★【 My Biz Blog 】★

興味のあるビジネス情報を伝えていきます♪
(IoT,Azure,Windows 10, etc...)

Azure IoT Hubと接続するアプリを作ってみる(4)

2016-10-19 01:21:22 | IoT,M2M
前回の記事では、環境変数の設定等まで行いました。
今回からは、Cordovaアプリのプロジェクトを作成し、ビルドまで行います。

まず、適当な作業用フォルダを作成します。
(例えば、C:\work\CordovaApps)


そして、コマンドプロンプト(またはターミナル)を起動してください。
以下のようなコマンドを実行し、カレントディレクトリを上記のフォルダにします。

>cd C:\work\CordovaApps


続いて、以下のようなコマンドを実行し、プロジェクトを作成します。
>cordova create (プロジェクトフォルダ名) (パッケージ名) (プロジェクト名)

cordova createはCordovaアプリの新規プロジェクトを作成するコマンドです。
パッケージ名はAndroid版アプリに必要です(Javaのパッケージ命名規則に従う必要があります)。
プロジェクト用のフォルダ名をapp_001、パッケージ名をcom.yossihard.TestApp001、プロジェクト名をTestApp001とすると、
コマンドは以下のようになります。
>cordova create app_001 com.yossi.TestApp001 TestApp001


上記のコマンドが終わったら、試しにdirコマンドを実行し、
指定したフォルダ(app_001)が作成されていることを確認してください。
そして、カレントフォルダをこのフォルダに設定します。
>cd app_001


続いて、各種ターゲットデバイス用のファイルをプロジェクトに追加します。
■Android用ファイルの追加
>cordova platform add android

■iPhone/iPad(iOS)用ファイルの追加
>cordova platform add iOS

■Windows用ファイルの追加
>cordova platform add windows

プロジェクトの作成は以上で終わりです。
続いて、アプリをビルドします。
エクスプローラで上記のプロジェクト用フォルダを選択し、
右クリックメニューから「Open with Code」を選択してください。
VSCodeが起動し、下図のような画面が表示されます。


この状態で、キーボードの「F6」を押すと、ビルドが開始されます。
以下のような表示が出れば、ビルド完了です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Azure IoT Hubと接続するアプ... | トップ | Azure IoT Hubと接続するアプ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。