『クローバー』 四街道シニアアンサンブル(YSE)

器楽アンサンブルを楽しむシニア四街道市民(周辺市民も含めて)の集まりです(全日本シニアアンサンブル連盟・千葉県連盟)

下志津病院慰問演奏

2016年10月13日 20時56分45秒 | 日記

10月13日、午後2時から下志津病院第10病棟の皆さんに演奏を聴いていただきました。
6月に続いて2回目の訪問です。 ホールには、スタッフの皆さんによって看板やオブジェがきれいに飾り付けされて、「秋の芸術鑑賞会」という立派な会場になっていました。

開始時間が近づき、病棟から患者さんと家族の方々が続々と詰めかけてホールは一杯となり、いよいよ演奏開始です。ところが急に指揮者の都合が悪くなり、S代表が振ることになったため、やや不安の中、スタートしました。
青い山脈、小さい秋みつけた、里の秋、もみじ、四季の歌、夜のタンゴテネシーワルツ※、小雨降る径※(※:歌入り)、いい日旅立ち、瀬戸の花嫁、宇宙戦艦ヤマト、[青い山脈、里の秋、もみじ](会場の合唱)、ラデッキー行進曲
S代表による曲紹介を交えながら、イントロでつまづく場面もありましたが、時々演奏中にお客さんから大きな声があがったりしながら(特に馴染みの曲やノリの良い曲)、1曲ごとに拍手をいただき、また合唱では楽しそうに歌い、最後のラデッキー行進曲では手拍子を入れていただいて、プログラムをすべて終了しました。 と、ここでアンコールの声。用意してなかったため、リクエストに応えてラデッキー行進曲の前半を演奏して、大きな拍手をいただいて終了。
さらに花束を贈られ、お客さんの代表者から暖かい感想(素晴らしい音色、懐かしい歌(パティ・ペイジのテネシーワルツなど)に感動、またお願いしたい)をいただき、個人的には力いっぱい演奏した後の気持ちの良い満足感のうちに会場を後にしました。

  

次の練習は、10月17日(月)。  (T.petter)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 団員急募 | トップ | 10月17日練習日記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。