goo

小池新党の結成は早まるか?

小池新党結成が加速

支援区議7人に離党勧告で反発

 明らかにダブルスタンダードだ。自民党東京都連は16日、7月の都知事選で党方針に逆らって小池百合子知事を支援した豊島、練馬両区の区議7人について離党勧告処分とすることを決定した。

10月末までの離党を求め、前執行部が決めたと言うが「除名相当」よりも一段階軽い処分とした。

 一方区議と同様に小池を応援した若狭勝衆議院議員は口頭の厳重注意処分でシャンシャン。

 小池の後継を争う衆議院東京10区での自民党公認が確実視されているとはいえ、処遇のちがいはあからさまだ。

これについては新都連会長に就いた下村博文党幹事長代行は、「国会議員については党本部が判断。都連とは違うのでやむを得ない部分もある」と言葉を濁した。

小池を指示した7人が処分を受け入れなかった場合

、除名処分もあり得るという。区議らが反発を強めるのは必至で、雪崩を打って『小池新党』結成に動き出す可能性がある。

○永人所感(大いに反発して急いで小池新党を作ることが世の中のためになる。ただ、これまで安倍晋三となあなあの関係でやって来ただけに、この先どこまで本気でやれるのか小池知事の技量が問われることになる)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 野田佳彦は野... 生きる・「暗... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。