goo

石巻市は控訴するのか

石巻市・亀山市長は控訴をするのか

大川小訴訟問題

10月26日判決後。

判決後に記者会見した亀山市長は

判決を受けての感想を『市の責任を認める結果となったことは重大なことだと受け止める』と語った。続いて

――控訴をするのか。

『控訴するかどうかは、判決の内容を精査したうえで、早い段階で結論を出したい』

――震災後は市や市教委の対応に問題があった。

『混乱している状況の中で、遺族への対応が丁寧に出来なかったこともあり、不信感を抱かせてしまった。今後の防災教育の反省点として取り組む』

――判決を市の防災にどう役立てるか。

『児童74名、教職員10名の84名が亡くなったことは重く受け止める。判決の有無にかかわらず、学校を含めた市の防災対策を進めるのが私たちの役割でもある。地域ごとに避難の仕方があるため、しっかりとした避難施設の選定や避難マニュアルを作りたい』

10月28日

石巻市は控訴を決定

「控訴議案・石巻市議会は否決を!」

29日・遺族が記者会見

亀山紘・石巻市長は、28日、仙台高裁への控訴を決断した。これに対し県はまだ対応を決めていないと村井県知事は発言した。

29日に遺族が市内で記者会見を開いた。

 6年生だった長男大輔君を亡くした原告団長の今野浩行さんをはじめ、遺族や代理人弁護士約10人が出席、30日に開かれる市議会臨時会を前に亀山市長が控訴の方針を示したことへの憤りを語り、当日の対応を説明した。

 原告団は臨時会開会までに市議に否決を求めるほか、当日は午前9時に『判決に従わない市長の態度に子供たちは泣いている』などと市議に向けたメッセージを書いたプラカードを持って市役所前に立つことや臨時会を傍聴して行方を見守ることを明らかにした。

 仙台地裁が学校側の責任を認める判決を下してから2日後の28日に出された市の控訴方針に遺族らは『こころが折れそうだ』『これ以上犠牲になった子供達の死を汚して欲しくない』と心境を語った。

 原告団は今後市と県の方針が決まり次第、今後の対応について協議していくという。

大川小を巡る訴訟は26日に仙台地裁で原告勝訴の判決が出された。亀山市長は28日判決内容で

①学校の津波の予見性

②教員の結果責任義務違反

の2点で不服があるとして控訴する方針を示した。

 さて30日の石巻市の臨時議会は市長の控訴方針を認めるのかどうかその採決が注目される。続く

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 判決が出て・... 石巻市議会6... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。