Domのデジカメ見聞録

写真を中心にしたフォトログをつくります
“Domとは、スイス国内最高峰(4545m)の山名です”

フットパスウォーキング

2017-03-28 16:17:22 | 街歩き

先週土曜日(3/25)、市環境政策課主催の「手賀沼周辺フットパスウォーキング」に参加しました。
募集定員20名のところ2倍以上の応募があったそうですが、運良く当選しました。
宝クジは全く当らないクジ運の悪い私ですが、このような行事には割り合い当ります。

コースの神社仏閣では、博識のガイドさんによる詳しい解説がありました。
しかし、右から左へ記憶が抜けていて憶えていませんので、由緒ある歴史を記事に出来なくてご免なさい!


柏市フットパスマップ : 距離6.7km 前半は丘陵地帯を巡り、手賀沼には終盤にやっと到達しました。


医王寺:浄土宗の古刹寺院 開創は寛正2年(1461年) 入母屋造りの瓦屋根が重厚


フットパスを往く


染谷邸長屋門

柏市景観重要建造物第1号に認定されました。長屋門は市内に数軒しか残っていないそうです。


香取神社  大町桂月(明治・大正時代の歌人)が激賞した本殿の彫刻

 

 
路傍の石仏


部落の青年館で、主催者が用意してくれた弁当(500円)を食べました。値段の割には豪華でした。


昼食後、将門神社を見学
 
何故か、鳥居からの参道は建物の下を潜るようになっています。 将門伝説の「放れ駒」の彫刻


やっと手賀沼に到達。解放感のある風景を眺めながらウォーキング



14時30分 出発点の「道の駅しょうなん」に帰着


おやつが出迎え。 至れり尽くせりの企画でした。

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年の発表会

2017-03-23 17:13:06 | 展覧会・コンサート

昨日、気功クラブの部活動サークルお楽しみ発表会が行われました。
昨年の発表会でオネエさん方の芸達者振りに感心させられたのですが、
今年は1年間の研鑽を積んで、更に上達した芸を披露してくれました。


参加者30数名全員に配られたお土産


まずは全員参加のチャンチキおけさ踊り

 
ダンス部 “サンバ デ ジャネイロ”

 
南京玉すだれ部

 
ダンス部 “花笠音頭”

 
日本舞踊     “淡海節”                             “奴さん”

 
ダンス部 “メキシカンロック”
動画

 
ゲストによる 歌唱”風雪ながれ旅”                     演舞“黒田節”

以上の他、詩吟やコーラスなどの発表がありました。
そしてフィナーレは、“故郷”を全員で合唱して締めくくりました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

菜の花畑の案山子

2017-03-20 13:48:56 | 草花

年に数回、ブログのネタにさせて頂いている「増尾の里山」の菜の花が満開とのご近所さんのブログ情報があったので、出掛けて見ました。
確かに菜の花は満開でしたが、畑で作業していた世話人のご婦人によると、畑の土が良くないので背が高くならないとのことでした。
それでも、冬を乗り越えた案山子さん達の表情は、春の陽を受けて明るく感じられました。

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

彼岸の入り

2017-03-17 17:20:13 | Weblog

彼岸の入りの今日(3月17日)、高尾にある霊園に墓参りに行きました。
娘と孫も来てくれて、久し振りの賑やかな墓参になりました。


50年前、義母が亡くなってすぐに購入した時は、この辺一帯の規模でしたが、今やこの10倍以上の大霊園に発展しています。


梅も盛りを過ぎています

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

網張スキー(4) 新幹線のドッキング

2017-03-11 17:00:10 | スキー

3日目(3/6)の午前中は、網張温泉スキー場で濃霧の中のスキーで難渋しました。
ランチ,入浴,宅急便発送を手早く済ませ、15時15分発の路線バスで盛岡駅に向いました。
盛岡駅ホームでは、乗車する“はやぶさ26号”と“こまち26号”がドッキングする様子を撮影できました。


先着した“はやぶさ26号”が口を開けて待っています。


そこに、“こまち26号”が大口を開いて入線して来ました。


両車最接近


ガッチリ結合しました


16時48分出発準備完了


16時50分出発“こまち26号”12号車の車内

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

網張スキー(3) 夕食会

2017-03-10 16:45:23 | スキー

網張温泉スキーの魅力は、ゲレンデ・温泉・食事と三拍子揃っていることです。
1日目の夕食はバイキング形式でしたが、2日目は個室で懇親会を兼ねた会席料理でした。

ご一緒した野いちごさんのブログ記事「また行きたくなるスキー場です」に全食事が詳しく紹介されていますので、ご覧ください。


まずはビールで乾杯


持ち込んだ銘酒の一部。 酒豪揃いなので、全部空になりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

網張スキー(2) 岩手高原スノーパーク

2017-03-09 15:51:37 | スキー

快晴の2日目(3/5)は、網張温泉からバスで約10分の近場にある岩手高原スノーパークに遠征しました。
このスキー場の魅力は、2,000mのゴンドラリフトで登るゲレンデトップから、最長2,600mのロングランを楽しめることです。
全5本のロングランコースを制覇して、15時半のバスで網張温泉に戻りました。


センタープラザ


全長1,952mのゴンドラリフトとゲレンデ風景

ゲレンデマップ

①カルガリー第1ゲレンデ990m ②カルガリー第2ゲレンデ1,628m ③スコーバレー第1ゲレンデ792m
④スコーバレー第2ゲレンデ1,667m ⑤シャモニー第1ゲレンデ1,297m ⑥シャモニー第2ゲレンデ914m
⑦シャモニー第3ゲレンデ1,034m ⑧グルノーブル第1ゲレンデ559m ⑨グルノーブル第2ゲレンデ1,339m
上級コースは非圧雪の③と⑧で、最大斜度は⑧の34°です。


ゴンドラ山頂駅で記念撮影


まずはカルガリー第1ゲレンデを快適にぶっ飛ばす


雫石スキー場の「'93世界アルペンダウンヒル」コースを遠望


非圧雪のスコーバレー第1ゲレンデに挑戦


午後から、シャモニーとグルノーブルゲレンデを滑る


最難関のグルノーブル第1ゲレンデ


グルノーブル第1ゲレンデを軽快に滑降する我がNリーダー(動画)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

網張スキー(1) 網張温泉スキー場

2017-03-08 20:36:42 | スキー

3月4~6日、スキークラブ行事の「スキー三昧・温泉三昧 網張温泉・岩手高原」に参加しました。
この企画は、2012~2014年の3回実施されましたが、私は最初の2回と今回で3回目となります。

3月4日、盛岡駅10:45発の路線バスに乗車し、12時ちょっと前に国民休暇村網張温泉に入宿しました。
昼食後、13時30分から網張温泉スキー場ゲレンデで滑走開始です。
最初は小雪まじりの曇天でしたが、15時を過ぎた頃から青空も見え始め、ゲレンデトップから最長3Kmの
ロングコースを思う存分堪能しました。

同行したブロ友でもある “野いちごさんの報告” もご覧になってください。


2日目(3/5)朝、休暇村から日本百名山・岩手山方面の眺望↑ ↓八幡平の眺望 
この日は岩手高原に遠征したので、網張温泉スキー場での滑走は残念ながら無しでした。


3日目(3/6)午前中は、朝から湿雪と視界が殆どないような霧の中を懸命にトレースしました。

15時15分発のバスで、休暇村に別れを告げました。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

’17雪祭り(3日目)

2017-03-01 14:20:40 | スキー

前夜は雪祭り恒例の懇親会で、大いに盛り上がりました。
2月26日に88歳の誕生日を迎えるY女史の米寿祝いのイヴェントがありました。
幹事さん達が、事前に趣向を凝らして準備したハプニングにYさんも大感激でした。
この様子は、ブロ友でもあるNさんのブログ「野いちごひとりごと」にアップされていますので、ご覧ください。

最終日(2/26)は、午前中だけのスキーでしたが、青空の下、思い残すことのないよう滑り捲りました。


“準備体操は入念に!” わがクラブのモットーです。


朝一の最上部ゲレンデ 小蓮華山(左)と白馬乗鞍岳(右)は綺麗に見えましたが、白馬三山は残念ながら雲の中でした。


最上部ゲレンデからのトレイン滑走

トレイン滑走(動画)


前日までクローズになっていた栂池スキー場最難関上級者コース「馬の背コース」がオープン
飛ばし屋女子三人組(三婆?おっと失礼!)に煽られて、飛び込みましたが、コブの急斜面に往生しました。

最初は楽チン

段々とコースは狭く、斜度が急に!

コブも深くなってきました


滑り終って、見上げる「馬の背コース」

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

’17雪祭り(2日目)

2017-02-28 17:20:10 | スキー

2日目の午前中は小雪が舞う天気でしたが、正午過ぎから青空が広がり白馬三山も姿を現してくれました。
広大な栂池高原スキー場のほぼ全コースを、一日かけてトレースしました。


中央に見える有名な白馬大雪渓を挟んで、右が白馬岳そして左が杓子岳です。(ゲレンデ最上部より)


長大な八方尾根スキー場の奥に見えるのは、五竜岳とその左に鹿島槍ヶ岳


スキー場最上部の「栂の森ゲレンデ」


スキー場下部の「鐘の鳴る丘ゲレンデ」にある“とんがり帽子の塔”

鐘を鳴らすのにコツがあるらしく、A女史が幾らやっても鳴りませんでしたが、
子供達は簡単に鳴らしていました。


ゲレンデ内でのホットワイン 雪祭りの恒例行事です。呑み過ぎて酔払いスキーはダメよ!


ホテルからの夕暮れ風景 : 岩岳スキー場の奥に見える鹿島槍ヶ岳の双耳峰(左)と五竜岳(中央)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

’17雪祭り(1日目)

2017-02-27 15:16:34 | スキー

スキークラブの定例行事「雪祭り」が、栂池高原スキー場に於いて2月24日から2泊3日で行われました。
今回の参加者は47名(女性21名、男性26名)と、ほぼ例年通りの人数で盛大なお祭りになりました。

1日目は、JR長野駅に10時集合し、貸切りバスで栂池のホテルに直行しました。
昼食後、13:30にゲレンデ集合し、滑走開始です。


まずは入念にウォーミングアップ


集合写真

 
リフト乗り場に向うカナリヤ軍団 (動画)


スキー場最上部の栂の森ゲレンデからの滑走


青空が広がって来ましたが、白馬三山はまだ雲の中


金曜日なので、ゲレンデはわがクラブの独占状態

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

古い郵便はがき

2017-02-22 17:16:38 | Weblog

義姉の遺品を整理していた家内が、5円の古い郵便はがき5枚を見付けました。
「はがき料金の歴史」のサイトで調べたところ、昭和26~41年が5円の時代でした。
紙質は茶色、サイズも現在のはがきより一回り小さく、戦後の物不足を反映しているようです。
現在の料金52円の不足分47円分の切手を貼れば、まだ立派に通用すると思いますが、
貴重な記念品として保存して置くことにしました。

「はがき料金の歴史:はがき達人」より抜粋  

平成26年より消費税増税のため52円に値上げされました。そして、本年6月には62円に上がるそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅は咲いたか 桜はまだかいな

2017-02-16 16:33:43 | 草花

「梅は咲いたか 桜はまだかいな」と、「脳トレ歩こう教室」自主活動の一環として、近くの観音寺までウォーキングしました。
お寺の梅はまだ三分咲き程度で、ちょっと早過ぎでした。勿論、サクラはまだまだです!


蝋梅だけは満開でした

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

インフルエンザ

2017-02-11 16:29:11 | Weblog

不覚にもA型インフルエンザに罹患して1週間、何とか完治しました。
その間、サークルの例会を3回欠席、明日(12日)からの猪苗代スキーのキャンセルなど方々に迷惑を掛けてしまいました。
健康の有難さをしみじみ痛感した一週間でした。

先週土曜日(4日)の朝、熱が高かったので、近くの医院に駆け付けて窓口で風邪みたいと告げたところ、
受診待ちが20人位居たのに、イの一番に診てくれました。
多分、インフルエンザと推測され、他の患者さんへの感染を恐れた対応だったようです。

鼻水を検査して5分後には、A型インフルエンザと宣告され、薬を処方されました。
インフル薬には、タミフルとイナビルの2種があり、私はタミフルを処方されました。
早速服用したところ、夕食後に下表の副作用例でチェックした症状が出たようで家内が慌てふためいたそうです。
幸いにも直ぐに意識が戻り、翌日以降には平熱になりました。

家内は2日後に私から感染し、医院に行きタミフルで主人が副作用があったので、他の薬にして欲しいと先生に
云ったところ、「おかしいな、子供にしか副作用が無い筈なのに!」と笑われたそうです。

「子供並みの若さだ!」と悦ぶべきか、「まだ未成熟の子供か!」と哀しむべきか、それが問題だ!!(ハムレット調)


中外製薬(株)のお知らせより

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3年目の戸隠スキー(3日目)

2017-02-05 17:48:39 | スキー

「帰る日はいつも晴れ!」との常套句通り、朝から快晴になりました。


朝イチで、ゲレンデ最上部“めのう山”に直行し記念撮影


後立山連峰(左から鹿島槍ヶ岳,五竜岳,唐松岳,白馬三山)も姿を現してくれました。


約10cmの新雪斜面に、快哉を叫んで飛び込む我がパーティ


12時45分、名残り惜しみつつゲレンデを去る


高妻山よ、戸隠連峰よ、来年また来るからね!


お別れランチは、ホテルで戸隠そば


15時10分、団体貸切りバスで長野駅に直行

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加