Domのデジカメ見聞録

写真を中心にしたフォトログをつくります
“Domとは、スイス国内最高峰(4545m)の山名です”

てつたび(1日目)

2017-06-30 20:00:02 | 国内旅行

6月26日、いよいよ”てつたび”出発日になりました。
関東地方は週末まで雨模様の予報でしたが、東北方面は好天が続くとの予報でしたので、
一度はリックに入れた雨傘を邪魔なので持ち歩かないことにしました。
歩いて最寄駅に着いた途端、雨が降り出して新幹線の大宮駅を過ぎる辺りまで、降り続いていました。
その後は、3日目に帰宅するまで降られることもなく、晴れ男の面目躍如でした。

盛岡駅から山田線で宮古駅に向かうため、下車の準備をし始めたところ、電光掲示板に山田線不通のテロップが出て慌てふためきました。
通りがかった車掌に聞いたところ、当分の間開通の見込みは無いとのことでした。2015年12月の大雨による土砂流入で不通になって以来、復旧作業は全く行われていないそうです。このまま廃線の運命を辿るかも!?
振替バスが出ているとのことでしたが、時間も分からないので、2日目のコースを逆回りすることを決断して、そのまま八戸駅まで乗車しました。
結果的には、振替バスで行くよりも早く目的地の三陸鉄道・田野畑駅に到着出来て、Nice Recoveryでした。

 
上野駅 8:46発 はやぶさ7号に乗車。11:27 八戸駅到着。



うみねこレール八戸市内線で、鮫駅12:00着。八戸線 に乗り換えて久慈駅14;05着

八戸線車窓からの風景。この付近では東日本大震災の被害はそれ程でも無かったように見えます。


久慈駅14:12発の三陸鉄道北リアス線で、宿泊ホテルのある田野畑駅に向かう。


宮古に近付くに従い復旧作業現場が多く見られました。


予約した田野畑村第3セクター経営のホテル羅賀荘は、海岸に面した10階建です。
2011年3月11日の東日本大震災による津波で3階まで冠水し、2012年11月に復旧再開されました。

日の出写真を撮るので高層階を希望したら、最上階の10階中央部の部屋にしてくれました。


夕食メニュー 

海産物の宝庫だけあって食べ切れない程の御馳走に大満足した家内は、来年は絶対2泊するぞと鼻を鳴らしておりました。


生雲丹と鮑の刺身は、オプションで追加しました。

 

 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« てつたび(計画表) | トップ | てつたび(2日目①) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国内旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL