goo

今くるよ・辞めろと言われても・諦めない

今くるよ

その2

やめろと言われても、諦めない

 吉本に入ったのは、高校卒業後に知り合いから『吉本が漫才師を

募集している』と聞いたからです。でも面接の結果は全然ダメ。

 麺接官全員から「やめとき」と言われました。

が、やめろと言われたら燃えるのが体育会系です。

『根性も貯金もあるから大丈夫です!』と言い切って島田洋之助・今喜多代師匠に弟子入りさせてもらいました。そこからが長かった。師匠や先輩からは怒られてばかりやし、やってもやっても売れへんのです。

お金も無くなるからガソリンスタンドや喫茶店で必死にアルバイトをして。でも辛いとは全く思わなかった。二人とも「あのソフトボール部の練習と比べたら、何でもあれへん」と思って居たんです。そして十年目、転機がやってきます。

 当時の大スター、やすし・きよし師匠が出演する大人気番組『花王名人劇場』に出演するチャンスが飛び込んできた。嬉しかったけど、実は『ここでウケなかったら芸能界に見切りをつけよう』と二人で考えていました。

 当日は二人で気合を入れて、「それいけーっ」と舞台へ出ていきました、必死やから力が入ったんでしょう。私がお腹をパーンと叩いたら、ベルトのバックルがはじけて飛んだんです。

それでお客さんがドッと笑った。いくよちゃんもつけまつげをバタバターっとさせて首のすじが浮き上がって。それを見て思わず『あんた首に筋が出てるやん』「御堂筋や!」と私たちを支えたギャグ誕生の瞬間です。

悔いが残らないよう全力でやったらうけた。

それからは信じられへんくらい仕事が来て、二人で全力で駆け抜けてきましたね。続く

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 今くるよ・い... 今くるよ・最... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。