10月30日(金)のつぶやき

2015年10月31日 | つぶやき

もうaddictionかな?っていうレベルで、風呂。


浴場にすごいでかいTVがあってねえ。みんなで湯に浸かりながらNHKのニュースとかプロフェッショナル仕事の流儀とかみてんのすごい風情あんのよ


野球とかさぁ。野球あんましらんけど


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月29日(木)のつぶやき

2015年10月30日 | つぶやき

容赦の"赦"は、赦免の"赦"なんだな。自分はこの漢字普段とても重い意味に使っている。赦す、赦される、の対象は"罪"であり、無意識の罪悪感という概念に結びつくものだから。その意味で"許す"とは区別している。


つまり容赦しねー、ってことは本気モードであり相手の無意識の罪に想いを馳せることをもなんらかの理由でやめた状態、いわば見放す、断罪してしまう、という振り切った状態で、しばしばPSポジション的な世界観が顔を覗かしている。


それまで憎んでいた悪い対象に良い側面を見出し"赦す"ことができるのは、抑うつポジションの心性である。赦す、というのは相手の罪の深い理由を知る、想いを馳せる、という意味に近い気がする。


ゆるすことと抑うつポジションの関係はメルツァーの精神分析過程を参照のこと


なので自分はこの4,5年ずっと考えている。「赦すことと、赦されることはどっちが先なんだろう?」って。人から赦されたから自分も人を赦すことができるようになるのか、それとも自分から赦したから、人から赦されるようになったのか。


赦すことは愛することに今度通じてくるからね。人を変えうるものは…、って話ですよ。


約二週間の潜伏期間を経て、昨日ついに風邪ひいた。ながっ!助走ながっ!


大丈夫、あなたのことはとっくにもう赦しているよ。最初会ったときから赦してる


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月28日(水)のつぶやき

2015年10月29日 | つぶやき

こないだwisc講義ついでに寄った大学図書館でマクドゥーガル(「身体という劇場-心身症への精神分析的アプローチ-」)借りてきたね。まじ頭いいねこの人。切れ味ハンパないね。今度引用して流そうかな。


本当はこの人の「精神という劇場(theater of mind)」の方が読みたかったのだけど。たぶん翻訳がないのな。洋書買ってでも講読欲が上昇中。


直近のケースで発達障害よりかこれ幼児の心身症の文脈じゃね?って念頭に置いてるものがあったので割とタイムリーにヒット。


ひさびさの分析の本のまあ面白いこと。


クライニアンの理論装置はスマートで超使い易くて気に入っているけど、たまに細かな機微に欠けるところが難。スマートすぎるが故の。その点伝統的なフロイディアンの堅実さには敬意を払っている


見返りを求めて行為したことは一度もないが、その精神の上にあぐら掻かれるのはごめんだ。そういう輩には容赦ないつもりだ。信義は礼節の上にあれ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月27日(火)のつぶやき

2015年10月28日 | つぶやき

なんだろうなここ2週間くらい鼻のムズムズぐしゅんがとまらない。まさか花粉の仕業だろうか…


【25RT】「お前ルーベンスの絵でも観たのか…?」神々しい光に包まれて寝ている犬がかわいい - トゥギャッチ togech.jp/2015/10/26/295… pic.twitter.com/VpFYAnx3nO

ヨシアキさんがリツイート | 1 RT

boss the mcの"In the name of hiphop"買ったけど、いいねえ。まさかのボスのド真ん中のヒップホップ。これ多分スルメアルバムになってくやつだわ。


あー、友だちが欲しいなー!って声に出してみたけど、人といるの疲れるし無理だって気づいたからやっぱりいらね、って声に出た

ヨシアキさんがリツイート | 1 RT

孤独を捨てた先にこそ本当の孤独はある。それは孤独を忘れることとは違う。むしろ逆だ、孤独であることを引き受ける信念のようなものだ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月26日(月)のつぶやき

2015年10月27日 | つぶやき

冷えますなぁ。なんだかんだ10月ももうすぐ終わりか。。ずっと秋が続けばいいのに。(それはそれでアレだけど。


春みたいに浮かれるものもない、冬みたいに寒過ぎもしない、夏みたいに暑過ぎもしない、秋が一番ニュートラルかつやや下がっていく感じで儚くベストだ。

1 件 リツイートされました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加