よっしーMJの健康・感謝・感動ブログ

次から次へと起こる色々なジャンルのニュース報道記事、今起こっていることから何が読み取れるのか?を考えてみるブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

保育士の確保 国の支援でハローワークが窓口に!

2013-11-09 11:18:11 | 社会学
働くお母さんが増え、保育園と保育士のかずが足りない。
保育士の資格を持ってるが働いていない人は全国に70万人いるという。
しかし、子育てと仕事の両立は難しく勤めが出来ない現状があるみたいだ。




保育士確保、国が支援…ハローワークに対策窓口1179
2013年11月08日 17:34 提供:読売新聞
35日記 1144限定公開
写真

 厚生労働省は、資格を持ちながら働いていない保育士の就職あっせんに力を入れる。

 待機児童の解消に必要な保育士が7万4000人も不足する恐れがあるためで、待機児童が多い地域のハローワークに近く対策窓口を設置する。人材が集まらない保育所に職員を派遣し、労働条件改善などのアドバイスも行う。

 資格を持ちながら保育の仕事をしていない保育士は全国で約70万人にのぼる。
一方で、保育士の求人難は深刻だ。
今年1月の有効求人倍率は、34都府県で1倍を超えた。

 保育士が足りないのは、賃金の低さや「休暇が取りにくい」「子育ての両立が難しい」といった労働条件の問題も大きいと見られる。

 このため、厚労省は、待機児童が50人以上いる自治体を抱えるハローワーク112か所に対策窓口を設置する。政府は今年度、保育士の賃金を上乗せする補助金制度を導入しており、この制度を活用すれば保育士の給料は月額8000~1万円程度増える見込みだ。対策窓口では、こうした制度の活用を保育所に促すほか、どうしても保育士を集められない保育所に職員を派遣して労働条件改善のアドバイスを行う。

 また、ハローワークと自治体が保育所に関する情報を共有し、たとえば「あと1人保育士が確保できれば開所できる」といった保育所に、優先的に人材をあっせんするといった取り組みを行う。ハローワーク間の連携も強め、管轄する地域の枠を超え、就職先を紹介する。

 さらに、都道府県や保育士の養成学校に協力を要請し、保育士の資格を持つ人に就職希望があるかどうか尋ね、希望者にはハローワークが就職先を紹介する仕組みづくりも検討している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あんたも好きねェ~(^ ^)はな... | トップ | 最近の塾の英会話に対する取... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。