売決定、楽しみです。

ドラゴンボール独自名場面 【1】コルドの誘いを断ったトランクス

2016年09月09日 23時35分29秒 | ドラゴンボール
まあ何か思いついたので新しくドラゴンボール独自名場面を書いてみます。もうドラゴンボールに関しては書いてもなあなんて思いましたが思い当たることがありましたのでくだらない読み物とお考えください。独自の感性のもとに選んだ場面なので「えーっ、それは違うよ」なんて突っ込みが来ると思えます。


今回はコルドの誘いを断ったトランクスです。フリーザと悟空がナメック星での激闘を経て三年後、突如地球に飛来したフリーザとその父コルド、このコルド大王はほんの少しの登場で終わってしまったキャラクターです。


そのフリーザですがトランクスに瞬殺されます。あれほど登場人物を苦しめてきた最強最悪なキャラクターでしたがあっという間に剣でみじん切りにされ気功波で消されました。コルドにとって息子の敵のはずのトランクスですがそんなトランクスをコルドは我が一族に加わらないかと勧誘をするのです。結構このシーンは印象的なシーンですがまあ当然の如くトランクスはコルドの誘いには乗りませんでした。





トランクスは迷わず断ります。しかし、これを断らなかったらいったいどうなっているでしょうか?フリーザ一族も強いですがサイヤ人の一族も強いです。まあトランクスにとってフリーザ一族が目指す宇宙支配などどうでもいい、欲しいのは明るい未来ですからね。


この勧誘シーンですがどうしてもこのゲームのこの場面を思い出してしまいます。そうあのドラクエ1の竜王が勇者を勧誘するシーンですね。悪が正義を勧誘するというのは変ですが欲に負けてしまうと大変です。





竜王が勇者を勧誘するシーンです。ドラクエ1のあまりにも有名なシーンですね。


この悪が正義を勧誘するシーンですが恐らくこの映画からきているのではないかと思えます。そうです、スターウォーでしてダースベイダーやルークがその人です。ベイダーは勧誘されたというか罠に落ちたという感じがします。ルークも皇帝から勧誘されましたね。





この親子も似た者同士です。ジェダイの騎士であり暗黒に近いところにいた感があります。主人公のルークは悪に堕ちませんでしたね。


このトランクスの何気ないシーンに彼の人生観をものすごく感じます。宇宙征服などに微塵も興味を見せずただ平和な未来を望む姿勢がそれを表してます。なかなか真似できないですね。昨今は欲深き人たちが罰せられお手本となる大人が見られないですが欲を凌駕できる大人を見てみたいものです。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今更だけど、サイゼリアの間... | トップ | 真田丸 いよいよ終盤へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。