goo

豊中市議・木村 真(まこと)政治家の関与があったと推測

森友問題を最初に追及した

豊中市議・木村 真

忖度を超える政治家の関与があったと推測

◎昨春に児童募集のポスターが目に留まっていなければ、数々の疑惑が見逃され、小学校も開設されていた。そう考えるとゾッとしますね。

当にそうですね。正直言ってこんな右翼学校が出来るのはたまらん、と思って調べ始めたわけですが別の学校法人だったら調べなかったかもしれません。

ひょっとして今回の森友のような類の話は全国に沢山あるのではないか。

 ◎森友問題で政治家は関与したと見ていますか?

 財務官僚が独断でやるはずもなく、何らかの政治家の関与があったと思います。安倍政権の可なり中枢に近い部分が直接的に関与していたのではないかと強く疑っています。

 ◎安倍首相本人の関与についてはどうですか?

 さすがに安倍首相自らが、森友の契約を値引きしろ――などと具体的な指示を出したとは思いません。

ただ大いにあり得る話だと思うのは、例えば安倍首相が財務官僚に対し『籠池さんの教育に対する情熱は素晴らしい。今度、小学校を作るから期待している』などと言う一方で、森友が財務省に、「土地を安くしてくれ」と陳情してくる。

 そこで板挟みになった財務官僚がアクロバットのような技をひねり出したのではないか。つまり忖度のレベルをはるかに超えたほぼ圧力に近いものがあったと推測しています。

◎森友が学校設置の認可申請を取り下げましたが、どう見ていますか?

恐らく籠池理事長は「お前、刑事訴追されるぞ」とか言われたのでしょうが、森友が学校開設の申請を取り下げても疑問点は何一つ解決していません。

 ワイドショーでは塚本幼稚園のえげつない話の暴露合戦みたいな報道が目立ち、もともと何の話だったのかよくわからなくなっていますが(例によって安倍の圧力による、テレビ側の意図的な安倍疑惑焦点隠しが行われている←永人)、この問題点は二つ、

①国有地の不可解な売却と

②学校設置が何故認可されたのか――です。

土地の賃貸借や売買を巡っても。鑑定評価書が何通も出てくる。要するに国側は森友の条件に合うまで何度も鑑定をやり直している。

国が何ら根拠なく契約するわけにはいかないからでしょうが、森友に言われるまま値下げしまくっているわけです。続く

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 木村 真4-2... 豊中市議・木... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。