ある美容師の戯言

今回は、美容師という職業で悟り?を学ぶ男のブログ

エスプリの一つ

2012年02月29日 | ブログ

 

 

美容室に最も求められているもの?

 

それは、素敵なヘアースタイルです

 

Img_1591_2

 

私たち美容師は、お客様の髪型をつくらせてもらって生活させて頂いています。

 

 

 

しかし、

 

 

例えば貴方が、外科医だとします

 

例えば貴方が、その外科医の患者だったとします

 

  

Img_1594  

 

 

世界中でその外科医だけが、手術を成功する腕を持っているとします。

 

 

その外科医に貴方は手術を頼みました。

 

 

その外科医にしか手術することができないけど、人間として最低な対応を受けたら貴方はどうしますか?

 

 

Img_1595

 

 

嫌だけど、仕方なくお願いすることになるでしょう、、、か?

 

 

成功したら感謝するでしょうし、気持ち良くお金も支払えるでしょう、、、

 

 

しかし、もし失敗したらどうですか?

 

 

Img_1597

 

 

 

あきらめられますか?

 

 

 

名医である人たちが名医であるゆえんは、名医の人たちは手術する前に患者の 心を解す   名人でもある。と思うのです。

 

 

この先生にお願いして、ダメなら仕方ない。と思えるような、、、

 

 

Img_1598

 

 

自分の命をかけても悔いがない。と言い切れるほどに信頼させるだけのものを持っていると思います。

 

 

 

それは何なのか?

 

 

 

私が思うに、それは

 

 

Img_1599

 

 

 

 “ 誠意 ” 

 

 

 

だと思うのです。

 

 

 

うわべの言葉はいらない。

 

 

 

本当の事、本当の対応、何もへつらえることもない、もちろん媚びることもありません。

 

 

 

適切に接し、誠実に対応する。

 

 

 

名医の人達は、名医の腕前を披露する前に患者さんの凝り固まった心をほぐす名人でもあると思うのです。

 

 

Img_1600  

 

その後に、病気を直してあげれる高度な技術が要求される。

 

 

 

助けてあげたい気持ちが世界一あったとしても、高度な技術力を有していなければ助けてあげることができず、他の先生にお願いすることになるわけです

 

 

 

逆に、

ただ単に高度な技術を身に付けても、最初に凝り固まった心を解せなければ技術を発揮できないとも言えます。

 

 

Img_1610  

 

私たち美容師はどうでしょうか?

 

 

 

立場的に、似てると思いませんか?(立場的なことでね)

 

 

 

高度な技術を有する。そのために努力する

 

 

 

しかし、それ以前にお客様が、あなたに全服の信頼を与えるのと与えないのとでは天と地ほども違う。。。

 

 

 

良いヘアースタイルが作れた時の、両者の至福感も何倍にも違ってきます

 

 

 

美容界は、腕(技術力)は対したことがないのに偉そうにしている馬鹿な人が多い世界です。

 

 

 

本当に美容界にとって何も良いことがありません。

 

 

 

美容界を洗濯したい。けど其れほどの力がありません

 

 

 

 

だから、

 

せめて、

 

エフィラージュマンを目指す貴方たちには

 

 

 

Parisのメンバーのように、ピュアーに美容師に取り組んでもらいたい

 

 

 

弱いものほど、外見を取り繕う?日本の先生と呼ばれる方々を目指すのでなく、、、

 

 

Dsc_0165

 

 

PARISのエスプリ、、、

 

 

 

それこそが、プロフェッショナルと思うのです

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月なんだけど、

2012年02月24日 | ブログ

 



 



過去最高の売上げをマークした。

 



 



とは言っても、関西時の平均的な売上げだけど、、、

 



 




 



 



4年間を振り返るとやはり嬉しい。

 



 



 



 




リアルクローズは誠心誠意美容師に取り組み、必ずや北海道から沖縄までの小規模美容室のモデルになれるように結果をだしたい。

 



 




嘘のない。誠心誠意美容師に打ち込むだけで良い。という証を


 



 


 



 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1人サークル活動

2012年02月23日 | 日記・エッセイ・コラム

 

 

2月21日は、1人サークル活動の日

 

 

名づけて サークル21

 

 

2人がカットモデルを連れて11時に来ました

 

 

Img_0102

 

もちろん、レティも参加

 

Img_3854

 

フミさんもカットモデル呼んで切っています

 

Img_8578

 

 

カットした後は、写真を撮るのですが、なかなかリアル以上の写真がとれません?

 

 

これも、勉強なんですよね、、、

 

 

Img_7350_1

 

午後になり、カットモデルを見ていると

 

 

表をウロウロする若物が2人、、、

 

 

入ってきて・・・「 休みですか? 」 と、、、

 

 

休みです。と言うと、

 

 

大阪の美容師なんですがカットしてもらいたくて来ました。と、、、

 

 

16・・・「 カットモデルの見学で良ければ見て良いよ 」

 

 

大阪の美容師・・・「 有難うございます 」

 

 

16・・・「 エフィラージュを知っているの? 」

 

 

大阪の美容師・・・「 はい。ご存知ないかもしれませんが石原さんという方に教えてもらっています 」

 

 

16・・・「 誠? 」

 

 

大阪の美容師・・・「 ご存知で? 」

 

 

16・・・「 知ってるよ。彼のサロンで働いているの? 」

 

 

大阪の美容師・・・「 いえ、石原さんの仲間が集まってエフィラージュの勉強会を月一回されていますので参加させて頂いています 」

 

 

16・・・「 それ、俺が声かけてつくったんだよ 」 

 

 

大阪の美容師・・・「 そうなんですか 」

 

 

16・・・「 発起人をピックアップして声かけただけだけどね 」 

 

 

大阪の美容師・・・「 驚きです 」

 

 

16・・・「 今でも活動してるならそれで良いよ 」 

 

 

大阪の美容師・・・「 ・・・ 」

 

 

16・・・「 君たちが第3世代になるから2世代にきっちり鍛えてもらえよ 」  

 

 

大阪の美容師・・・「 はい。頑張ります 」

 

 

と、やけにテンション高めなロック野郎が台風の様に去っていきました

 

 

そんな初回の1人サークルでした。 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レティの見た?

2012年02月22日 | ペット

 




 



 




 



 

うつらうつら眠くなり、、、

 


 



 


 



少しの時間、、、

 


 



 


 



寝てしまった

 



 




 



 



何か、、、

 


 



 


 



視線を感じる、、、

 



 




 



 



Img_4620

 


 


 




 


ドアが少し開いているではないか、、、

 



 


 



 


あ!

 




 



 


 


Img_4620

 



 


 


 



犬は見てた!

 


 



 


 



私のうたた寝を、、、

 



 




 



 


 




 



 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京は一味ちがうよ

2012年02月20日 | ブログ

 



 


今年から世田谷区の確定申告の会場が渋谷に変更になった

 



 


確定申告を済ませ、アップルストア渋谷の One to One を受講に行ってきました。

 



 


今まで独学でパソコン使っていたので、初歩から教えてもらいます、、、

 



 


1年間で期限切れるので一年間セッセと通いたいと思います。

 



 


一対一で1時間教えてもらえるのですが、

 



 


隣の席に、70才?くらいのおばあさんが、、、、、

 



 


 



 


凄く気になるじゃありませんか?

 



 


 



 


席につくなりノートと鉛筆だしてやる気マンマン?

 



 


でもね、ノート見たら英語でビッシリ!

 



 


これこそ 「 能ある鷹は爪隠す 」ってやつですね?

 



 


おれのピークは85才って言ったけど、このおばあちゃんマジで、、、

 



 


質問内容から、パソコンは初心者のようなんだけど、ずいぶん使いこなしているみたい?

 



 


しかし、この人の生き様に惚れてしまいそうや。。。

 



 


 



 






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超人の人達

2012年02月20日 | ブログ

 

ビデオカメラがほしい

 

 

日本製が機能もメンテナンスも優れていることは分かっている???

 

 

けど、このCMみたらやっぱり浮気したくなります。。。

 

 

それが宣伝ということではないでしょうか?

 

 

http://jp.gopro.com//

 

 

 

 

おまけ (超人の人達?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

求人について

2012年02月19日 | ブログ

 

インターネットニュースに、

 

「 応募者の適性を測るのに最適なのは、

 

オンラインでの活動状況と内容、と判断した。履歴書からは応募者に関する深い情報を得られないからだ。

 

と同社のCacioppo氏は語る。 「われわれが知りたいのは、どんな人物か、どんな仕事をしたいと思っているのか、どんな考え方なのか――こうしたことだ」 と続ける。

 

Cacioppo氏自身、ブログ、Twitterのフィード、ビジネス向けSNSのLinkedInのプロフィール、旅行に特化したソーシャルメディア「Dopplr」のリンクを提出して、同社に採用されたのだそうだ。

 

履歴書よりもWebでの活動内容を見たいという企業は増えている。

 

これらの企業の中には、Twitterやブログのサイト、LinkedInのページ提出を求めるだけなく、オンラインで適正試験を行うところもあるという。 」

 

 

 

 

 

 

本当に履歴書なんて、住所、生年月日の確認ができるぐらいで何の役にもにもならんもんねぇ~、、、

 

 

そういう意味では、この手法は凄くロジック、、、(私が、美容室に面接に行って、このブログを見せなさい。と担当者に言われたら、保守的な日本では、殆どの美容室で不採用でしょうから、、、)

 

 

という意味でも、

 

 

近いうちに、面接の時の、ブログ、ツイッター、フェースブックの提出は最低限のことになるのでしょう?

 

 

していません。という答えということは、行動力、新しい物への取り組みに消極的と受け取れるし、なぜしないのか?の答えによっては、なるほど、、、というものあるかもしれない。

 

 

確かに、私の周りを見回してもエネルギッシュに活動している男性はブログまでやっている。

 

 

ブログやっている仲間でチームを組んで仕事したら、エネルギーが半端なく凄いことになりそうである。。。

 

 

 

という意味でも、人を採用するときに、人となりを判断するには、てっとり早い方法である。ことは間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どこまでいくのだろう?

2012年02月18日 | ブログ

 

わかりやすいけど、、、

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

簡単にはいかんと思うけど

2012年02月17日 | ブログ

 

ちょっとビックリした、でもこんな人生も良いよね。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去の産物 2

2012年02月16日 | 会話

16・・・「 その言葉、良く同業者にも言われるんですよ。違う意味で、、、 」

 

つづく

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 昔は、料金にこだわった時もあります。でも、今のレベルになったら日々の生活さえできれば料金はどうでも良くなりました 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 あくまでも今のレベルになったから、どうでも良いということです 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 東京に来た時、お客様が来なくてカットできない日々が続きました。その時は無料でも切りたい衝動になりましたし、、、 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 今は、自分を高める事ができれば最低限の値段で良いと思っています 」

 

お客様・・・「 そうなのね 」

 

16・・・「 去年は福岡、今年は沖縄にカット講習で呼ばれて行くんですけど、はっきり言って講習費もソコソコで良いんです 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 講習に行き、教えることでスキルアップできますし、色々と土地柄も感じて自分のスキルアップになります 」

 

お客様・・・「 旅費がでて勉強できる環境って羨ましいわ 」

 

16・・・「 そうなんですよ。でも、同じ立場の人達の事もあるので足並みは揃えないと迷惑がかかることに気づきました 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 ・・・ 」

 

お客様・・・「 私は得した気分よ 」

 

16・・・「 わかりませんよ 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 いま私は、売れていない頃のゴッホと同じだと自分勝手に思っています 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 ゴッホが生きている時に、自分の絵に1億円の価値があるから1億円で絵を売るって言ってましたか? 」

 

お客様・・・「 生きてる時は売れてないわよね? 」

 

16・・・「 生き様のかかった商品の値段は市場がつける。ものと最近思ってきました 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 Parisのフィリップはゴッホでも良いんだ。と言いました 」

 

お客様・・・「 生きているうちに認められなくても? 」

 

16・・・「 自分のアイデンティティーを無くしては生きる意味がないと、、、 」

 

お客様・・・「 凄いわね 」

 

16・・・「 最後まで報われない人生になったとしても仕方ないと言い切りました 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 今月27日にリアルクローズに来てトレーニングするんですよ 」

 

お客様・・・「 フィリップさん? 」

 

16・・・「 はい。でも、僕はゴッホじゃ嫌です 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 自分のアイデンティティーを持ったまま成功したい 」

 

お客様・・・「 当然よね 」

 

16・・・「 その時は、カット料金を予約の反響と連動してどんどんアップさせて頂きますね 」

 

お客様・・・「 それ複雑ね。応援したくなくなるわ 」

 

16・・・「 法律と同じで、値上げは未来に有効で過去には無効ですから安心してください 」

 

お客様・・・「 どういう意味? 」

 

16・・・「 過去のお客様の値段は据え置きということです 」

 

お客様・・・「 そうなの? 」

 

16・・・「 認知されない頃からのお客様は大事にします。値段を上げるのは新規のお客様と1年以上来店の無かったお客様と決めています 」

 

お客様・・・「 決めているのね 」

 

16・・・「 モチベーションアップの為です 」

 

お客様・・・「 悔しさは大事よね 」

 

16・・・「 大事ですね 」

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去の産物

2012年02月15日 | 会話

 

お客様・・・「 今まで通っていた美容室とカットの料金は変わらないのに本当に違うのね 」

 

16・・・「 そうですか? 」

 

お客様・・・「 カット料金がもう少し高くても私は大丈夫よ 」

 

16・・・「 ありがとうございます 」

 

お客様・・・「 本当のこと言うとね、前のサロンの方が高かったのよ 」

 

16・・・「 そうですか 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 ・・・ 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 僕の考えは、今になっては料金なんてどうでも良い感じになってきています 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 美容室のカット料金の相場は、地域のホットコーヒー10杯分なんですね 」

 

お客様・・・「 そうなの? 」

 

16・・・「 はい。お客様の自宅は表参道ですから600円~1000円くらいですか? 」

 

お客様・・・「 大体そのくらいね 」

 

16・・・「 それだとカットの相場は6000円~10000円ですね? 」

 

お客様・・・「 そうなのね 」

 

16・・・「 日本の相場は、そうなんですけどね、、、 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 本来、カット料金はもっと高くないといけないんですよ 」

 

お客様・・・「 なぜ? 」

 

16・・・「 一番高等な技術を有するからです 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 美容師が、シャンプー、カラー、パーマと習得していって最後にカットの勉強することはご存知ですか? 」

 

お客様・・・「 知っているわ 」

 

16・・・「 パーマ、カラーは2人で作業してもらったことありますか? 」

 

お客様・・・「 有るわ 」

 

16・・・「 カットを2人で作業してもらったことってありますか? 」

 

お客様・・・「 考えられないわね 」

 

16・・・「 ですよね。美容師が一番習得するのが大変なのがカットだということはおわかりですよね? 」

 

お客様・・・「 わかるわ。カットが一番大事だもの 」

 

16・・・「 そのカット料金が、白髪染めよりも安いんです 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 白髪染めは家でも出来ないことは無いですよね? 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 カットは無理ですよね? 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 でも、昔の美容室はパーマ屋さんと言われるほどカットを重視しなかった。その報いが今なんです 」 

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 先輩方の作った尻拭いをしないといけません 」 

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 ・・・ 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 Parisは違いますよ 」

 

お客様・・・「 どうなの? 」

 

16・・・「 高度なサロンでは、スタイリストによって値段が違いますが、白髪染めよりも安い事はないですね 」

 

お客様・・・「 ・・・ 」

 

16・・・「 ・・・ 」

 

お客様・・・「 貴方はカットレベルが高いと思うんだけど、なぜ高くしないの? 」

 

16・・・「 その言葉、良く同業者にも言われるんですよ。違う意味で、、、 」

 

つづく

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本気の気持ち

2012年02月12日 | 経営

 



今月から始めたリアルクローズの取り組みです

 



まず、全員に手帳を配りました。

 






Img_7971

 


 




一日の終わりに、朝からのお客様のヘアースタイルについて全員で批評します。(遠慮せずに意見を言わないといけません)

 


 




まずは、一人づつ担当者がヘアースタイルについての説明と完成度を話します。その時、少しでも気になる所(パーマのかかり具合、カラーの染まり具合、カットの仕上がり具合)などがあれば手帳に名前と電話番号を書き込みます

 



 


気になる所がなくても、スタッフの誰かから気になる所を指摘されたら手帳に名前と電話番号を記入しなければなりません。(オーナも例外ではありません)

 


Img_2399

 


 




3日後、そのお客様に電話してヘアースタイルの具合を担当者が聞くように義務化します。

 


 



その時、少しでも気になる所があればやり直しの予約をその場で決めます。

 


 



気になる所がなくても、気になれば遠慮なく連絡くださるようにお伝えします

 


 


世の中の美容師が、技術に力を入れている。と広告等で謳っています。

 


 


リアルクローズも同じように技術を謳っています。電話することで本気度がわかると思います。

 


 


連絡が終了したら電話番号を塗消してokと記入します

 


 


日本全国の技術を謳っている美容室で、何件がこの様に最後までできるでしょうか?

 


 


あなたのサロンも技術を謳うなら、あなた自身が技術力を謳うなら同じことしてください。

 


 



それが技術で勝負しているということなのではないでしょうか?

 


 


ちなみに今の所、オーナが2人のお客様に電話することが決まり、1人に電話して気に入っているとの返事を頂きました。

 


 


 




 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わかりやすく教えて、、、

2012年02月11日 | ブログ

 

これがテレビCMされると分かりやすいし欲しくなりません?

 

ドライヤー篇 ↓

 

 

 

空気清浄機篇↓

 

 

 

プラズマクラスターによる静電気実験↓

 

 

 

 

日本のメーカーはデザイン力では世界で負けてるんだから、技術力で勝負!と思うんですよ。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めての沖縄 3

2012年02月10日 | 

 

 

次回につづく

 

 

大峰山のように女人禁制は聞いたことがありますが、男子禁制は聞いたことがありません、琉球最高神女が女性ですし卑弥呼も女性

 

危険な修験の山は、女人禁制

 

神の宿る神聖な場所は、男子禁制

 

なのでしょうか?

 

Img_153469

 

ここは、琉球王国のグスク及び関連遺跡群(世界遺産)にもなっているとの情報です

 

岩に樹木の根が何メートルも伸びて地面に到達しています

 

何か、パワースポット的な良い気を感じます?(ホントかよ)

 

 

Img_169173 Img_177124

 

この大きな岩達は触ってもカチコチです。でも、小さな穴が空いていて一見軽石的にも見える

 

案内の人に・・・ 「 何岩なんですか? 」 って聞いたら

 

案内人・・・「 鍾乳石 」

 

鍾乳石って鐘乳洞にできるものですよね?

 

何で山になっているの?

 

 

Img_18797_2  Img_197275

 

確かに、鍾乳洞にある氷柱が沢山あります

 

この下の写真を見るとわかるように、多いな2つの鍾乳石からしたり落ちる水を

 

2つの壺で受け止めてます。

 

そして、この水は聖水ですから触らないでください。と書いてある

 

Img_206100

 

 

次なる場所は大人の勉強として、平和記念館は行っとかないといけんですよね

 

ここの話は重いので、、、

 

とにかく、沖縄に雨のように爆弾が降った。住民は鍾乳洞や墓に避難した

 

日本兵は白旗を上げることを許されず、時間稼ぎのためにも一日でも長く戦え。と言われ

 

基地が爆撃で無くなった日本兵は住民が避難している鍾乳洞や墓に立てこもり、、、

 

 

Img_248134_4

 

日本兵が職務を全うするなら、住民の居るところには避難しないだろうけど、

 

日本兵も元々は一般人、、、乃木将軍のような軍人ではないのだから死ぬのは怖いだろうし、、、

 

しかし、何とも、、、

 

Img_217186

 

戦争は絶対に避けなければならない。でも正直、米英との開戦は避けたかったんだし、、、

 

時代の大きな負の力に流される。

 

今の日本も、原発、TPP、異常な円高、年金、健康保険、天下り、無駄な財団法人など負の力に大きく引かれている様に感じるし、世界の先進国も負のエネルギーに引っ張られているように感じる

 

その力を止めるには、国民一人一人が自主自立し、個々の職責に命をかけて全うする以外無いと思う。とか考えたりして、、、

 

Img_220307

 

そして私の初めての沖縄体験が終了。

 

沖縄は初めてだったこともあり、また1つ、新たな空気と音と風などを感じ自分の中に 得 た気がする

 

しかし東京に帰り、

 

夜の12時過ぎなのに井の頭線の渋谷駅ホーム、、、これにバケージ持って乗るのか?と思うと、

 

一番テンションが下がるのです。

 

 

Img_z3608

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めての沖縄 2

2012年02月09日 | 

 

オリックスレンタカー美栄橋駅前店で予約している車を借りに行きます

 

10時~18時まで、何と2500円(軽だけどナビ付)

 

 

まず、最初に行くところはパン屋。

 

宗像堂 というパン屋さんに向かいます

 

わかりずらい場所に有るので、事前に調べておかないと、、、

 

Img_18464 ←ココ入る

 

 

なかなか、雰囲気があり趣きのあるパン屋さん、、、11時の開店と同時に入り、中の様子を伺うと

 

イメージしていたより良い感じ(ゴメンナサイ)

 

Img_23345 Img_3816

 

お支払いをしていると、「 遠方からのお客様ですので一個サービスします」 と言われ感激

 

 

 

Img_41003

 

ホクホクの焼きたてパンを食すのは、直接買いに来た時の特権

 

無花果とバナナのパンを戴きます

 

この感じだと、ベーグルが最高かも?

 

Img_59681

 

次に、もう一つのパン屋 水円 にも行きたかったけど、火曜日は定休日 

 

残念、無念、、、(5月に行くから長谷川君か誰か?お金払うから買っといてくれへんかなぁ~)

 

 

とりあえず重要なミッションは終了したので、次なる目的

 

普天間騒音問題の騒音を聞きに行きますが、何処で聞けばいいのか?わからず

 

58号線を進んでいると、 

 

Img_63456

 

普天間基地を通り過ぎ、

 

嘉手納基地に、、、この道は、長谷川君が両方を基地に挟まれているので、戦闘機が頭の上を飛んでくる。って聞いた道

 

なんだけど、路駐している車はいないしできる感じもしない。。。

 

Img_76677

 

そのまま走り続け、左側の基地を抜けてしまったので慌てて、邪魔にならないような場所を探して路駐、、、

 

騒音を聞くために、3、40分待ったけど、、、このミッションはあきらめた。

 

那覇に引き返し、沖縄県最高の聖地と言われる、斎場御嶽 を目指します(シュガーキューブに教えてもらった)

 

Img_80887 (ここには止めてませんよ)

 

途中、道を間違えてUターンしようと思って走っていたら、沖縄そば屋があったので思わず駐車場に入り、

 

ついでに昼ご飯をココで済ますことに、、、

 

Img_91628

 

中は意外と広く、座敷の方はお客さんが多い

 

もしかして、ココって当たり?

 

Img_105225

 

ソーキそば普通、大盛り、特盛ってあったけど

 

大盛り注文

 

生まれて初めて食べた沖縄ソーキそば

 

いやはや、これは美味しい。次回も絶対食べたい

 

お店の名前は、王家 でした。後で調べたら、結構有名みたい?なんかな?

 

Img_117631

 

斎場御嶽に行く途中に見える海

 

やっぱ綺麗やねぇ~

 

Img_138284

 

斎場御嶽は、琉球時代最高の生地であり男子禁制だった場所

 

次回につづく

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加