goo

決別

決別

引用・PHP10月号

 日常生活や仕事の中で重大なアクシデントに見舞われたり、些細な出来事から親しい人との関係が壊れてしまったり、辛いことがあって気持ちが沈み、何事も心から楽しめない。

 そんな時、平穏無事だったころに戻りたいと思うだが覆水は盆に返らず、一度起こったことは、どんなに望んだところでなかったことに出来ないし、過去には決して戻れないのである。

 あの時、あんなことをしなければよかった、あの人の所為(せい)でこうなったと後悔したり、恨みたくなるのも人情だけれど、過去にこだわり、引きずられていては、せっかく与えられた人生が暗く、寂(さび)しくなるばかり。

 得することなど何もない。とするなら、起ったこととは決別し、未来に目を向けることである。

 さあ、気持ちを切り替え、新たな扉を開いて、限りある自らの人生を楽しもう。空を仰いで上を向いて歩いて行こう。透き通るような秋の青い空がどこまでも続いているではないか。

 一度きりの人生、いつまでもくよくよしてはいられない。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 金正恩のスト... 生きる・『赤... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。