ある美容師の戯言

今回は、美容師という職業で悟り?を学ぶ男のブログ

久生十蘭ビブリオマーヌ

2017年02月12日 | 短歌、俳句、本
河出文庫  久生十蘭







「嘉兵衛、死ぬ、というのは、どういうことなのかね」嘉兵衛は、ウム、といってリゴールズの顔を見てから、恬淡な口調で答えた。


「これは、むずかしい問いだな・・・・・尾籠なことを言うようだが、リゴルさん、お前さん、毎日、便所に行きなさるだろう」


「行きます」


「死ぬなんてことは、まー、そんなものかな」


解決のあまり無造作なのに唖然としながらも、この世に死よりも重く且つ高いさまざまなものがあることに思いを馳せ、いくらかわかったような気がした。




以上のような武士とロシア軍人とのやりとり、、、。





2作目は、女性4人の恋愛、、、。





3作目は、ルイ17世の悲劇、、、。






4作目などなど、十蘭の作風は多岐にわたる。また現代小説のように読めるところも凄い。十蘭もっと評価されるべきと思う。









.





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年tokyo講習初日 | トップ | 今年初の博多 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。