ある美容師の戯言

今回は、美容師という職業で悟り?を学ぶ男のブログ

2013年/21カットコンペテション

2013年11月30日 | カット

 

1_2

 

 

・会場 :GAMO 青山 STUDIO 港区南青山 6-13-23 3F

 

 

・開催日時 :2013 / 12/ 02 … アシスタント部門12:00スタート/スタイリ スト部 門13:30スタート/ ( 10: 30よりスタジオでの仕込みOK )

 

 

・参加条件 : モデルカット/35歳以下のスタイリスト又はアシスタント/ ドライ又はエフィラージュでのカット

 

 

・懸賞金 :スタイリスト部門優勝者 ¥50000 / アシスタント部門優勝者 ¥10000

・参加費 :(スタイリスト)21 会員, サロンメンバー¥5000/ 一般 ¥8000 、アシスタント ¥3000、見学料 ¥3000 (21会員無料)

 

 

・テーマ : 「ミディアム・レイヤー」

 

 

・進行: ウエットでのカット進行の場合もシャンプー後のドライな状態からスタート。

 

 

・カット: スタイリング時間/スタイリスト 部門4 5分 /アシスタント部門55分

 

 

・スタイリングでのウイッグ、アイロン、ローラー等の使用禁止。フィンガーブローもしくはブラシの使用のみ可。 

 

 

・採点基準:立体感(テクニック)、バランス、質感、モード性, アイデア ...各20ポイント、計100ポイント(カット後のモデルメイク 修正5 分間、カット、メイク担当を分担してもかまわない

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本屋

2013年11月29日 | ブログ

 

リアルクローズの大家さんが、本屋さんを12/1にオープンします

 

 

色んなジャンルに精通していて、語学は堪能、センスや生き方もカッコ良いんです。

 

 

クラリスブックス

 

Pa01244335_2

 

 

色んな意味で、史上最高の大家さん。扱う本もセンス良いです

 

 

リアルクローズの近所ですから、お店の帰りに、是非立ち寄ってみてください。

 

 

ちなみに、本屋をだすから出て行けって言われなくて良かったぁ~。。。なんて、冗談ですよ

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

すっとこどっこい

2013年11月28日 | 日記・エッセイ・コラム

 




僕が33才の時、家買う為に、5000万円近い借金した時は、

 


 


銀行の奥の会議室に1人通され、

 


 


数人の、スーツ着た固そうな方達が見守る中、分厚い書類に幾つも実印押しましたけどね。。。(あの時は、手が震えたなぁ)

 


 



あれから15年、今は簡単になってるみたいですね。。。

 


 


Image

 


 


 


 


 


 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな年

2013年11月26日 | 短歌、俳句、本

 



今日は、今年最後の講習だ。

 



 



 




今年は、これで全て終了

 



 



 





何とか乗りきれそう。。。

 



 



 




しかし、今年は精神的に、きつかったなぁ~

 



 



 


「 親の旅 自分の余生 20年 正に悩んだ 48 」

 



 



 



 



 



 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォトコン

2013年11月25日 | ブログ

 

2013、21フォトコンの作品が出揃いましたね。

 

 

 

 

http://www.21paris.info/#!exposition/c5hq

 

 

 

 

みんなセンス良いですね

 

 

 

 

でも、少し残念だったのは、、、。

 

 

 

 

この人は出品するだろうと思っていた人の作品が無いこと

 

 

 

 

とても残念。

 

 

 

 

とっても残念。

 

 

 

 

。。。

 

 

 

 

カットコンテストなどど違って、フォトコンは何処からでも参加できるのに、、、。

 

 

 

 

今回のテーマは、SEX &THE CITY

 

 

 

 

テーマさえ外さなければ、撮影のヒント(スパイス)は何でも良い。と思うんですよ

 

 

 

 

例えば、

 

 

 

 

江戸時代の花魁がタイムスリップして新宿のど真ん中に立ち尽くす。。。

 

 

 

 

ゲゲゲの鬼太郎の砂かけババァが25才だったら。。。

 

 

 

 

ダンスホールで踊りまくっている少女がトイレに行ってドアを開けたら、apple本社内だった。。。

 

 

 

 

などなど、、、。俺の発想ってこんなチンケなもんですが、考えるって楽しいですよね

 

 

 

 

テーマを基本に、自分のスパイスを具現化していく。その過程で、ドンドン発想が膨らみ訂正を繰り返して出来上がった作品は、最初の自分が考えたスパイスとはかけ離れたモノになっているかもしれない。

 

 

 

 

でも、それで良いと思うんだよね。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リナティラ

2013年11月23日 | 日記・エッセイ・コラム

 

楽天でも購入できますが、値引きのない商品です。是非、美容室でもご購入ください。

 

 

http://item.rakuten.co.jp/womenjapan/r-naterra/ (スマホはPC版で見てもらうと説明が詳しく書いてあります。)

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

指名客?

2013年11月22日 | ブログ

 

スタッフ・・・「有難うございます。リアルクローズです」

 

 

電話の人・・・「初めてなのですが良いですか?」

 

 

スタッフ・・・「ご紹介ですか?」

 

 

電話の人・・・「はい」

 

 

スタッフ・・・「大丈夫ですよ」

 

 

電話の人・・・「質問いいですか?」

 

 

スタッフ・・・「はい」

 

 

電話の人・・・「そちらには犬がいるって聞いたのですが、、、、、、、、。」

 

 

スタッフ・・・「そうですねぇ~、いる時と、いない時がありますね」

 

 

電話の人・・・「その、ごにょごにょ、、、、、、、、、、、。」

 

 

スタッフ・・・「そうですか、ごにょごにょごにょ、、、。」

 

 

電話の人・・・「ごにょごにょごにょ、、、。」

 

 

スタッフ・・・「ごにょごにょごにょ、、、。」

 

 

電話の人・・・「ごにょごにょごにょ、、、。」

 

 

スタッフ・・・「ごにょごにょごにょ、、、。」

 

 

私・・・「予約の時に言ってもらえれば、部屋に帰すからって言って」

 

 

スタッフ・・・「・・・」

 

 

電話の人・・・「ごにょごにょごにょ、、、。」

 

 

スタッフ・・・「ごにょごにょごにょ、、、。」

 

 

電話の人・・・「ごにょごにょごにょ、、、。」

 

 

スタッフ・・・「それではご予約お待ちしていますね」

 

 

電話の人・・・「はい」

 

 

 

 

私・・・「犬がダメな人なんだね」

 

 

スタッフ・・・「いえ、違いますよ」

 

 

私・・・「え!?」

 

 

スタッフ・・・「犬のいる時に来たいそうです」

 

 

私・・・「・・・」

 

 

スタッフ・・・「レティのご指名です」

 

 

 

Imagecaoauoa2_2

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

理想な国は?

2013年11月21日 | 日記・エッセイ・コラム

 

長野県のホテルが、無給で韓国人に働かせていた事が問題になっているけど、コレって悪い事なんですかね?

 

 

元スタッフの、中嶋くんだって、PARISの美容室で無給で働かされていました。と言ってもおかしくない。。。

 

 

でも、彼の場合、勉強の為に無給で申し込んで働かせてもらった。フランス語の勉強もできるしPARISの美容師の仕事風景を近くで見ることもできる

 

 

ホテルで働いていた韓国人達も、もしかしたら日本のホテルの仕事を授業料無しで学びたかったのかも知れない?

 

 

ホテルで働くということは、日本語も勉強しなくちゃならない?

 

 

日本流の仕事を無料でマスターできる。とも言える

 

 

高度な技術を有するPARISには、パン屋、ケーキ屋、メイキャップ、美容師、アパレルなどなど、無給で働かせて欲しい現場が多数に存在する。

 

 

しかもそれは、学びたい人にとっては、無給でも無休でも良いのだ。

 

 

その様なケースだったと願いたい。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 42

2013年11月20日 | 映画、美術、芸術、古典芸能

 


「世界を変えた男」

 



 



 



見て来ました。

 



 



 



ドジャースGMリッキー役の、ハリソンフォードが年老いたなぁ~とか思いつつも良かった。(実在の人物を演じるのは初めてらしい)

 



 



 




リッキーの思い。

 



 



 



黒人の未来。

 



 



 



白人が黒人をみる価値観。

 



 



 



子供達の道徳心。

 



 



 



など全てを一気に解決するには、たった一つの方法だけしか無い。

 



 



 



どんな嫌がらせや恐喝などにも、無抵抗で、ひたすら耐え

 



 



 



試合で結果をだす。

 



 



 



凄いプレッシャーだったと思うんですよ。

 



 



 



でも、結果を出せば皆が変わっていく。仕事の威力は凄いなぁって、あらためて実感。。。

 



 



 



そして、GMリッキーの志と行動力

 



 



 



世界を変えた男は、リッキーとジャッキーロビンソンの2人

 



 



 


若い内は、ジャッキーロビンソンの様に自分が駒として働きたかったけど、もう48才

 



 



 



リッキーの様に生きなくちゃいけないな。って思いましたね。。。

 



 



 



 



 



 




 



 



 








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お人好しの国が好きです

2013年11月19日 | ブログ

 

広島の、

 

 

 

「安らかに眠ってください。過ちは 繰り返しませぬから」

 

 

 

という碑は、アメリカにこそ建てなければならない。と、思っている

 

 

 

原子力爆弾を落としたのは、日本でなくアメリカなのであって、

 

 

 

原爆症で苦しむ人達は日本人なのであって、

 

 

 

なんで、日本政府が裁判で訴えられて保証しないといけないの?って思っているわけです

 

 

 

原子力爆弾を、日本の民間人の頭上に落として、日本人を大量に殺して、更に生き残った人も後遺症などに苦しんでいるわけです。

 

 

 

すべて、アメリカがやったことです。慰安婦像などを建ててる場合じゃないだろアホ。って思ってる訳です。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それでも、自虐国が好きです

2013年11月18日 | 日記・エッセイ・コラム

 

平和憲法というものは無い。

 

 

 

憲法9条を平和憲法と呼ぶことで、憲法改正しようとする人たちを

 

 

 

平和を嫌う人たち。と、暗示にかける事が目的である。

 

 

 

憲法9条は、領海侵犯されても、東京の上空を他国の戦闘機が飛んでも何も手出しできない

 

 

 

無抵抗憲法と呼ぶがふさわしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広くて深い海

2013年11月16日 | 日記・エッセイ・コラム

 

人は誰しも、心に広くて深い海を持っている。

 

 

 Image_7

 

 

目に見える物質社会に生きているけど、心の海を持っている

 

 

人によっては、池のように思っている人もいれば湖くらいに思っている人もいるだろうし、気にしてない人もいるだろう?

 

 

しかし、誰しも心の海は広くて1回の人生では探りくれないほどに広くて大きい海なのだ

 

 

海は、日本海のように暗くて怖い海も、太平洋のように明るくて陽気な海も、深海のように暗くて何も見えない海もある。

 

 

 Image_8

 

 

僕は、ジンベイザメを探しに海を泳ぎ回った

 

 

 

しかし、海は広すぎて中々見つけられない。。。

 

 

そこで、探すことをやめた。どだい、広すぎて無理なんだ

 

 

 Img_4967_2

 

 

でも、僕の海には、ダイオウイカも、ジンベイザメも、イワシもイカも珊瑚もいることに気づいた

もう探すことはやめた。

 

 

それで良いのだ

 

 

僕の海は、とても果てしなく広く豊かな海だという事を知ったから。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小泉さん

2013年11月16日 | 日記・エッセイ・コラム

 

 

小泉さんが精力的に動きだした。

 

 

小泉さんが、元総理大臣の故橋本さんと自民党総裁を競った時も、郵政民営化を発言して殆どキチガイ扱いされてのボロ負けだった

 

 

既得権益に立ち向かう姿勢は、変わらない。

 

 

今度は、反原発だ

 

 

既得権益の塊だ。

 

 

息子の事も自民党も関係ない。小泉純一郎の生き様だ

 

 

男の中の男の生き方だと思う。

 

 

人は、引退したら生きていても死んだも同然。。。

 

 

社会に影響を与える事ができる限り、発信し続けなければならない。

 

 

と小泉さんを見て思った。

 

 

しかしながら、みのもんたを見て、年寄りはサッサと引退しないと若い人のチャンスを潰してしまうな。とも考える

 

 

さあ、俺はどっち?

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馳走

2013年11月15日 | 短歌、俳句、本

 

パンストックにてパンを仕入れて

 

 

1_4

 

 

由布院に向かいます

 

 

2_3

 

 

由布岳の麓、MURATAの不生庵到着

 

 

3_2

 

 

湯けむりが上がっています

 

 

3_3

 

 

この親子丼が、目当てです。

 

 

Facebookで、親子丼の写真見た友人が作った即興一句

 

 

「親子でも 味わい尽くす 極みの一杯!」

 

 

上手い!!!

 

 

4_2

 

 

その後、九酔渓通って

 

 

5_3 6_3

 

 

九重の400mの大吊り橋

 

 

7_2

 

 

そっからの紅葉です

 

 

8_2

 

 

近くの筌ノ口温泉

 

 

まあ、今回は期待しないで温泉入って帰るだけでも良いやって思っていたら

 

 

玄関から入って、奥の雑木林に出ると、

 

 

1_5

 

 

混浴と女性専用に別れてて

 

 

2_4

 

 

大きな濁った池が見えてる。。。

 

 

9_3

 

 

違った、池じゃない。これ露天風呂だ!!!

 

 

3_4

 

 

庭園風に作った風呂じゃなく、大自然の中の大露天混浴風呂

 

 

美味しいものを頂いた時には、即興一句 

 

 

「九重の  旅館の中に  これ絶景の  自然の湯池  愉快に食す」

 

 

4_3

 

 

御馳走様でした。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013福岡講習最終日

2013年11月14日 | 短歌、俳句、本

 

今年最後の福岡講習

 

 

私的に色々悩んだ1年、何とか無事やりきれた事に安堵しています。

 

 

福岡のメンバーに感謝します。ありがとう

 

 

1_2

 

 

「病あけ 鮨か鰻か 迷いつつ 足は勝手に 明治6年」

 

 

最近、短歌にはまってまして、5分位で考える様にしてます。いつ死ぬ時きても歌詠めるように。。。

 

 

2

 

 

明治6年創業の鰻屋、吉塚うなぎ

 

 

3

 

4 (うなぎ、のっけて見た)

 

 

美味いです。でも、どっちかって言うと三島の桜屋さんが好きかな?好み有るからね、、、。しっくりくるのは鹿児島のうなぎ屋が醤油ダレが慣れてて好き。。。

 

 

さあ、いよいよ今年最後の講習です

 

 

5_2

 

 

カットモデルのビフォ&アフター

 

 

6_2 66

 

 

来年は、カットの前のビフォとカット後のナチュラル仕上げのアフター写真+アレンジの撮影までする予定

 

 

だから、福岡近郊の美容師さんやブティックのマネキンさん達オシャレに変身したいカットモデルを募集してます。

 

 

美容師の方で、エフィラージュ興味なくてもモデルだけでも全然OKです。カッコ良く変身したい方、よろしくお願いします。

 

 

来年の3月からですが、希望の方は  ・  まで

 

 

終了後は打上げ

 

 

7

 

 

そして二次会は、カラオケ21。。。

 

 

扁桃腺腫れて病院行ってきたばかりなのに、、、。

 

 

8

 

 

でもね、年の差10才以上離れてないから選曲が。。。

 

 

長渕のトンボ歌う3人。。。

 

 

30年前は、どこの会社も終身雇用が当然で、バブル以前なので割に就職が容易かった。そんな時代に、社会保障なし、給与涙ほど、労働時間無制限、美容師の仕事は社会的に信用が少なく、男性の美容師も少なかった

 

 

その時、美容師を目指した同志は殆ど美容師していません。

 

 

生き残った僕たち。。。なんて、今から死ぬのか?(笑)

 

 

9

 

 

なんて、気にしない。気にしない。気楽に生きよう。。。

 

 

だから、

 

 

井上陽水、歌う なりきり木下さん。。。

 

 

10_2

 

 

僕も喉痛いけど、いっちゃいました。。。

 

 

さあ、残りの人生を全速力で走りきろう。

 

 

11

 

 

何事も全力で楽しむのが21ですから。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加