goo

米国は金正恩をなぜ暗殺しないのか?

 

金正恩をなぜ暗殺しないのか

父・金正日の首は2億円

フセインも、ビンラディンも、カダフィも米国にならず者と呼ばれた指導者は、すべて無残な最期を遂げている。この男、金正恩だけがいまだに無事でいられるのには、知られざる理由があった。

 **

「金正恩『斬首作戦』実行は、通常の暗殺ミッションに比べて極めて難しい。他の独裁者とは違うのです」こう語るのは、クリントン大統領時代に米CIA長官を務めたジェームズ・ウールシー氏だ。

 祖父金日成(キム・イルソン)・父金正日(キム・ジョンイル)は、めったに公の場に出てこなかった。だが金正恩は軍事パレードなど、この4月だけで3回、各国報道陣や市民の前に姿を現している。

 なぜ米国はなかなか金正恩の「斬首=暗殺」に踏み切らないのだろうか ――。

暗殺のプランだけなら米国はとっくの昔に練り終わっている。トランプ大統領がゴーサインさえ出せば、議会の承認なしでいつでも実行できる状態だ。

「トランプ政権が4月上旬に開いたNSC(国家安全保障会議)で示された『有力プラン』は以下の二つの作戦です。

一つ目は、『外科手術』、つまり空爆による暗殺。具体的な手段には、

爆撃機による大規模な爆撃。

無人機による小規模な爆撃。

朝鮮半島近海の戦艦から発射する巡航ミサイル

の3種類があります。

 もう一つは

北朝鮮内部の協力者に暗殺させる方法。

実はこの方法は金正日時代に少なくとも数回実行されています」(米政府関係者)

04年4月、北朝鮮と中国の国境の街・龍川で突如大爆発が起きた。半径500メートルが廃墟と化し、1500人以上が巻き込まれたこの爆発は、明らかにこの駅を通る予定だった金正日専用列車を狙い『爆殺』を図ったものだった。

一説には列車に乗っていたシリア人技術者の中にCIAの協力者がいたといわれる。事前に中国政府がテロを察知し、金正日に知らせて列車の通過を8時間早め、予定時刻にダミー列車を走らせたため、金正日は間一髪で死を免れたという。続く

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 森友追及で安... 米国は金正恩... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。