成熟した身心は 若さを磨けば 豊かな人生と美しさが芽生えてくる

快適な健康生活は心のゆとりから生まれます。毎日を明るく笑いのある快適な生活は 神秘で壮大な夢の実現に生まれ変われる。

イエメン沖で、口論が銃撃に、高さ28メートルからクリフダイビング、北朝鮮、マルケスが3度目の年間制覇

2016-10-16 16:33:22 | 健康

イエメン沖で米軍艦3隻にミサイル攻撃か、被害はなし


2016年10月16日 16:16 発信地:ワシントンD.C./米国




イエメン沖で米軍艦3隻にミサイル攻撃か、被害はなし哨戒艇2隻と共に陣形訓練を行うミサイル駆逐艦メイソン(手前)。米海軍が公開(2016年9月10日撮影、資料写真)。(c)AFP/Navy Visual News Service (NVNS) / Mass Communications Specialist 3



【10月16日 AFP】(更新)米軍は15日、紅海(Red Sea)のイエメン沖で同軍の艦船3隻が同艦船に向けて発射されたとみられるミサイル数発を検知したと明らかにした。いずれも命中はせず死傷者などは出ていないという。イエメン沖では米軍とイエメンの反政府武装勢力「フーシ派(Huthi)」との間で緊張が高まっている。


 当局は先に、グリニッジ標準時(GMT)15日午後7時半(日本時間16日午前4時半)ごろに紅海で、ミサイル駆逐艦メイソン(USS Mason)、駆逐艦ニッツェ(USS Nitze)、輸送揚陸艦ポンス(USS Ponce)に対し、何発かは不明だが、ミサイルの発射があったと述べていたが、後にこの発言を撤回した。


 米国防当局者は匿名を条件に「紅海の国際水域を移動していた米艦隊は、自身たちに向けられたミサイルとみられる脅威を検知し、適切な対抗手段を取った」と話しさらに、「この件に関して事後評価を実施中だ。現場海域に展開する米軍艦および艦船に被害は出ていない」と述べた。


 ある米軍関係者は、イエメン沖の国際水域を航行していた駆逐艦メイソンが、詳細は不明だが発射されたミサイルへに対抗手段を取ったと語っている。(c)AFP


口論が銃撃に発展、3人死亡 十数人負傷 米ロサンゼルス


2016年10月16日 13:47 発信地:ロサンゼルス/米国




口論が銃撃に発展、3人死亡 十数人負傷 米ロサンゼルス米ロサンゼルスで、3人が死亡する銃撃事件があった期間限定のレストランで現場検証する警察官ら(2016年10月15日撮影)。(c)AFP/Mark RALSTON




【10月16日 AFP】米ロサンゼルス(Los Angeles)の警察当局は15日、レストランで起きた口論が銃撃に発展し、3人が死亡、少なくとも十数人が負傷したと発表した。


  地元警察によると、事件があったのはロサンゼルス南西部のウェストアダムズ(West Adams)にある住宅で、一時的にレストランとして開放されていた。銃撃が起きた当時、現場には50人ほどがいたという。警察はこれまでに1人を逮捕し、1人の行方を追っている。

 現場ではグリニッジ標準時(GMT)15日午後7時(日本時間16日午前4時)ごろも建物内には遺体が残ったままで、警察による検証が行われている。動機や詳しい状況は分かっていない。


 事件を受け、エリック・ガルセッティ(Eric Garcetti)ロサンゼルス市長は「今朝、ロサンゼルスはウェストアダムズで起きた恐ろしい銃撃事件で目覚めることとなった。この事件は、われわれの街や全米に多くの苦しみと悲しみをもたらす無分別な銃暴力のまん延の、最新の一例だ」とのコメントを発表した。(c)AFP


高さ28メートルからクリフダイビング、和歌山県白浜町で世界大会


2016年10月16日 09:27 発信地:白浜/和歌山




高さ28メートルからクリフダイビング、和歌山県白浜町で世界大会和歌山県白浜町の三段壁で開催されたクリフダイビングの世界大会「レッドブル・クリフ・ダイビング・ワールド・シリーズ」第8戦で、28メートルの飛び込み台から飛び込む米国のアンディ・ジョーンズ(2016年10月15日撮影)。(c)AFP/RED BULL/DEAN TREML




【10月16日 AFP】和歌山県白浜町の三段壁で15日、クリフダイビングの世界大会「レッドブル・クリフ・ダイビング・ワールド・シリーズ(Red Bull Cliff Diving World Series)」の第8戦1日目が開催された。(c)AFP


北朝鮮、ミサイル発射に失敗=演習けん制、「ムスダン」か-国連で提起へ・米


2016年10月16日 09:08 発信地:ワシントンD.C./米国




北朝鮮、ミサイル発射に失敗=演習けん制、「ムスダン」か-国連で提起へ・米北朝鮮・平壌で、故金日成(キム・イルソン)主席生誕100年を記念して行われた軍事パレードに参加したムスダン級ミサイル(2012年4月15日撮影、資料写真)。(c)AFP/Ed Jones



【10月16日 時事通信社】米戦略軍は15日、北朝鮮が日本時間同日午後0時半ごろ、北西部の亀城近郊でミサイルを発射したが、失敗したと発表した。中距離弾道ミサイル「ムスダン」とみられる。


 米国防総省当局者は声明で「今回や最近のミサイル発射は国連安全保障理事会の決議に違反しており、強く非難する」と強調。さらに「われわれの懸念を国連で提起するつもりだ」と述べた。


 韓国軍合同参謀本部当局者も16日、発射失敗を確認、「韓米間で緊密に情報を共有し、発射に失敗したミサイルはムスダンと推定されると最終的に共同で評価した」と述べた。聯合ニュースによると、発射直後に空中爆発したという。


 米韓両軍は、朝鮮労働党の創建記念日に当たる10日に大規模な海上合同演習を開始し、15日まで実施した。ムスダン発射は、これをけん制する狙いがあるとみられる。


 北朝鮮の動向をめぐっては当初、党創建記念日に合わせて核実験やミサイル発射に踏み切るとの観測も浮上していた。当日の挑発はなかったが、朝鮮労働党機関紙・労働新聞は15日、演習を非難し、「米国とかいらい(韓国)が先制攻撃の動きを少しでも見せれば、軍事的対応を取る」と警告していた。


 ムスダンは射程2500~4000キロで、日本全域に加え、米領グアムまでを圏内に収める。北朝鮮は4月15日以降、発射実験で失敗を繰り返していたが、6月22日に発射した2発のうち1発は高度1000キロに到達し、400キロを飛行して日本海に落下。一定の能力を誇示していた。


 米国は、北朝鮮による挑発が相次いだことを受け、来年に予定される地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の在韓米軍配備の前倒しを検討。米韓は19日にワシントンで開く外務・国防閣僚協議(2プラス2)や20日の定例安保協議(SMC)で、前倒しや対北朝鮮制裁などについて協議するとみられる。(c)時事通信社


マルケスが3度目の年間制覇、もてぎ初優勝を快挙で彩る 日本GP


2016年10月16日 16:23 発信地:栃木




マルケスが3度目の年間制覇、もてぎ初優勝を快挙で彩る 日本GP世界ロードレース選手権第15戦日本GP、MotoGPクラス決勝。チームスタッフと一緒に優勝を喜ぶレプソル・ホンダのマルク・マルケス(2016年10月16日撮影)。(c)AFP/Toshifumi KITAMURA







【10月16日 AFP】世界ロードレース選手権(WGP 2016)第15戦日本GPは16日、ツインリンクもてぎ(Twin Ring Motegi)でMotoGPクラス決勝が行われ、大会を制したレプソル・ホンダ(Repsol Honda)のマルク・マルケス(Marc Marquez、スペイン)が自身3度目となる年間優勝を決めた。23歳でMotoGPクラスの年間タイトルを3回獲得するのは、史上最年少の記録となる。



  マルケスはホンダのホームサーキットであるツインリンクもてぎで同クラス初優勝。年間優勝争いのライバルであるモビスター・ヤマハ(Movistar Yamaha)のバレンティーノ・ロッシ(Valentino Rossi、イタリア)とホルヘ・ロレンソ(Jorge Lorenzo、スペイン)が転倒リタイアに終わったため、年間チャンピオンも確定させた。


 2位にはドゥカティ(Ducati Team)のアンドレア・ドビツィオーソ(Andrea Dovizioso、イタリア)、3位にはチーム・スズキ・エクスター(Team SUZUKI ECSTAR)のマーベリック・ビニャーレス(Maverick Vinales、スペイン)が入った。(c)AFP


*上記はAFPBB NEWSの記事から引用しました。


*今日の一言


神奈川)朝日俳壇掲載「句と挿絵」展 鎌倉で17日から開催。


朝日新聞の「朝日俳壇」に掲載された句に挿絵をつけた作品の展示会「俳句と挿絵の掌(てのひら)のマリアージュ」が、17日から鎌倉芸術館(鎌倉市大船6丁目)で開かれます。同俳壇への投句暦22年を誇る埼玉県三郷市の岡崎正宏さん(69)の掲載作から厳選した70句に福島県・川内村の画家・陶芸家の志賀敏広さん(68)が句に合った絵を描きました。


 岡崎さんは22年間の投稿で掲載作160点以上で。毎週5千~6千点ほどの応募がある中に、掲載されるのは40点に過ぎない「狭き門」の入選常連だ。2011年には前年の最優秀句の朝日俳壇賞(長谷川櫂選)を受賞しています。


 「美しきこの惑星に原爆忌」といった社会性のあるものや、「武蔵野やたんぽぽほどの暮しにて」といった自然に人生を重ねて、「命と命の交流」を前向きに描く作品を心がけているといいます。


 友人の志賀さんの提案で「二人展」を企画。東日本大震災による福島原発事故で鎌倉に避難するなどしていた志賀さんの縁で同芸術館で開催することになりました。「鎌倉という歴史ある町で作品展を開くことが出来るのは本当に光栄」と岡崎さん。普通、俳書展の作品は墨を使って書くが「より親しみやすく」とペン字にしたのも新しい試みです。


*上記は朝日新聞デジタル版から引用しました。


*近郊で興味のある人は、ぜひ出かけて心を癒して下さい。







ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年酉年年賀状印刷申し込... | トップ | 10月16日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL