五十の手習い足払い

五十歳を過ぎて始めたブログも13年目に突入。
山梨に住む新しモノ好きのオヤジが自分の趣味や日々の暮らしをつづります。

甘々娘のベビーコーン

2017年05月16日 | 日々のつれづれに
市川三郷町大塚地区の名産甘々娘(かんかんむすめ)。
そのベビーコーンの出荷が始まりました。

甘々娘というトウモロコシは、一本の茎から一本の実しか作らないので、他の実は早めに摘んでベビーコーンとして出荷するのです。
完熟した甘々娘も美味しいですが、このベビーコーンも侮れません。

さっとゆでてマヨネーズを付けてそのまま食べる、というシンプルな食べ方が一番ですが、他にもサラダにしたり最近は天ぷらにして食べるという方法もあるようです。

一つの袋に大小合わせて13,4本(たまにはそれ以上)、お値段は200円でした。

近くのJAの直売所などで売っていますが、何せ数がそれほど多くないので早めに買うことを進めます。
中には私のようにたくさん買い占めてしまう者もいますので(笑)。

ちなみに、写真のベビーコーンは、知り合いの人に頼まれて買ってきたもので、我が家で独占するわけではありませんよ。
『山梨県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サイバー攻撃 | トップ | 5月も半ば »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。