パラドックス

2013年08月31日 | お蔵入りツイート

パラドックス(矛盾)を表現するようになったらその人は本物だと思う。矛盾を含みこまない表現はまだ二次元的?って感じでもっと掘り下げれるイメージ。二次元性が表現として必要な時も勿論あるのだけれど


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心的現実は現実と等価値に保護されなければならない

2013年08月26日 | お蔵入りツイート

フロイトの「心的現実」という概念がある。たとえ客観的には事実でないとしても、その当人にとっては立派な事実であり現実という考え方。外的な根拠はない。根拠はその人の頭の中、心の中にしかない。が、その根拠、原因は見つけられて外側の現実と同様、大切に保護されなければならない。そういう一種の考え方、方法論のこと。


対象については離れ、ついては離れ…を繰り返す動きとD⇄PSの往復作業はパラレルな関係にある。


コトバはなにかを欺く為にある。対象や自分自身を。ただそのコトバによって人間はなにか本当のものに触れることもできる。その可能性の探求という営みに精神分析は参与しているのだと思う。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お蔵入りツイート②

2013年08月12日 | お蔵入りツイート

知性と好奇心はやはり全くの別物って感じがする。ブリトンも「信念と想像」で言ってたけど、好奇心ってのはそれだけでほぼ独立した人間の本能なのではないか、と。


子どもたちを抱える環境というものは、そこにありながらあてにできない場合のほうが、まったくない場合よりも深刻な問題を残すことになる。


「さよなら」や「またね」が言える別れは素敵だ 続けることができるから。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お蔵入りツイート

2013年08月09日 | お蔵入りツイート
かなしきことにつぶやかれることなく、陽の目をみられなかったツイート達がいる。理由はさまざまTLに流すには重すぎる、見方が偏っている…等々。echofonアプリ内に沢山保存はされていて、もういい加減置きすぎて熟してる…っていうか発酵してすごいニオイを発しかねないため、こちらに彼らを置いていきます。さぁおゆき。おまえたちはもう自由。(←誰?)

【クライン派精神分析 鍵概念】抑うつポジション、妄想-分裂ポジション、投影同一視、良い対象、悪い対象(乳房)、羨望、嫉妬、無意識的空想、万能感、罪責感、攻撃性、否認、躁的防衛、理想化、スプリッティング、取り入れ、喪失、償い、生の本能、死の本能、(早期)エディプスコンプレックス、結合両親像


皮肉なことに感性っていうのは環境的な負荷をかけることで磨かれる、という側面があるわけで。その感性と引き替えに人はある種ひとつの悲劇を背負う、と。そういう人がその事に自覚的になって、そこから抜け出すのは本当に時間がかかるし、難しいんだと常々思う。


理由もわからないけどいつのまにか当たり前みたいになってることってのはよくある。たいした理由なんてだいたいないのだ。そう信じてる自分がいるっていうだけで。でも信じてる人にとっては大した理由だ。時には命よりも重たいかもしれない。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加