建前と本音を使い分けても、真実を語るには勇気がいるもの、使いたいもの、欲しいもの、挙げたいもの、嬉しいものはここにある!

素敵で素晴らしく明るい生活は、夢が現実になり、凄いパワーが身につけば、人生一度の賢い生活が訪れて、最高の幸せになれる。

北朝鮮ミサイル発射、翼上スタント、シリアの化学兵器使用疑惑、海自が米海軍と、エジプト訪問のローマ法王

2017-04-29 15:53:32 | 健康

北朝鮮ミサイル発射、失敗か=内陸に落下-「中国尊重せず」と非難・米大統領


2017年04月29日 13:02 発信地:韓国




北朝鮮ミサイル発射、失敗か=内陸に落下-「中国尊重せず」と非難・米大統領



【4月29日 時事通信社】韓国軍合同参謀本部などによると、北朝鮮は29日午前5時半ごろ、中部の北倉周辺から弾道ミサイル1発を発射したが、失敗したもようだ。ミサイルは北東に向け発射され、数分間飛行、最高高度は71キロと推定されるという。米韓メディアによると、ミサイルは空中で爆発した。


 北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐり、国連安全保障理事会は28日、閣僚級会合を開催しており、ミサイル発射で、圧力に屈しない姿勢を示そうとした可能性もある。


 米太平洋軍は、弾道ミサイルは北倉飛行場の近郊から発射され、「北朝鮮の領域を出なかった」と発表。米当局者はロイター通信などに、発射されたのは準中距離弾道ミサイル「KN17」ではないかと話した。スパイサー米大統領報道官は「米政府は北朝鮮のミサイル実験を把握しており、大統領は報告を受けた」と述べた。


 菅義偉官房長官も記者会見で、ミサイルは北倉から北東方向に約50キロ飛び、内陸部に落下したと説明。防衛省幹部は「失敗した」との見方を示した。政府は北京の大使館ルートを通じ、北朝鮮に厳重に抗議した。


 トランプ米大統領は28日、ツイッターで、「北朝鮮が中国および習近平国家主席の要求を尊重せずミサイルを発射したが、失敗した。ひどい」と非難した。


 米韓メディアによると、KN17は、スカッドまたはノドン・ミサイルを対艦用に改造した弾道ミサイルとみられる。米軍は、原子力空母カール・ビンソンを朝鮮半島近海に派遣するなど軍事的圧力を強化しており、こうした動きをけん制する狙いもありそうだ。


 北朝鮮は今月5日、16日にも弾道ミサイル1発の発射を試みており、これらも準中距離弾道ミサイルだったと推定されている。25日には軍創建85周年の記念日を迎え、過去最大規模の合同演習を実施。これと前後して核実験やミサイル試射などの挑発に出る可能性が高いとみて、日米韓は警戒を強めていた。(c)時事通信社



翼上スタントやアクロバチック飛行、中国・鄭州エアショー


2017年04月29日 15:29 発信地:鄭州/中国




翼上スタントやアクロバチック飛行、中国・鄭州エアショー中国河南省鄭州で開催中の「2017鄭州エアショー」で、パフォーマンスを披露する飛行チーム(2017年4月28日撮影)。(c)AFP




【4月29日 AFP】中国河南(Henan)省鄭州(Zhengzhou)で、「2017鄭州エアショー(Zhengzhou Airshow)」が開催されている。会場では翼上スタントやアクロバチック飛行などが披露されている。会期は5月1日まで。(c)AFP


シリアの化学兵器使用疑惑、45件を調査中 OPCW


2017年04月29日 14:10 発信地:ハーグ/オランダ



 



シリアの化学兵器使用疑惑、45件を調査中 OPCWシリア北西部イドリブ県の反体制派支配地域にあるハンシャイフンで、化学兵器使用疑惑に対する抗議デモを行う住民たち(2017年4月7日撮影)。(c)AFP/Omar haj kadour



【4月29日 AFP】化学兵器の廃絶を目指して世界的な活動を行っている化学兵器禁止機関(OPCW)のアフメト・ウズムジュ(Ahmet Uzumcu)事務局長は28日、シリアで昨年後半以降に化学兵器が使用された疑いがあるとする45件の報告について現在調査中であることを明らかにした。


 ウズムジュ事務局長によれば、OPCWの事業本部には化学兵器が使用されたとされる報告が大量に寄せられているという。


 ウズムジュ事務局長は記者会見で、OPCWで機密扱いとしている文書の数ページを振りかざしながら、「2016年の下半期に30の個別事例、今年に入ってから15の個別事例、合わせて45件」の報告を受けていると述べた。


 これには、今月4日にシリア北西部イドリブ(Idlib)県の反体制派支配地域にあるハンシャイフン(Khan Sheikhun)で、子ども31人を含む88人が死亡したとされるサリンガス攻撃も含まれている。


 ウズムジュ事務局長は「OPCWに日々届く報告は専門家らが目を通し、こうした疑惑についてはすべて記録している」と述べた。(c)AFP




海自が米海軍と共同訓練、空自のF15戦闘機2機も参加


2017年04月29日 12:31 発信地:洋上




海自が米海軍と共同訓練、空自のF15戦闘機2機も参加フィリピン海を航行する海上自衛隊の護衛艦「さみだれ」、「あしがら」、米海軍のミサイル駆逐艦「ウェイン・E・マイヤー」、「マイケル・マーフィー」、ミサイル巡洋艦「レイク・シャンプレイン」、原子力空母「カール・ビンソン」と航空自衛隊のF15戦闘機2機、米第2空母航空団のFA18スーパーホーネット戦闘攻撃機2機(写真右)。米海軍提供(2017年4月28日撮影)。(c)AFP/US NAVY/Z.A.LANDERS




【4月29日 AFP】海上自衛隊と米海軍は23日から西太平洋(Western Pacific)で共同訓練を行っている。28日には航空自衛隊のF15戦闘機2機も参加した。


 海自からは護衛艦あしがら(JS Ashigara)、さみだれ(JS Samidare)が、米海軍からは原子力空母カール・ビンソン(USS Carl Vinson)、ミサイル駆逐艦ウェイン・E・マイヤー(USS Wayne E. Meyer)、マイケル・マーフィー(USS Michael Murphy)、ミサイル巡洋艦レイク・シャンプレイン (USS Lake Champlain)などが参加している。


 米海軍はインド・アジア太平洋を70年以上にわたってパトロールし、同地域の安寧に貢献している。(c)AFP


エジプト訪問のローマ法王、 宗教間の融和を呼び掛け


2017年04月29日 10:53 発信地:カイロ/エジプト




エジプト訪問のローマ法王、 宗教間の融和を呼び掛けエジプト・カイロで会談したフランシスコ法王(左)とアブデルファタハ・シシ大統領(右、2017年4月28日撮影)。(c)AFP/Andreas SOLARO




【4月29日 AFP】ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王は28日、エジプトの首都カイロ(Cairo)を訪問し、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に襲撃されたキリスト教の一派コプト(Copt)教の教会で融和を呼び掛けた。


 今回フランシスコ法王が訪れた聖ペテロ・聖パウロ教会(Saint Peter and Saint Paul Church)では昨年12月に自爆攻撃があり29人が死亡した。エジプトでは今月9日にも教会2か所が襲撃され、近年のコプト教徒に対する攻撃としては最多の45人が死亡している。


 ISが犯行声明を出した一連の事件を受けカイロには非常事態宣言が発令されており、厳戒態勢が敷かれる中での訪問となった。


 聖ペテロ・聖パウロ教会訪問に先立ち、法王はエジプトのアブデルファタハ・シシ(Abdel Fattah al-Sisi)大統領と、イスラム教スンニ派(Sunni)の最高権威機関アズハル(Al-Azhar)の指導者、アフメド・タイブ(Ahmed al-Tayeb)師と会談。イスラム教とキリスト教の対話を促した。


 イスラム教徒とキリスト教徒に向けた演説で、法王は暴力とポピュリズムを非難した。


 ローマ法王がカイロのアズハル本部でその指導者と会談したのは今回が初めてで、カトリックとイスラム教の関係が改善していることを改めて印象付けた。(c)AFP/Samer Al-Atrush and Catherine Marciano


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。。


*今日の一言


いじめ電話相談開設、ただし午後4時まで 横浜市で発表。


 いじめや学校生活の困りごとはなんでも相談を。ただし午後4時まで――。横浜市教育委員会は28日、「学校生活あんしんダイヤル」を設けると発表した。東京電力福島第一原発事故に伴い、福島県から同市に避難した生徒がいじめを受けた問題で対応が大幅に遅れたために、再発防止策として打ち出した。ただ、電話を受け付けるのは、児童生徒が電話をかけにくい時間帯です。



 原発事故避難者へのいじめ問題では、保護者が学校にいじめについて相談してから、市教委がいじめととらえて調査を開始するまでに1年7カ月もかかりました。


 このため市教委は、いじめを学校に訴えても解決しない時に、学校を経由せずに相談できる窓口を設けることを、3月にまとめた再発防止策に盛り込んだ。


 これを受けて5月9日に、児童生徒、保護者ら向けの電話相談窓口を開設する。学校や医療機関、児童相談所などと連携する福祉専門職のスクールソーシャルワーカー(SSW)が電話を受けます。


 相談を受け付ける時間は、火~金曜日の午前9時~正午と午後1~4時。学校の授業とほぼ重なる時間帯だ。市教委人権教育・児童生徒課の石田登・担当課長は取材に「SSWの勤務時間が午後5時までで、関係機関と調整する時間も取るため午後4時までとした。それ以外の時間は、文部科学省の24時間子供SOSダイヤルなどにも相談できる」としています。


横浜市の学校生活あんしんダイヤルは045・663・1370。退職校長らが電話を受ける「いじめ110番」は0120・671・388(24時間)。文科省の24時間ダイヤルは0120・0・78310。


*上記は朝日新聞デジタル版から引用しました。


*横浜市は福島原発の子供のいじめに対応が遅れたために、始めたのは良いことですよ。






ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10種のスーパーフードを凝縮... | トップ | 今週のJRA競馬の出目は馬連・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL