Domのデジカメ見聞録

写真を中心にしたフォトログをつくります
“Domとは、スイス国内最高峰(4545m)の山名です”

'16山岳部OB会(1)

2016-10-16 17:23:32 | 登山・ハイキング

今年のOB会も、「新ハイキング」編集長T氏の立案&ガイドによる裏磐梯旅行でした。
コースは、旅行会社ツアーでは行くことの無いローカル色豊かな場所巡りで、大満足の旅となりました。
今回は山男・山女の1年間の行いが良かったのか、2日間とも快晴に恵まれました。

【第1日目】 10月14日(金)
新宿→アサヒビール福島工場(見学・昼食)→高柴デコ屋敷→五色沼→裏磐梯ライジングサンホテル(泊)

【第2日目】 10月15日(土)
ホテル→飯盛山・鶴ヶ城→割烹・田季野(昼食)→会津藩校・日新館→強清水(饅頭天ぷら)→新宿


最初の目的地:アサヒビール福島工場(本宮市)

ビール試飲が待ち遠しくて、ガイド嬢の説明も上の空


やっと試飲タイム 3種類のビールをグラス1杯づつしか飲めません


  
左からスーパードライ、スーパーブラック、ドライプレミアム おつまみ1袋付き
(サムネイル画像をクリックすると、拡大表示します。)

続いて、工場内にある「アサヒビール」でバーベキューの昼食


食べ放題(60分) 牛肉・豚肉・野菜・などで一人1,500円(税別)は安い!
ビール試飲で腹が一杯になり、お代わりする者は一人も無しでした。

次は、郡山市にある高柴デコ屋敷を訪れました。

 

   
屋敷の主人が、張り子の面を使った郡山市指定重要無形民俗文化財の「ひょっとこ踊り」を披露してくれました。
(サムネイル画像をクリックすると、拡大表示します。)

最初の計画では、国定重要文化財「天鏡閣」の予定でしたが、デコ屋敷で時間オーバーしたので、割愛してホテル近くの五色沼に寄りました。


磐梯山をバックに記念撮影 参加者は男性12名、女性5名でした。


期待していた紅葉は、まだまだでした。


磐梯山にかかる十三夜の月(1日遅れでしたが)

ホテルは、裏磐梯の桧原湖と小野川湖の間にある乙女沼畔にあります。
支配人と知己の仲間の紹介でしたので、最低宿泊料金でワンランクアップのディナーにして貰えました。
夕食後は部屋に集まり、昔話に花を咲かせました。
山岳雑誌「山と渓谷」の会報コンテストで3位に入賞し、賞品にトランシーバーセットを貰った話しとか、
私の記憶にない事など次々と出て来て、他の連中の記憶力の良さには脱帽でした。
忘れてしまっているのは、認知症になり罹ってしまったのかと、少々不安になって来ました!?

 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スーパー乱立 | トップ | '16山岳部OB会(2) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (畑 久男)
2016-10-17 11:34:22
OB会は33回目で、最近入会の私は3回目でした。元猛者の皆さんが優しく接してくださり、道中とても楽しめることが出来ました。
昔話で皆さんが記憶に残っているDomさんの行動について、面白おかしくその根底にDomさんの一途な思いが感じる事が出来ました。私はその場の雰囲気の楽しさに酔ってしまいました。OB会が続けられてきたことがわかりました。また奥様方の何気ない振る舞いが上品で魅了されました。
想定外の事は山靴ニュースの編集係に指名されたことでした。色々とお世話になり有難うございました。
Unknown (Dom)
2016-10-17 13:45:44
畑さん
コメント有難うございました。
今回の参加メンバーの中で、最年長になってしまい戸惑っています。
いつまで皆さんに付いて行けるか判りませんが、出来る限り参加しますので、よろしく!

それにしても、平均年齢75歳を超えているのに、皆さんの食欲と呑み助振りには驚嘆します。
この分では、OB会もあと20年は続きますね!

あなたが編集係になり、これからの会報が楽しみです。よろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL