goo

安倍晋三主導の「カツアゲ」に住民が差し止め請求

総理主導のカツアゲに住民が差し止め請求

田中龍作

土地とカネを奪うな

 『今治市による加計学園への巨額援助は、違法である』

として、差し止めの監査請求を提出した。

いわば、カツアゲの被害届を提出したわけである。

加害者は加計学園と内閣府。加計孝太郎理事長が安倍晋三の『腹心の友』であるなら、内閣府は腹心の友そのものである。悪党の元締めは安倍晋三ということか。

被害届の提出先は今治市監査委員会。被害届とは住民監査請求だ。

市民(今治加計問題を考える会)が今治市に対して求めたのは以下の2点である。

○加計学園に対する『土地の無償譲渡』と『上物建設費用の補助金提供を差し止めよ』

○今治市は市の被った損害を菅 良二市長に請求せよ。

請求の理由はこうだ――

 文科省が活計学園獣医学部の設置を認可するか否かを審議中であるにもかかわらず、今治市は簿価で37億円の私有地を無償譲渡し、上物建設費用192億円の半分96億円を負担することを決定した。

 文科省の学部認可権限をないがしろにするなど、法令的な手続きを無視したものである。これは地方自治体法第2条、第15条に定める『自治体は法令に反して事務処理してはならない』に違反する。

 文科省の大学設置認可は下りていないのに建設工事は着々として進む。『瑞穂の国記念小学院』のように負の遺跡となるのだろうか。

 加計学園は違法な無償譲渡契約によって入手した大学キャンパス用地ですでに建設工事に入っているが、文科省の認可が下りなかった場合は更地にして返還しなければならない。

 この際に発生する諸々の被害額を今治市は菅 良二市長に賠償請求する。

『今治加計問題を考える会』の黒川敦彦氏は監査請求書を提出する際、監査委員に対して次のように話した。

「今治市民が不審だと思う状態で大学(加計学園)が建設されてしまうと取り返しがつかないことになる。出来れば『市民と市役所』が一緒になって着地するプロセスを作って行きたい。真相の究明をよろしくお願いいたします」 終わり

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 官邸主導の動... 昨年9月、加... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。