独裁者は命が危ういと判断したときだけ譲歩する 北朝鮮

2017-08-31 18:25:28 | 日記
参考記事:産経ニュース 207-17.08.31 からです。
【正論】
「斬首」恐れる金氏を追い詰めよ 独裁者は命が危ういと判断したときだけ譲歩する
モラロジー研究所教授・麗澤大学客員教授・西岡力


 トランプ大統領の強硬姿勢が功を奏するのでしょう。また、日本も安倍首相が当事国としてトランプと一体の立場をとり、ともに一歩も引かないことが良いのです。グァムへのミサイル攻撃の脅しにもひるまず、わが国の上空を飛んで行こうとも、安易にこちらから譲歩してはなりません。必ず北朝鮮から譲歩させるのです。
 トランプ大統領と安部首相だからこそ北朝鮮と中国を抑えて持ちこたえているのです。でなければとっくに朝鮮半島有事が勃発しているといっても過言ではありません。二人が正しく力を発揮できるように、トランプ大統領と安倍首相を応援します!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「教祖」になろうとする習近平 | トップ | トランプは正しさから実績を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。