五十の手習い足払い

五十歳を過ぎて始めたブログも12年目に突入。
山梨に住む新しモノ好きのオヤジが自分の趣味や日々の暮らしをつづります。

霜に備えて

2016年10月15日 | 日々のつれづれに
春から夏へは、梅雨をはさんでゆっくりと変わって行くイメージがありますが、夏から秋へはあっという間になってしまう感じがします。

で、そろそろ朝の最低気温が10度を下回り始めると、初霜に備えなければいけなくなる時期。
夏の間、庭に出しておいた観葉植物の鉢を屋内に移動させる必要があります。

写真は君子蘭。
毎年、この時期には私の仕事部屋の窓辺に置きます。
そうすると、翌年の春の彼岸の頃から4月にかけて、きれいな花が咲くのです。

 → 君子蘭[2015年4月]


今日は一緒に折鶴蘭とアロエの鉢も家の中に移しました。
こちらは君子蘭より寒さに強いのか、単なる家内のエコヒイキなのかわかりませんが、玄関内に置かれています。

東京(阿佐ヶ谷のあたり)ではアロエが路地に植えられているのに出くわすことがあります。
それがまた大きく育っていて、山梨との平均気温の差を感じる光景ではありますね。
『山梨県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お買い物の一日 | トップ | 縄の話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。