建前と本音を使い分けても、真実を語るには勇気がいるもの、使いたいもの、欲しいもの、挙げたいもの、嬉しいものはここにある!

素敵で素晴らしく明るい生活は、夢が現実になり、凄いパワーが身につけば、人生一度の賢い生活が訪れて、最高の幸せになれる。

インド東部大型サイクロン、巨大ニシキヘビ、目指すは最上部の景品、ユニセフ創設70周年、世界の山岳氷河

2016-12-13 19:10:25 | 健康

インド東部に大型サイクロン直撃、10人死亡 1万8000人が避難


2016年12月13日 18:00 発信地:チェンナイ/インド




インド東部に大型サイクロン直撃、10人死亡 1万8000人が避難インド東部チェンナイで、上陸したサイクロン「バーダー」によって根元から倒れた街路樹(2016年12月12日撮影)。(c)AFP




【12月13日 AFP】インド南部タミルナド(Tamil Nadu)州の州都チェンナイ(Chennai)を12日、サイクロン「バーダー(Vardah)」が直撃し、これまでに少なくとも10人の死亡が確認された。


  13日の当局発表によると、現地では最大風速39メートルの暴風が吹き、倒れた樹木の下敷きになった多くの家屋が倒壊。またインド南部の広い地域で電力供給が途絶え、停電が発生している。

 インドの気象当局によれば「バーダー」は、チェンナイに上陸したサイクロンとしては過去20年以上で最大。「バーダー」接近に伴い、1万8000人が避難を余儀なくされた。


 国家防災管理庁(NDMA)のアビシェーク・シャンディヤル(Abhishek Shandiyal)報道官は「現時点で10人の死亡が確認されている。今後、地方から報告が上がって来る予定だが、最悪な状況は越えた」と述べた。上陸したサイクロンは勢力を弱めながら内陸部へと進んでいる。


 チェンナイ国際空港の関係者によると、空港は約12時間にわたり閉鎖されたが、13日には離発着が再開された。鉄道も一部で運行が再開されている。


 インド東部、及び隣接するバングラデシュでは、4月~12月の間に勢力の強いサイクロンに直撃されることが度々あり、死者が出たり広範な建物被害が生じたりしている。(c)AFP


巨大ニシキヘビがワラビーのみ込む、豪のゴルフコースで


2016年12月13日 17:34 発信地:シドニー/オーストラリア




巨大ニシキヘビがワラビーのみ込む、豪のゴルフコースで豪クイーンズランド州北部ケアンズのゴルフ場「パラダイス・パームス」で、ワラビーをのみ込むアメジストニシキヘビ(2016年12月10日撮影)。(c)AFP/Robert Willemse




【12月13日 AFP】オーストラリアのゴルフコースで先週末、ワラビーと巨大なニシキヘビが格闘を演じた末にワラビーがのみ込まれ、ゴルフを楽しんでいた人々を仰天させた。


  ごく普通のゴルフコースにオーストラリアでしかあり得ない波乱が起きたのは、クイーンズランド(Queensland)州北部のケアンズ(Cairns)にあるゴルフ場「パラダイス・パームス(Paradise Palms)」。常連客のロバート・ウィレムスさんは10日、17番ホールでプレー中、体長4メートルのアメジストニシキヘビがワラビーをのみ込んでいるという知らせを耳にした。

 ウィレムスさんは一目見ようとプレーを中断して駆け付け、残りのラウンドを回り終える前に写真を撮っておいたという。ウィレムスさんはAFPの取材に対し、「他のゴルファーやスタッフも駆けつけたが、後で聞いた話によると、ヘビは完全にワラビーをのみ込んでから、近くの干上がった小川へ下りていき、茂みの中に消えていったそうだ。大量の食事を消化するためだったんだろう」と語った。


 ウィレムスさんによれば、豪大陸北部の熱帯地域には多くの野生動物が生息し、カンガルーを小型にしたようなワラビーもよくゴルフコースに現れるが、ニシキヘビは珍しいという。


 豪州最大級のヘビであるアメジストニシキヘビは、大きなもので体長8.5メートルにもなる。しかしウィレムスさんによると、このヘビにはゴルフコースのような開けた場所でワラビーを捕獲する能力はないため、木に登っていたヘビが何も気づいていないワラビーの上に落ちてきて格闘を演じた末、ゴルフコースのど真ん中まで転がってきたのではないかと語った。(c)AFP


目指すは最上部の景品、滑るポールに挑戦 マレーシア


2016年12月13日 16:15 発信地:マレーシア




目指すは最上部の景品、滑るポールに挑戦 マレーシアマレーシアの首都クルアランプール郊外の村で開催されたイベント「パンジャット・ピナン」に参加する人々(2016年12月12日撮影)。(c)AFP/MOHD RASFAN



【12月13日 AFP】マレーシアの首都クアラルンプール(Kuala Lumpur)郊外の村で12日、「パンジャット・ピナン(Panjat pinang)」と呼ばれるつるつる滑るポールをよじ登るイベントが行われた。


 年に一度のイベントに大はしゃぎの子どもと若者たちは、最上部からつるされた「景品」を目指し、数人で協力したり、勢いをつけたりしてバターが塗られた高さ6メートルのポールに果敢に挑戦した。


 イスラム教徒が多く住む国々では、12月12日は預言者ムハンマド(Prophet Muhammad)の生誕を祝う日となっている。(c)AFP


ユニセフ創設70周年、D・ベッカム氏がエンパイアビル点灯


2016年12月13日 15:28 発信地:ニューヨーク/米国




ユニセフ創設70周年、D・ベッカム氏がエンパイアビル点灯ユニセフ創設70周年を祝う親善大使のデビット・ベッカム氏(2016年12月12日撮影)。(c)AFP/Eduardo Munoz Alvarez




【⒓月13日 AFP】国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)創設70周年を祝い、米ニューヨーク(New York)のエンパイアステートビル(Empire State Building)が12日、特別色に点灯された。点灯のスイッチを入れたのは親善大使のデビット・ベッカム(David Beckham)氏。(c)AFP


世界の山岳氷河、融解は地球温暖化が原因 研究


2016年12月13日 11:36 発信地:マイアミ/米国




世界の山岳氷河、融解は地球温暖化が原因 研究南極のテイラー氷河(2016年11月11日撮影、資料写真)。(c)AFP/Mark RALSTON




【12月13日 AFP】20世紀に全世界の山岳氷河の融解が進んだのは、地球温暖化が原因であるとする研究論文が12日、発表された。


  氷河をめぐってはこれまで、気候変動による影響の表れ方が緩慢で、年間の気象の変化の影響を受けやすいことから、その融解の原因がすべて気候変動にあるかどうかをめぐって科学界で論争となっていた。

 英科学誌「ネイチャー・ジオサイエンス(Nature Geoscience)」に発表された最新の研究では、世界37か所の山岳氷河を統計的技術を用いて分析した。


 その結果、対象となった山岳氷河の大半では、気候変動が原因で融解している確率が99%以上に上ったと研究論文は述べている。このことはつまり、20世紀中の氷河融解をめぐる因果関係について、研究チームは「ほぼ確信」していることになる。


 米ワシントン大学(University of Washington)の研究者らによる今回の研究成果は、米サンフランシスコ(San Francisco)で開催の米国地球物理学連合(American Geophysical Union)の年次秋期総会で発表された。


 研究者らは、例を挙げて融解事象を説明した。オーストラリアの氷河「Hintereisferner Glacier」については、1880年以降2.8キロ後退しており、気候変動が原因である可能性が極めて高いと述べ、自然変動である可能性は0.001%あるいは10万分の1にとどまるとした。


 またニュージーランドの有名なフランツ・ジョセフ氷河(Franz Josef Glacier)については、過去130年間で計3.2キロメートル後退した原因が自然変動である可能性は1%未満とした。


 一方で、地球温暖化が原因の可能性が低いと考えられる氷河としては、米北西部ワシントン(Washington)州のサウスカスケード氷河(South Cascade Glacier)やスウェーデン北部の「Rabots Glacier」などが挙げられた。


 これらの氷河では、気象の変化による自然変動が後退の原因とされる可能性が6~11%だった。(c)AFP


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言


神奈川)通学路での安全、重点に 年末の事故防止運動が始まる


年末の交通事故防止運動が12日、県下54署で一斉に始まりました。20日まで。横浜市港南区で10月末、軽トラックが登校中の児童の列に突っ込み、小1の男児(6)が死亡した事故を受け、「通学路での交通安全」が重点対策に盛り込まれました。


 事故に遭った児童が通う市立桜岡小学校前ではこの日朝に、青山利史・港南署長らが安全運転を呼びかけるチラシを配布した。参加した港南交通安全協会の吉岡彬さん(79)は「誰も被害者・加害者にならないようにという気持ちで配りました」と話した。港南署は期間中、警察官らが区内21の市立小学校の通学路に順番に立って活動します。


 事故を受け、県警交通規制課は現場の車の交通量を減らす対策を検討。午前7時半から1時間、現場近くの交差点の進行方向を制限する案を住民に示して、調整しています。同課の担当者は、「新学期が始まるまでには決めたい」と話します。


横浜市は、市内の通学路の整備費用として1億円を計上した補正予算案を市議会に提出。必要に応じて路側帯を塗り直したり、ガードレールを設置したりすることにしています。


*上記は朝日新聞デジタル版から引用しました。


*ここのところ、中高年の交通事故が多いので、安全運転と安全確認を怠らないようにしましょう。









ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最新のチャーミングなデザイ... | トップ | 12月13日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL