goo

日本壊滅を救ってくれた新潟県民に大感謝!!

日本壊滅を救ってくれた新潟県民に大感謝!!

 新潟県民の暮らしを守り、安心を提供する原発再稼働反対の米山新知事を新潟県民が選んでくれたことに心から感謝し、16日の日曜日、夜になって久し振りに明るい気持ちに成れた。

 ことは新潟に留まらず、全国に52か所もある原発を抱える地域の不安を取り除くためにも、原発推進を進める安倍内閣に打撃を与える意味でも、今回の勝利は、大きなものがある。

**

 柏崎刈羽原子力発電所の再稼働が争点となった新潟県知事選挙は共産・自由・社民党推薦で、再稼働反対の米山隆一さんが自民・公明党推薦の再稼働容認派の森 民夫前長岡市長を破って当選を果たした。

 新潟県知事選挙を巡ってはこの間、安倍官邸と自民党が原発再稼働のために手段を選ばない謀略を仕掛けていた。

当初4選出馬を表明していた再稼働反対派の現職知事泉田裕彦氏が突如出馬を撤回したのも裏で安倍官邸と原発ムラがスキャンダルを使った揺さぶりを仕掛けたためと言われいる。

 「泉田知事が出馬撤回の理由として挙げたのが、地元紙『新潟日報』から、フェリー購入問題で県の責任を追及するキャンペーンを仕掛けられたことでした。

ところが新潟日報は、その前年に東京電力の広告が5回も掲載されていた。そんなところから東京電力が新潟日報にこの追及をやらせたんじゃないか、という見方も流れました。

 またそれに加えて安倍官邸と自民党が泉田知事の周辺を徹底的に調べ上げ、もっと決定的な身内の不祥事をつかみ、人を介して泉田知事にそれをちらつかせた、という情報もあります」(全国紙新潟支局担当記者)

 こうして県民に人気のあった泉田氏は出馬撤回に追い込まれ、自民・公明の知事候補は原発再稼働に理解を示す森・前長岡市長に決まったのだ。

 そして、原発ムラの一翼を担っている電力労連も森氏支援を表明し、民進党に圧力をかけて米山氏への推薦を防止し、自主投票に追い込んだ。続く

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 今くるよ・最... 米山新知事誕... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。