成熟した綺麗さと、心身とものおもてなしは、最高の容姿端麗な姿に変身して、夢から現実の世界が生まれる

素敵で素晴らしい生活は、夢が現実になって、凄いパワーが身について、最高の世界と、力と富と得て慕われます。

「はっけよい、オギャー」、団体障害物競争、仏リヨンの、「女帝」、北朝鮮は、韓国新大統領、地下墓地で

2017-05-14 15:56:25 | 健康

「はっけよい、オギャー」 赤ちゃん泣き相撲大会 神奈川


2017年05月14日 15:16 発信地:神奈川




「はっけよい、オギャー」 赤ちゃん泣き相撲大会 神奈川神奈川県の亀ヶ池八幡宮で開催された「一心泣き相撲」(2017年5月14日撮影)。(c)AFP/Toru YAMANAKA




【5月14日 AFP】神奈川県相模原市の亀ヶ池八幡宮(Kamegaike-Hachiman Shrine)で14日、毎年恒例の「一心泣き相撲」が行われ、化粧まわしをつけた赤ちゃん約150人が泣き声を競った。神前で赤ちゃんを元気に泣かせて、健やかな成長を祈願する行事。(c)AFP


団体障害物競争「リージョン・ラン」、ローマで開催


2017年05月14日 14:31 発信地:ローマ/イタリア




団体障害物競争「リージョン・ラン」、ローマで開催伊ローマで開催された団体障害物競争「リージョン・ラン」の参加者(2017年5月13日撮影)。(c)AFP/Andreas SOLARO



【5月14日 AFP】イタリアの首都ローマ(Rome)で13日、チーム対抗の障害物競走「リージョン・ラン(Legion Run)」が行われ、参加チームは泥や氷、有刺鉄線などの障害が設けられた5キロのコースにチームワークで挑んだ。(c)AFP


仏リヨンの美術館で19世紀の王冠盗まれる、1億円超の価値


2017年05月14日 14:13 発信地:リヨン/フランス




仏リヨンの美術館で19世紀の王冠盗まれる、1億円超の価値仏リヨンのフルビエール美術館で、展示物の古美術品を鑑賞する女性(2014年3月20日撮影、資料写真)。(c)AFP/PHILIPPE DESMAZES



【5月14日 AFP】フランス中部リヨン(Lyon)の美術館から1800個近くもの宝石がちりばめられた19世紀の王冠が盗まれた。被害に遭ったフルビエール美術館(Museum of Fourviere)が13日、明らかにした。


 同美術館によると、窃盗犯らは12日深夜から翌未明にかけて「高度なセキュリティーシステム」の突破に成功し、館内に侵入。最も重要な展示品である聖マリアの王冠「クラウン・オブ・ザ・バージン(Crown of the Virgin)」や指輪、杯を奪って逃走した。


 盗まれた王冠は1899年に作られたもの。当時のリヨンの富豪らが寄贈した宝石と真珠1791個が施されており、その価値は100万ユーロ(約1億2000万円)以上とされる。美術館によれば、冠の宝石については昨年に研究チームが労苦を惜しんですべて記録をとっており、これが捜査の助けになると期待される。(c)AFP


「女帝」マリア・テレジア生誕300年、オーストリアで祝賀行事


2017年05月14日 14:01 発信地:ウィーン/オーストリア




「女帝」マリア・テレジア生誕300年、オーストリアで祝賀行事オーストリアの首都ウィーンで行われた、マリア・テレジアの生誕300年を祝う時代劇(2017年5月11日撮影)。(c)AFP/JOE KLAMAR



【5月14日 AFP】オーストリアでは13日、マリア・テレジア(Maria Theresa)の生誕300年を祝い、人々がコンサートやシャンパンでハプスブルク(Habsburg)家唯一の「女帝」に敬意を表した。


 マリア・テレジアが君臨した1740年からの40年間は、行政と教育が発展した時代とされる。一方で彼女は領土支配を強化し、「国母」と呼ばれた。


 13日は首都ウィーン(Vienna)の博物館でさまざまな催しが行われるなど、オーストリア全土が祝福の雰囲気に包まれた。(c)AFP


北朝鮮は「明白な脅威」=国際金融から排除も-米


2017年05月14日 13:27 発信地:北朝鮮




北朝鮮は「明白な脅威」=国際金融から排除も-米



【5月14日 時事通信社】スパイサー米大統領報道官は13日、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けて声明を出し、北朝鮮への制裁強化の実施を全ての国に呼び掛けた。また、「北朝鮮はあまりにも長きにわたって、極めて明白な脅威となっている」と非難し、米国は日本や韓国など同盟国と共にあると強調した。


 声明は、トランプ政権が当面、制裁や外交を駆使して北朝鮮を封じ込める戦略を続ける方針を示したものだ。ロイター通信によると、米財務省高官は、国際金融システムから北朝鮮を排除する「あらゆる手段」を検討していると明らかにした。


 トランプ大統領は北朝鮮のミサイル発射に関して報告を受けた際、ミサイルの落下地点が日本よりロシアに近いことから、ロシアが快く思っているとは想像できないと述べたという。


 トランプ氏は、北朝鮮が核放棄を決断するなど「条件が整えば」、金正恩朝鮮労働党委員長と会談すると表明している。ただ、そうした情勢が整うのは難しいとみており、26、27両日にイタリアで開催される先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)の場でも対北朝鮮包囲網の徹底を図る考えだ。(c)時事通信社


韓国新大統領、北朝鮮ミサイル発射を強く非難


2017年05月14日 13:05 発信地:ソウル/韓国




韓国新大統領、北朝鮮ミサイル発射を強く非難韓国ソウルの青瓦台(韓国大統領府)で緊急の国家安全保障会議に出席する文在寅新大統領(2017年5月14日撮影)。(c)AFP/YONHAP




【5月14日 AFP】北朝鮮は14日、弾道ミサイルを発射した。北朝鮮との対話路線を掲げる韓国の文在寅(ムン・ジェイン、Moon Jae-In)新大統領の出方を試す行為とみられる。


 韓国軍合同参謀本部によると、ミサイルは約700キロ飛行し、日本海に落ちたという。米太平洋軍(US Pacific Command)は、大陸間弾道ミサイルではないようだとの見方を示した。


 10日に就任したばかりの韓国の文大統領は緊急の国家安全保障会議を開いた後、ミサイル発射を「無謀な挑発」と非難。大統領報道官によると、文氏は「朝鮮半島と国際社会の平和と安全に対する重大な挑戦だ」として、韓国政府は強く非難すると述べたという。(c)AFP


地下墓地でミイラ17体見つかる、エジプト中部では「前代未聞」


2017年05月14日 12:46 発信地:トゥーナ・エル・ゲベル/エジプト




地下墓地でミイラ17体見つかる、エジプト中部では「前代未聞」エジプト中部ミニア県トゥーナ・エル・ゲベルの地下墓地で見つかったミイラを指し示すハレド・イナニ・エズ考古相(2017年5月13日撮影)。(c)AFP/KHALED DESOUKI




【5月14日 AFP】エジプト中部ミニア(Minya)県の砂漠地帯で地下墓地からミイラ17体が見つかった。エジプト考古省が13日に発表した。首都カイロ(Cairo)南方の同地においては「前代未聞」の発見だという。


  考古省の発表によると、ミニア県トゥーナ・エル・ゲベル(Touna-Gabal)地域でエジプトの考古学チームが地下墓地内の通路を奥へと進んでいったところ、複数の回廊に横たえられていたミイラ、計17体を発見した。これらのミイラは王家のものではないという。この他に金板1枚、古代エジプトの民衆文字「デモティック」が書かれたパピルス2枚、石灰岩や粘土製の石棺が多数に動物や鳥のひつぎなども見つかっている。

 ミイラの年代はまだ特定できていないが、考古省は、アレクサンダー大王(Alexander the Great)に征服される紀元前332年までのエジプト王朝末期の300年間に属するものとしている。また、同省報道官がAFPに語ったところによると、アレクサンダー大王の部将だったプトレマイオス(Ptolemy)が後継として築いたプトレマイオス朝(Ptolemaic Dynasty)のものである可能性もあるという。


 エジプト当局者らは、同地で王家に属さない民間人のミイラが見つかったのは今回が初めであり、発見は前代未聞だと評した。


 エジプトの専門家も、発掘現場近くで開かれた記者会見で「これほど多くのミイラが埋葬された共同墓地が発見されたのは、エジプト中部では初めてだ」と述べ、同地では今後も多くのミイラがみつかる可能性があると付け加えた。


 エジプトでは今年4月にも南部ルクソール(Luxor)で3500年前の墓から王族のミイラ8体が見つかっている。(c)AFP/Haitham El-Tabei


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言


神奈川)江島神社の「ゆいぼたん」、良縁を願うお守り


神社のお守り、数々あれど、大小のボタンが赤い糸で結ばれた、かわいくて端正な形が目を引く。名前は「ゆいぼたん」。江島神社(藤沢市)に置かれた良縁祈願のお守りです。


 ボタンは南太平洋でとれた最高級の白蝶(しろちょう)貝を使います。買い求めるのは20~30代の女性が多いといいます。このお守りがきっかけで、「運命のひと」と結ばれた人のためには、二つのボタンが赤いひもでがっちり縛られた別の種類があります。


 天然貝や金属などの高級ボタンを扱う専門店「タカシマ」(東京・浅草橋)が3年ほど前に企画。都内や兵庫県などの神社に納め、江島神社には1月から置かれている。奈良県の貝ボタン職人らによる手作りで、「海が近い湘南に貝のお守りはぴったり」と同店。


*上記は朝日新聞デジタル版から引用しました。


*良縁が来ない方には、この「ゆいぼたん」で良縁を射止めて下さい。吉報を待っています。













ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学研グループ初!教育のスペ... | トップ | 5月14日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL