goo

都議選投票先・自民党大失速

都議選投票先

東京新聞調査

都民ファ 23%

 自民大失速17%

日刊ゲンダイ

 告示まで残り10日、都議会自民党の勢いが失速している。東京新聞が10~11日に東京都議選に関する世論調査を実施したところ、小池都知事率いる都民ファーストの会が22、6%でトップ。

 都議会最大会派の自民党の17、1%を5、5ポイント上回った。

3~4日実施の朝日新聞の調査だと、都民ファと自民がともに27%で並んでいた。

この1週間で都民ファにあっさり抜かれ、差をつけられたのは、家計学園疑惑や共謀罪など安倍政権のデタラメ対応に、都議会自民党が足を引っ張られている証拠だ。

また小池都知事の支持勢力が過半数を占めた方が良いは、全体の39、1%で過半数を占めない方が良い、の22、7%を大きく上回っている。

(永人所感)

 安倍政権の不誠実な国会対応、加計問題の隠ぺいと逃避、「テロ等準備罪」に名を変えた共謀罪を強行可決すれば、自民党に対する批判の票はますます増えていくだろう。

全国に先駆けて、出鱈目自民党に対する都民の手厳しい審判があと半月後に下され、

都議会第一党の自民党はその座を明け渡すことになるだろう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 昨年9月、加... 安陪晋三重病説 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。