未来に向かって。

再開しようかと思ってます。
グランパスのことを中心に、
色んなことを書いていきたいと思います!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

再開します!

2008年12月21日 01時29分12秒 | 日常・生活
このブログに帰って来ました

本当は、更新したかったんですが、IDやら忘れてて(笑

これからは更新していきたいと思います。

これからは、昔から応援していて、大学生になり応援に力を入れ始めた、名古屋グランパスのことを中心に、色んなことを書いていきたいと思います

これからよろしくお願いします!!!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

またしてもエンタ・・・

2006年11月19日 17時34分06秒 | 日常・生活
また、今回もちょっとエンタについて言いたいことがあるので・・・
昨日も、通常通りやっていました。個人的には、プラン9が大好きだったので、しかも、コントが面白かったので良かったんですが・・・
僕が不思議に思ったのは、2つあります。
まずは、アンジャッシュのコント。
僕は、基本このコンビのコントは好きなんですが、昨日はちょっと・・・
まず、アンジャッシュと関係ない2人が出てきてましたよね。あれがねぇ・・・
アンジャッシュと関係ないのに何ででてるんだと思いましたが・・・
しかも、あの2人がいないとコントが成り立ちませんでしたしね。
あのネタは、アンジャッシュが作ったのかは知りませんが、コンビ以外の人が出てくるというのは基本認められているんですかねぇ??
ちょっと不思議に思いました。
そして、もう1つは、次長課長のコント。
僕も、次長課長のコントは好きです。
しかし、昨日は、半ばアドリブでやっているみたいでグダグダですたね。
結局は、設定も関係なく、ただ1発ギャグをやるみたいな感じでした。
しかも、終盤になると、アンジャッシュ同様にまた他人が出てきて・・・
しかも、この人にまた無理矢理一発ギャグをやらせる。本当に昨日のコントにはがっくりしましたねぇ。
エンタさん、束縛しているのか自由にやらせてるのか分かりませんが、もうちょっと考えてほしいなぁと思いました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

昨日のエンタ

2006年11月12日 15時16分28秒 | 日常・生活
昨日、エンタを見たんですが、一つ気になることがあったんで・・・
それは、ハイキングウォーキングのネタ。
僕は、ちょっとこのネタを見て不快にというか、なんか嫌に思った。
ネタの名前は「ブス田キモ子」。別に名前はいいとして。
ネタの内容に問題があると思う。
それは、そのブス田キモ子がなんかキザった言葉を言い、それを否定するために、相方の店員がメニューで頭をたたくというネタです。
僕は、メニューで頭をたたくというのはちょっとやりすぎではないかと思います。
家族で見てましたが、母親なんて絶句でしたよ・・・
もっと違うつっこみの仕方とかないんですかね・・・
漫才で、頭をたたくこれは別にかまわないことだと思うんです。
でも、こういうネタでメニューで頭を思いっきりたたくんですよね。
なんか、こういうのを放送して、やっぱり、テレビですから、影響は出てくると思う。
そこで、子供たちがまねをすると困るんですよね。
これが、いじめとかに発展していくとなればね・・・
ハイキングウォーキング。実は、僕はこのコンビのほかのネタを見たことあります。これより、おもしろいネタはもっとあるはずです。
ま、これがテレビなんでしょうね。同じネタしかやらせない。
また、これを見た視聴者からはハイキングウォキングはこういうコンビまたはネタをするんだと思われてしまうんだと思いますね。

今度からは、出来るだけあのネタは避けてほしいと思いました。
コメント (3)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

壮絶!駒大苫小牧vs早稲田実業

2006年08月22日 12時56分23秒 | スポーツ(サッカー日本代表)
昨日、壮絶な戦いがありました。決勝戦再試合。駒大苫小牧vs早稲田実業。
なんといっても、両校の投手が光りました。
早実斎藤投手は、4日連続一人で投げぬき、駒大苫小牧の田中投手は3日連続で登板しました。本当にありえないですよね。
早実斎藤投手は、センバツで連投して、そこから、スタミナをつけるために、走りこんだらしいです。そのため、スタミナにはだいぶの自信があったようです。
一方、駒大苫小牧の田中投手は、冬の北海道で、厳しい練習に耐え、そこから生まれてきた、スタミナや力というのは、斎藤投手に全く劣っていませんでした。

さて、試合なんですが、僕には2つのターニングポイントがあったと思います。
1つ目は、6回裏、早稲田実業の攻撃。
2死から、四球で出塁し、バッターは8番白川。
ここで、田中投手は捕手のサインに何度も首を振りました。これを見た、白川選手は、ストレートが来ると思ったそうです。
その通り、狙っていたストレートをふりぬくと、レフトフェンス直撃のタイムリー2塁打となります。ここでの、投手と打者の駆け引きが1つのポイントになったと思います。

そして、もう1つは、9回表の駒大苫小牧の攻撃。
無死から、ヒットで出塁。バッターは、3番中沢。
斎藤投手が投げた甘いスライダーを見逃さず、バックスクリーン横にホームラン。1点差に詰め寄った場面です。
僕は、斎藤選手が逆にこれで良かったんじゃないかなと思います。
ホームランの方が、またランナーがいなくなりますし、心の整理が十分できます。
もし、ヒットでランナーが溜まっていたら、リズムが狂ったと思います。でも、ランナーがいなくなった事で、また切り替えが利いたんじゃないかと思います。=早実が3点リードしていて、良かったと言う事にもなりますね。

そして、最後は、得意のストレートで田中選手を三振に取り、試合終了。
2日間に及ぶ決勝に幕が下りました。

今回の甲子園は、ホームランが60本飛び出したり、このような劇的な決勝があったりと、話題が尽きなかった甲子園だったと思います。
僕も、高校生ながら、こんなに気持ちが入った大会は初めてでした。
本当に最後は感動しました。今度は、プロで活躍して欲しいです!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

愛知啓成 感動をありがとう!!

2006年03月31日 10時56分53秒 | スポーツ(サッカー日本代表)
昨日は応援に行きました。しかし、悔しさもなければ悲しさもありませんでした。
心の中にあったのは、感動をありがとうという事だけでした。
本当に、啓成ナインは良く頑張ってくれたと思います。結果は、2回戦敗退でしたが、結果以上の素晴らしい戦いをみしてくれたと思います。

先発は、啓成はエース水野投手。PLは桑田2世との呼び名が高い前田投手でした。
(1回)啓成は、先頭岡本に安打、送りバント後、岡崎にも安打を浴び1死1,3塁もピンチを与えるが、4,5番を抑えて、ピンチを脱します。
(2回)PL 1死から、死球を与えるも後続を断ちます。
その裏、啓成の先頭森越が2塁打。しかし、送りバントが失敗。その後2死2塁も凡退。
(3回)PL 2死から、岡崎に安打浴びるも後続をきっちり断った。
啓成も1死から、永田が安打で出塁送りバントで2死2塁も凡退。
(4回)啓成は、先頭間瀬が安打。送りバントで1死2塁のチャンスも後続が凡退。
(5回)PL 2死後、安打と、死球で1,2塁のピンチも何とか抑える。
(6回)啓成は、1死後、山下が安打で出塁、送りバントで2死2塁も後続が凡退。
(7回)啓成の先頭森越の当たりはレフトへのフライ。しかし、風に流され、ぐんぐん伸びもう少しでHRのフェンス直撃の2塁打も、牽制死。その後2死2塁も後続倒れる。
(8回)PL 2死から、死球与えるもきっちり抑える。
(9回)PL 先頭の前田に四球。その後送りバント凡打で2死3塁。ここで、仲谷にタイムリーを打たれPL先制!その後、エラー、死球で2死満塁も何とか抑える。
そして、啓成は森越が、三振に倒れゲームセット。

PL学園    000000001  1 5 0  前田-仲谷
愛知啓成  000000000  0 5 1  水野-永田
                    R H E
という、結果でした。
啓成の敗因としては、無死2塁のチャンスが2回あったにもかかわらず、送りバント失敗や牽制死などで、チャンスを潰してしまったこと。そして、2死2塁や3塁が4回あったがタイムリーがでなかった。ここら辺にあるか??
水野投手も、120キロ台の速球とスライダーを上手く組み合わせ、PL打線を5安打に抑えたが、前回の桜丘戦と同じく、9回に失点してしまった事は今後の課題。
しかし、優勝候補のPLの互角以上の戦いをしてくれました。これは、愛知県の私学4校(愛工大名電、中京大中京、東邦、享栄)だけではないぞ、ということを見せ付けたと思います。本当によく頑張ってくれました!本当に感動した。甲子園まで見に行ったかいがあった2回の戦いをしてくれました。皆さんも覚えておいてください。「愛知啓成高校」
夏の甲子園でも、愛知の強豪を打ち破って是非、また、甲子園に出場して、PLにリベンジして欲しいです!!
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加