建前と本音を使い分けても、真実を語るには勇気がいるもの、使いたいもの、欲しいもの、挙げたいもの、嬉しいものはここにある!

素敵で素晴らしく明るい生活は、夢が現実になり、凄いパワーが身につけば、人生一度の賢い生活が訪れて、最高の幸せになれる。

米政府「朝鮮半島へ向かった」、米NYのビルに、面談日程、奇妙な二枚貝、俳優アーロン・クォックさん結婚

2017-04-20 18:46:30 | 健康

米政府、「朝鮮半島へ向かった」米空母の情報混乱で釈明


2017年04月20日 17:54 発信地:ワシントンD.C./米国




米政府、「朝鮮半島へ向かった」米空母の情報混乱で釈明南シナ海を航行中の米原子力空母カール・ビンソン(2017年3月2日撮影)。(c)AFP/US NAVY/MC3 BRENTON POYSER




【4月20日 AFP】北朝鮮情勢の緊迫下を受けて先週中に朝鮮半島(Korean Peninsula)に向かったとされていた原子力空母カール・ビンソン(USS Carl Vinson)を中心とする空母打撃群が、実際は正反対のオーストラリア沖に展開していたことを受け、ドナルド・トランプ(Donald Trump)政権が釈明に追われている。


 米海軍は8日、北朝鮮を抑止するための「慎重を期した措置」として、空母打撃群に「北への航行」を指示したことを確認。トランプ大統領も、「艦隊を送り込んでいる。とても強力だ」と述べていた。ところが米海軍は18日、空母打撃群が豪海軍との合同演習のためオーストラリアに向かったことを認め、国防総省の当局者もカール・ビンソンが朝鮮半島沖に到着するのは早くて来週との見方を示した。


 この情報の食い違いについて、意思疎通ができておらず危険だと批判する声が出ている。米国は大言壮語で脅しをかけてくるが行動は伴っていないという北朝鮮の主張を助長するだけだというのだ。


 ただでさえホワイトハウス(White House)は、トランプ大統領の発言の数々をめぐる信ぴょう性の問題に直面している。


 ショーン・スパイサー(Sean Spicer)米大統領報道官は19日、情報の混乱について「大統領は、艦隊が朝鮮半島に向かっていると言った。これは事実だ。実際に起きたことだ。むしろ、今起こっていることだ」と釈明した。


 一方、サウジアラビアを訪問中のジェームズ・マティス(James Mattis)国防長官は記者団に対し、国防総省はカール・ビンソンの航行海域について情報公開に努めてきたと強調。「通常は艦隊の航行ルートを事前に公開することはないが、駆け引きはしたくなかった」「いつ目的地に着き、実際どこに展開するのかは私が決めるが、カール・ビンソンは北西太平洋の米同盟国を確実に援護する一助となる」などと述べた。(c)AFP/Thomas WATKINS


米NYのビルにアイコニックなファッション写真


2017年04月20日 17:48 発信地:ニューヨーク/米国




米NYのビルにアイコニックなファッション写真米ニューヨークで、ファッション誌「ハーパーズ バザー」の創刊150周年を記念してこれまで誌面に登場した画像が投影されたエンパイアステートビル(2017年4月19日撮影)。(c)AFP/KENA BETANCUR



【4月20日 AFP】米ニューヨーク(New York)で19日、ファッション誌「ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)」の創刊150周年を記念するイベントとして、これまで誌面に登場した象徴的なファッション写真や文化的瞬間を捉えた画像がエンパイアステートビル(Empire State Building)に投影された。


 ビルには歌手のリアーナ(Rihanna)さんらの画像が映し出され、その模様はハーパース・バザーのフェイスブック(Facebook)のページでもライブ配信された。(c)AFP


面談日程、まだ決まらず=長嶺大使と韓国大統領代行


2017年04月20日 16:18 発信地:日本




面談日程、まだ決まらず=長嶺大使と韓国大統領代行



【4月20日 時事通信社】韓国外務省報道官は20日の記者会見で、長嶺安政駐韓大使が黄教安大統領代行(首相)との面談を申請していることについて「私が知る限りでは、まだ(面談の)日程は入っていない」と述べた。


 釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が設置された問題で、森本康敬釜山総領事は19日、管轄自治体の釜山市東区の朴三碩区長に会い、像の撤去を求めた。聯合ニュースによると、これに対し、朴区長は5月9日の大統領選を受けて発足する次期政権に判断を委ねる考えを示した。


 長嶺大使と黄大統領代行の面談調整難航で、次期政権発足前の事態の打開は難しくなってきた。(c)時事通信社


奇妙な二枚貝「エントツガイ」の謎に初めて迫る 論文


2017年04月20日 15:41 発信地:マニラ/フィリピン




奇妙な二枚貝「エントツガイ」の謎に初めて迫る 論文殻を取り除いたエントツガイ。フィリピン・マニラで(2017年4月19日公開)。(c)AFP/Marvin ALTAMIA




【4月20日 AFP】フィリピン南部の沖合で、エントツガイ(学名:Kuphus Polythalamia)と呼ばれる非常に珍しい生物が捕獲され、この巨大な黒色の生物の生態を解明したとの研究結果が今週発行された米科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載された。この論文によると、研究者らが生きているエントツガイを調査したのは今回が初めてだという。


  エントツガイはフナクイムシ科の二枚貝の仲間で、もろく牙のような殻を持ち、海底の泥などの堆積物の中に生息している。バクテリアが分泌した残存物のみを栄養にして生きているとみられ、場合によっては全長155センチ前後まで成長する。

 分析を行った研究者らによると、エントツガイには消化器官はあったものの、その器官が萎縮し、もはや機能していないようだという。代わりにエントツガイはえらに共生しているバクテリアに依存し、このバクテリアが海底の堆積物の中の硫化水素をエネルギー源とし、炭素の痕跡を放出しているとみられている。


 フィリピンの海洋生物学者ジュリー・アルバノ(Julie Albano)氏によると、今回エントツガイが見つかったのは南部スルタンクダラット(Sultan Kudarat)州沿岸の町カラマンシグ(Kalamansig)の沖合。


 アルバノ氏によると、エントツガイは国外の海洋学者には未知の存在だが、地元の人々にはなじみの深い生き物で、食用にもされている。味は「タコのようで、地元では性欲促進作用があるとされている」と語った。(c)AFP


俳優アーロン・クォックさん結婚=香港


2017年04月20日 14:18 発信地:中国




俳優アーロン・クォックさん結婚=香港



【4月20日 時事通信社】香港の人気俳優・歌手のアーロン・クォック(郭富城)さん(51)が18日、香港の高級ホテルで結婚式を挙げた。お相手は22歳年下の中国人モデル、方媛さん(29)。地元メディアが伝えた。


 2人は昨年12月に婚約。結婚式には双方の家族や友人ら100人以上が参加した。報道陣には公開されなかった。


 クォックさんは映画「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」などに出演。アンディ・ラウさん、レオン・ライさん、ジャッキー・チュンさんと並び、香港芸能界の「四天王」と呼ばれる。


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言はお休みです。









ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自慢のバストと憧れのクビレ... | トップ | 4月20日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL