五十の手習い足払い

五十歳を過ぎて始めたブログも13年目に突入。
山梨に住む新しモノ好きのオヤジが自分の趣味や日々の暮らしをつづります。

仕事納め

2016年12月28日 | 日々のつれづれに
今日は職場の最終日。

夕方4時から全員で掃除をして、4時半からは「納め式」をしました。
このあたり、一般企業ではめったに行わないことなので、少し新鮮でした。

元は官公庁の「御用納め」からきているのでしょうか。
「御用」ではいかにも「お上」みたいで何ですから、いつしか「仕事納め」と呼ぶようになったのでしょうかね。
詳しくはわかりません(と、安易に逃げておく)。

ともかく「納め式」は「相互に例」の掛け声で始まります。
そういえば、私の辞令交付の時もやりました。

あとは組織のボス(私のところでは理事長)が、全員を前にして一年間の仕事をねぎらう挨拶をするだけのものでした。
お酒を飲んだ翌朝の「酒気帯び運転」に気を付けるように、とのいかにも年末年始らしい注意があったことを付け加えておきましょう。

「お世話になりました」
「良いお年を」

部長や課長とあいさつを交わして、定時で退社。
外に出ると、先日まで真っ暗だった空が少し明るい気がしました。
冬至を過ぎてまだ間もないというのに、確実に昼の時間が延びてきているようです。

年内三日、年初三日、合わせて六日間の短い冬季休業の始まりです。

予定はぎっしり。
あまりゆっくりとはしていられそうもありません。
『山梨県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戒名と年賀状 | トップ | 年末のお買い物 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々のつれづれに」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。