建前と本音を使い分けても、真実を語るには勇気がいるもの、使いたいもの、欲しいもの、挙げたいもの、嬉しいものはここにある!

素敵で素晴らしく明るい生活は、夢が現実になり、凄いパワーが身につけば、人生一度の賢い生活が訪れて、最高の幸せになれる。

子ども「乱入」、息子DNAで確認、5月9日に大統領選、ダウン症のセガールさん、機内でヘッドホンが発火

2017-03-15 18:41:07 | 健康

子ども「乱入」で一躍有名人の教授、「妻はメダル級の活躍」


2017年03月15日 18:25 発信地:ソウル/韓国




子ども「乱入」で一躍有名人の教授、「妻はメダル級の活躍」韓国の釜山大学でAFPとのインタビューに臨む、ロバート・ケリー教授(右)と妻のキム・ジュンアさん、および夫妻の2人の子どもたち(2017年3月15日撮影)。(c)AFP/Yelim LEE




【3月15日 AFP】自宅の部屋で生中継のインタビューを受けていたところ、子ども達が部屋に「乱入」し妻の女性が連れ戻すというハプニングで一躍有名人となった韓国の大学の教授が14日、BBCの取材に対し、自身と子ども達を世話する妻について「メダル級の活躍をしている」と感謝の言葉を述べた。


  10日に行われたインタビューでは、東アジア外交の専門家である釜山大学(Pusan National University)のロバート・ケリー(Robert Kelly)教授が自宅でBBCの識見を披露する最中、娘が踊りながら部屋に入り、さらに幼児用の歩行器に乗った弟も部屋に進入した。

 すると、ケリー氏のインタビューをテレビで見ていた妻のキム・ジュンア(Kim Jung-A)さんが居間からすぐに駆けつけ、慌てた様子で子ども達を連れ出してドアを閉めた。


 その一方、この動画を見た国外のインターネットユーザーの一部は、キムさんを世話係と思い込んで書き込みをしたことで、韓国内では差別との非難の声も上がった。


 韓国の主要メディアは、こうした書き込みは白人の男性と一緒にいるアジア人の女性に対する偏見だと指摘。ソウル放送(SBS)は「白人中心主義の人種差別」と言及している。


 14日に夫のケリー氏とともにBBCのインタビューに応じたキムさんは差別的な書き込みを受け流し、視聴者に対しもっと軽い気持ちで受け取るよう促した。


 キムさんは「議論せず楽しんで観てほしい。私は乳母ではないというのが本当のところです」と述べた。


 また、BBCの視聴者の一人が、キムさんの先日の振る舞いは温泉旅行に連れて行くのに値するとコメントしたことについて、ケリー氏は「われわれの世話をしてくれる私の妻はメダル級の活躍をしている」と述べた。(c)AFP


息子DNAで確認=正男氏の身元-マレーシア副首相


2017年03月15日 18:13 発信地:マレーシア




息子DNAで確認=正男氏の身元-マレーシア副首相



【3月15日 時事通信社】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏殺害事件で、マレーシアのザヒド副首相は15日、正男氏の身元確認は息子のDNAサンプルで行ったと述べた。ロイター通信などが伝えた。


 AFP通信によると、副首相は「彼の子供から提供されたサンプルを根拠に、正男氏の遺体の身元は確認された」と述べた。マレーシア警察のカリド長官は10日、遺体の身元を正男氏と確認したと語っていた。ただ、確認方法などの詳細については「証人の安全」を理由に言及を避けていた。(c)時事通信社


5月9日に大統領選=黄首相は不出馬-選挙運動本格化・韓国


2017年03月15日 16:59 発信地:韓国




5月9日に大統領選=黄首相は不出馬-選挙運動本格化・韓国



【3月15日 時事通信社】韓国の朴槿恵前大統領の罷免に伴い行われる第19代大統領選挙について、韓国政府は15日の臨時閣議で、投開票日を5月9日に決定した。当日は臨時公休日とする。また、大統領代行を務める黄教安首相(59)は閣議冒頭、大統領選への不出馬を表明した。投開票日が確定したことで、今後、与野党各党の公認候補選びなど選挙運動が本格化する。


 韓国憲法や公職選挙法によると、大統領選挙は罷免決定の翌日から60日以内に実施する必要がある。各党は既に、公認候補を選ぶ予備選に向けた討論会など選挙活動を始動。黄氏の不出馬で、保守系の有力候補が不在となる中、各候補による保守層の支持取り込みが激しくなることが予想される。


 黄首相は閣議で大統領選出馬を望む声があると指摘しつつ、「国政安定と公正な選挙管理のため、私が出馬することは適切ではないと判断した」と表明した。黄氏の出馬には、朴氏に近い議員が多い与党・自由韓国党(旧セヌリ党)から待望論が上がっていた。


 韓国ギャラップが10日に公表した支持率調査結果によると、最大野党「共に民主党」の文在寅前代表(64)が32%とトップを走り、2番手は忠清南道知事で共に民主党所属の安熙正氏(51)が17%で続いた。黄氏は第2野党「国民の党」の安哲秀前共同代表(55)と並ぶ9%の支持で3位につけていた。(c)時事通信社


ダウン症のセガールさん、国営テレビで天気予報伝える夢実現 仏


2017年03月15日 16:25 発信地:パリ/フランス




ダウン症のセガールさん、国営テレビで天気予報伝える夢実現 仏仏国営テレビ「フランス2」の番組で天気予報を伝えるメラニー・セガールさん(2017年3月14日撮影)。(c)AFP/FRANCE 2/GIANLUIGI GUERCIA




【3月15日 AFP】ダウン症候群のフランス人女性、メラニー・セガール(Melanie Segard)さん(21)が14日、仏国営テレビ「フランス2(France 2)」の番組で天気予報を伝えてダウン症への理解を求める啓発運動を行う目標を達成し、障害者として新たな境地を開いた。


  セガールさんが有名になったのは、擁護団体「Unapei(知的障害者の親と友人の会)」が「世界ダウン症の日」の3月21日に先立ち、「Melanie peut le faire(メラニーはできる)」と題した啓発運動を開始したのがきっかけだ。

 セガールさんがフェイスブック(Facebook)で、夢は天気予報を伝えることだと表明すると、10日以内に20万の「いいね!」が集まり、ツイッター(Twitter)では数千人がフォローした。フランス2がこの話を聞きつけ、メラニーさんにチャンスが与えられることになった。


 天気予報の放送前に同局は、セリフを練習したり、メーキャップをしたりするセガールさんの姿を紹介。セガールさんがはにかみながらも感激した面持ちで週末の天気の概要を伝え、そつなく放送を終えると、隣に付き添っていた同局の気象予報士アナイス・バイデミル(Anais Baydemir)さんは賛辞を贈り、ツイッターではファンからも「魔法のようなテレビの一コマ」「ブラボー、メラニー、私たちは皆同じ人間」などのコメントが相次いだ。


 セガールさん自身も「終わった。やった。私、ついにお天気ガールになった」とツイートし、「私は(人とは)違っているけれど、できることはたくさんある」と付け加えている。


 世界保健機関(WHO)によると、ダウン症が生まれる確率は1000人におよそ1人の割合だ。


 フランスでは2013年にダウン症の女性(当時19)がニュース専門放送局BFMTVで主要項目を伝える役目を務め、先月は米ニューヨーク(New York)でダウン症のオーストラリア人女性のモデル(20)がファッションショーに参加し、自身のブランドを旗揚げした。(c)AFP


機内でヘッドホンが発火、乗客がやけど 電池が原因か


2017年03月15日 15:02 発信地:シドニー/オーストラリア




機内でヘッドホンが発火、乗客がやけど 電池が原因か旅客機の機内で自身所有のヘッドホンが発火し、顔や手にやけどを負った乗客の女性。豪運輸安全局が公開(2017年2月19日撮影)。(c)AFP/AUSTRALIA TRANSPORT SAFETY BUREAU




【3月15日 AFP】中国の首都北京(Beijing)からオーストラリアのメルボルン(Melbourne)に向かっていた旅客機の機内で、乗客の女性が使っていたヘッドホンが発火し、顔や手にやけどを負う事故が発生した。当局が15日、明らかにし、機内で電池式の機器を使うことへの危険性に注意を促した。


  発火事故が起きたのは先月19日。女性が自身所有のヘッドホンで音楽を聴きながらうとうとしていた時に大きな爆発音がした。

 女性は事故を調査する豪運輸安全局(ATSB)に対し「自分の顔が燃えている感じがした」「手で顔を覆うとヘッドホンが外れて首の辺りに落ちた。それでも燃えている感じがしたため、床に放り投げた」と話している。火花が散り小さな炎も上がったという。


 客室乗務員らが急いで駆けつけ、ヘッドホンに水をかけたが、電池とふたの部分は溶けて床にくっついた。


 公開された写真には顔や首にすすが付き、手の一部も水膨れになっている女性が写っている。機内には、プラスチックが溶け、電子機器や髪の毛が燃えた臭いが充満したが、他の乗客はこれに耐えて目的地に向かわざるを得なかった。


 今回の事故に関し、女性の氏名や航空会社の名前は公表されていない。


 豪運輸安全局は、ヘッドホンに使われていたリチウムイオン電池が発火したとみている。


 同局は「電池を使う商品が増える中、機内で問題が起こる可能性は高まる」と述べ、乗客に対し電池式の機器を持ち込む場合は、使用時を除き許可された場所に保管するよう求めた。また予備の電池は機内持ち込み手荷物に入れるよう呼びかけた。(c)AFP


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言


神奈川)県産米「はるみ」が県内初の「特A」 販売急増中です


 昨年作られた米の食味を確かめた日本穀物検定協会のランキングで、平塚生まれの米「はるみ」が最高評価の「特A」を取得した。県産米では初めてという。2月23日の発表後、販売が急増し、平塚市では完売した農協直売所もあります。


 「はるみ」は、市内にあるJA全農営農・技術センターが1995年から開発に取り組んだ。県内の主力品種キヌヒカリとコシヒカリを交配し、改良を重ねて2014年に品種登録された。センターによると、2品種の優れた特徴を取り込み、「つやと甘みがあり、冷めてもおいしい」という。特Aの評価を受けたのは「県央・湘南・県西」産です。


 JA全農かながわ農産部によると、県内の生産量は14年にわずか約100トンだったが、15年に県の推奨品種になったのを機に作付けが増えた。15年775トン、16年1250トンとなり、今年は3500トンを見込みます。


*上記は朝日新聞デジタル版から引用しました。


*県内での特Aのお米とは最高です。ぜひ購入して味わいたいものです。







ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ・初期工事費無料+現金還元必... | トップ | 3月15日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL