成熟した綺麗さと、心身とものおもてなしは、最高の容姿端麗な姿に変身して、夢から現実の世界が生まれる

素敵で素晴らしい生活は、夢が現実になって、凄いパワーが身について、最高の世界と、力と富と得て慕われます。

日本は「領土問題で妥協するな、ドゥテルテ比大統領、噴煙上げるシナブン山、トランプ米大統領、北朝鮮問題

2017-05-20 16:16:35 | 健康

日本は「領土問題で妥協するな」=プーチン氏に警戒を-ウクライナ国会委員長


2017年05月20日 15:22 発信地:日本




日本は「領土問題で妥協するな」=プーチン氏に警戒を-ウクライナ国会委員長



【5月20日 時事通信社】ウクライナ最高会議(国会)のハンナ・ホプコー外務委員長は時事通信とのインタビューで、安倍晋三首相が意欲を見せるロシアとの北方領土交渉に関連し、「日本の国益を理解する」とした上で、日本政府に「主権と領土の一体性の問題であり、妥協しないことが重要だ」と訴えた。さらにロシアのプーチン政権との交渉には警戒が必要であることを強調した。



 ウクライナは、クリミア半島を併合し、同国東部の紛争で親ロシア派に支援を続けているプーチン政権と対立。ホプコー氏の発言は、日本もプーチン大統領を安易に信用すべきではないとの立場を示したものだ。


 ホプコー氏はインタビューで「(ソ連時代から)ロシアが70年以上にわたり、北方領土問題を解決する姿勢を見せていないことを(日本は)肝に銘じておくべきだ」と指摘。「プーチン氏が権力を握ってから長くたつが、北方領土問題を解決しようとする試みはすべてうまくいっていない」とも語った。


 ロシアでは来年に予定される大統領選でプーチン氏の出馬が有力視される。ホプコー氏は、プーチン氏が国民に強い指導者であることを示す必要があることから、「大統領選前にプーチン氏は日本に対して何も譲歩しないだろう」と予測した。(c)時事通信社


ドゥテルテ比大統領、 南シナ海問題めぐり「中国が戦争になると警告」


2017年05月20日 15:16 発信地:マニラ/フィリピン




ドゥテルテ比大統領、 南シナ海問題めぐり「中国が戦争になると警告」フィリピン南部ミンダナオ島のダバオで開催された沿岸警備隊補助隊の会合で演説するロドリゴ・ドゥテルテ大統領(2017年5月19日公開)。(c)AFP/PRESIDENTIAL PHOTO DIVISION




【5月20日 AFP】フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領は19日、南シナ海(South China Sea)の領有権争いをめぐり、中国政府の首脳陣から戦争する準備はできていると警告されたと明かした。


 今週、中国の北京(Beijing)で習近平(Xi Jinping)国家主席や李克強(Li Keqiang)首相と会談したドゥテルテ大統領は、警告されたことを公にするのは、中国に対して弱腰だとフィリピン国内で批判されているからだと述べた。


 ドゥテルテ大統領は、これまでは伝えられなかった南シナ海での天然資源開発の計画を明かしながら、会談の内容について「彼らに面と向かって言った。そこ(南シナ海)はわが国のもので、われわれはそこで石油採掘を行うつもりだ」と表明したと述べた。


 これに対し習国家主席と李首相はドゥテルテ大統領に「私たちは友人だ。あなたと争いたくはない。今の温かい関係を維持したい。しかし、あなたが対決を迫るというのなら、われわれは戦争に突入するだろう」と述べたという。


 ドゥテルテ大統領は、中国が掲げる「一帯一路(One Belt One Road)」構想に関する国際会議に出席するために北京を訪れていた。16日にフィリピンに帰国した際、南シナ海の天然資源を中国やベトナムと共同開発することには前向きだと発言した一方、領有権を争う他の国々については言及しなかった。(c)AFP


噴煙上げるシナブン山、活発な噴火活動続く インドネシア


2017年05月20日 15:02 発信地:カロ/インドネシア




噴煙上げるシナブン山、活発な噴火活動続く インドネシアインドネシアの北スマトラ州カロ・ビガンディン村で、噴煙を上げるシナブン山を撮影する地元民(2017年5月19日撮影)。(c)AFP/Ivan DAMANIK




【5月20日 AFP】インドネシアの北スマトラ(North Sumatra)州カロ(Karo)のビガンディン(Beganding)村で19日、シナブン山(Mount Sinabung)が噴煙を上げる様子を撮影した。


 シナブン山は2010年に400年ぶりに噴火。その後しばらくは沈静化していたが2013年に再び噴火し、以来、活発な火山活動を続けている。(c)AFP


トランプ米大統領、IS戦闘員「根絶やし」作戦指示 国防長官発表


2017年05月20日 13:14 発信地:ワシントンD.C./米国




トランプ米大統領、IS戦闘員「根絶やし」作戦指示 国防長官発表米コネティカット州ニューロンドンでの米沿岸警備隊アカデミーの修了式に出席するドナルド・トランプ大統領(2017年5月17日撮影)。(c)AFP/SAUL LOEB



【5月20日 AFP】米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は、シリアのイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」を「根絶やし」にするよう国防総省に指示した。同組織に参加している外国人戦闘員の帰国を防ぐことが狙いとされる。ジェームズ・マティス(James Mattis)国防長官が19日、明らかにした。


 作戦は、戦闘員を街から脱出させ、逃亡しているところを狙うのではなく、一定の場所でできるだけ多くの戦闘員を一挙に包囲し全滅させるというもの。作戦内容から浮き彫りになるのは、戦闘経験を積んだイスラム過激派が軍事的な専門知識やイデオロギーを欧州諸国の首都を含め世界各地に持ち帰るのを阻止するという課題がますます緊急性を帯びてきていることだ。


 マティス長官によると、トランプ大統領はISを根絶やしにするため、戦闘員を安全な場所から追い出す消耗戦から、ISの拠点で包囲する戦術への変更を指示。「目的は、逃亡した外国人戦闘員が帰国するのを防ぐこと」だという。


 選挙戦でISの早期打倒を公約に掲げてきたトランプ大統領は就任後間もなく、米軍司令官らにIS一掃作戦を30日間で見直すよう大統領令で命じていた。その結果、考案された「根絶やし作戦」では、現場司令官の戦場での裁量権も大幅に拡大している。


 バラク・オバマ(Barack Obama)前政権は、ホワイトハウス(White House)が細かく管理し、承認手続きに時間がかかって現場の対応に遅れが出るとして、たびたび批判されていた。(c)AFP/Thomas WATKINS


北朝鮮問題の軍事的解決は「想像絶する悲劇」もたらす 米国防長官


2017年05月20日 10:31 発信地:ワシントンD.C./米国




北朝鮮問題の軍事的解決は「想像絶する悲劇」もたらす 米国防長官ジェームズ・マティス米国防長官。英ロンドンで(2017年5月11日撮影)。(c)AFP/JACK HILL




【5月20日 AFP】米国のジェームズ・マティス(James Mattis)国防長官は19日、北朝鮮問題を軍事的に解決しようとすれば「想像を絶する規模の悲劇」をもたらすと警告を発した。米国防総省で記者団に語った。


 この数週間、米政府高官らが強硬発言をしたり、北朝鮮近海に空母を派遣したりする事例が相次いでいるが、マティス長官は北朝鮮問題の最善策は国際社会が北朝鮮政府に効果的に圧力をかけることだと話した。


「軍事的解決となれば、想像を絶する規模の悲劇が起きるだろう。だから、われわれは国連(UN)や中国、日本、韓国と共に、この状況から抜け出す道を探る」


 マティス氏は、北朝鮮政府は国際社会からの警告を無視しているとする一方、中国による圧力は限定的ではあるが影響を与えていると評価した。(c)AFP


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言


神奈川)箱根・山のホテルの名物ツツジ 見ごろ続くよ


箱根町元箱根の「山のホテル」の庭園で、約30種3千株のツツジが見ごろになった。芦ノ湖の青い湖水を背景に、ピンク、赤、紫、白など多彩な色の花が咲いています。高さ、幅とも3メートル余りの枝いっぱいに赤い花が咲き誇る木もあります。



 庭園は約100年の歴史があり、緩やかな坂の散策路を巡り歩く。開花は例年よりも1週間ほど遅く、見ごろは来週にかけて続く見込み。庭園見学料800円。問い合わせはホテル(0460・83・6321)まで。


*上記は朝日新聞デジタル版から引用しました。


*箱根は今が一番の気候で、ぜひ泊りがけで出かけると、最高の思い出が残りますよ!







ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドイツ生まれの機能的デザイ... | トップ | 今週のJRA競馬の出目は馬連・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL