成熟した身心は 若さを磨けば 豊かな人生と美しさが芽生えてくる

快適な健康生活は心のゆとりから生まれます。毎日を明るく笑いのある快適な生活は 神秘で壮大な夢の実現に生まれ変われる。

独BMW、錦織とナダル、英国で初、横山さんの「64」受賞逃す、英キャサリン妃、初の外国単独訪問

2016-10-12 16:08:33 | 健康

独BMW、「自動でバランス取る」コンセプトバイク


2016年10月12日 14:19 発信地:サンタモニカ/米国




独BMW、「自動でバランス取る」コンセプトバイク米カリフォルニア州サンタモニカで行われた、独BMW創業100周年を記念するイベントで公開された、自動でバランスを取るコンセプトバイク「Vision Next 100」(2016年10月11日撮影)。(c)AFP/DAVID MCNEW




【10月12日 AFP】ドイツの自動車大手BMWグループの二輪部門BMWモトラッド(BMW Motorrad)は11日、米カリフォルニア(California)州サンタモニカ(Santa Monica)で、同社の創業100周年を記念するコンセプトバイク「Vision Next 100」を公開した。


 「Vision Next 100」はゼロエミッション(有害な排出物ゼロ)車で、完全に停止している状態でも倒れないよう自動でバランスを取るタイヤを装備しており、ライダーがヘルメットなしでも走行できるほどの安定性があるという。(c)AFP


 


錦織とナダル、来年1月開催のエキシビションマッチに参戦


2016年10月12日 13:40 発信地:シドニー/オーストラリア




錦織とナダル、来年1月開催のエキシビションマッチに参戦エキシビションマッチに参戦が決定した錦織圭とラファエル・ナダル(2016年10月12日作成)。(c)AFP/JAVIER SORIANO/Martin BERNETTI




【10月12日 AFP】男子テニスの錦織圭(Kei Nishikori)が、四大大会(グランドスラム)通算14勝を誇るラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)とペアを組み、来年1月9日に豪シドニー(Sydney)で行われるエキシビションマッチでニック・キリオス(Nick Kyrgios)、バーナード・トミック(Bernard Tomic、オーストラリア)と対戦することが決まった。大会主催者が12日に発表した。


  来年で3回目を迎えるイベントでは、「ファスト4(Fast4)」形式で試合が行われる。サーブがレットの場合はそのままラリーが続行され、4ゲーム(デュースなし)を先取した選手がセットを獲得するという、従来より早い展開の試合進行が特徴となっている。

 ナダルは今年、ガエル・モンフィス(Gael Monfils、フランス)とともに同エキシビションマッチに参加し、キリオスやレイトン・ヒューイット(Lleyton Hewitt)氏と対戦している。


「この形式ではすでに2度プレーているし、選手とファンのどちらにとってもすごいエキサイティングだと思う」と話すナダルは、「観客にとって、試合に熱中するのはとても簡単だと思うし、1月に出場したときの雰囲気も最高だった」と語った。(c)AFP


英国で初、自動運転車の公道走行テスト


2016年10月12日 11:34 発信地:ミルトン・キーンズ/英国




英国で初、自動運転車の公道走行テスト英ミルトン・キーンズで報道陣に公開された自動運転車(2016年10月11日撮影)。(c)AFP/JUSTIN TALLIS



【10月12日 AFP】英ロンドン(London)郊外ミルトン・キーンズ(Milton Keynes)で11日、国内初となる自動運転車の公道走行テストが実施された。車両には人が実際に乗り込んだ。


 報道陣に公開されたのは2人乗りのコンパクトな自動運転車両で、歩行者専用エリアを時速8キロで走行した。テストを進めているトランスポート・システムズ・カタパルト(Transport Systems CatapultTSC)によると、将来的には市内一般道に40台の自動運転車を展開したい意向だという。


 TSCのプログラムディレクターは、「重要なことは、英国の公道で自動運転車が実際に走行したことだ」と当日の試験についてコメントした。(c)AFP


横山さんの「64」受賞逃す=英推理小説賞


2016年10月12日 11:07 発信地:英国




横山さんの「64」受賞逃す=英推理小説賞【10月12日 時事通信社】英国の推理作家協会は11日、今年のダガー賞国際部門に、フランスの小説家ピエール・ルメートル氏の「ザ・グレート・スウィンドル」(英訳名)を選出した。ダガー賞は優れた推理小説に贈られる。最終候補作には横山秀夫さんの警察小説「64(ロクヨン)」も含まれていた。



 ダガー賞国際部門はサスペンス小説やスパイ小説など、原作が英語以外で書かれ、英国内で翻訳出版された作品が対象。(c)時事通信社


英キャサリン妃、初の外国単独訪問 オランダ


2016年10月12日 10:31 発信地:ハーグ/オランダ




英キャサリン妃、初の外国単独訪問 オランダオランダ・ハーグの美術館を訪れた英国のキャサリン妃(2016年10月11日撮影)。(c)AFP/ANP/Robin van Lonkhuijsen



【10月12日 AFP】英王室のキャサリン妃(Catherine, Duchess of Cambridge)が10日、単独でオランダを訪問した。キャサリン妃が単独で外国訪問を行うのはこれが初めて。


 キャサリン妃は、訪問先のハーグ(Hague)で、ウィレム・アレクサンダー(Willem-Alexander)国王との会談を行った他、マウリッツハイス(Mauritshuis)美術館を訪れ、オランダ絵画の巨匠ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)の絵画「真珠の耳飾りの少女(Girl with a Pearl Earring)」を鑑賞した。


 キャサリン妃の今回の訪問は、英国の欧州連合(EU)離脱、通称「ブレグジット(Brexit)」の影響を和らげる目的もあると見る向きもある。(c)AFP





*AFPBB  NEWSの記事から引用しました。


*今日の一言


神奈川)シカの赤ちゃんすくすく 川崎で!


川崎市幸区の夢見ケ崎動物公園で、ホンシュウジカの雄の赤ちゃんが生まれて、来園者の人気を集めています。誕生時は体長50~60センチ、体重4キロ前後。茶色い毛並みに白の斑点があり。担当者は「ぜひ見に来てほしい」と話しています。



 同園によると、9月15日に誕生した。ホンシュウジカは例年、6~8月に誕生することが多く、9月の出産は珍しいといいます。最初はよちよちとおぼつかない足取りだったが、「今ではしっかりと歩いて、母親の乳を飲みに行っています」と担当者。同園は午前9時~午後4時で無休。無料。問い合わせは同園(044・588・4030)。


*上記は朝日新聞デジタル版から引用しました。


*動物好きな近郊の人は、ぜひ見に行って心を和ませて下さい。








ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ルナテア」生理痛前PMS(月... | トップ | 10月12日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL