成熟した身心は 若さを磨けば 豊かな人生と美しさが芽生えてくる

快適な健康生活は心のゆとりから生まれます。毎日を明るく笑いのある快適な生活は 神秘で壮大な夢の実現に生まれ変われる。

代替フロンを段階的使用中止へ、ちょこっと旅気分、ホワイトハウスと、ちょこっと旅気分、エリザベス女王の

2016-10-15 17:44:28 | 健康

代替フロンを段階的使用中止へ、約200か国が合意


2016年10月15日 17:07 発信地:キガリ/ルワンダ




代替フロンを段階的使用中止へ、約200か国が合意ウガンダの首都キガリで開催されたモントリオール議定書の締約国会議で演説する米国のジョン・ケリー国務長官(2016年10月14日撮影)。(c)AFP/CYRIL NDEGEYA




【10月15日 AFP】オゾン層の保護に関する国際協定「モントリオール議定書(Montreal Protocol)」の締約国会議で15日、約200か国の代表が、冷蔵庫やエアコンの冷媒として使用されている温室効果ガス、ハイドロフルオロカーボン(HFC、代替フロン)の使用を段階的に中止することで合意した。



  ルワンダの首都キガリ(Kigali)で開かれた会議の議長を務めた同国のビンセント・ビルタ(Vincent Biruta)天然資源相は「(議定書の)改定案と決議事項が採択された」と述べた。


 採択に先立ち欧州委員会のミゲル・アリアスカニェテ(Miguel Arias Canete)委員(気候行動・エネルギー担当)は「これは気候のための大勝利だ。2015年12月に締結されたパリ協定(Paris Agreement)を履行する上で、具体的な大きな一歩を踏み出した」、「今日私たちが合意した地球規模での段階的廃止によって、今世紀末までに温暖化を最大で半分程度、抑制できる可能性がある」と述べた。


 会議ではインドをはじめとする途上国が、HFC類の段階的廃止の行程表と、移行にかかる資金負担めぐって抵抗し、厳しい交渉が行われた。


 HFC類はオゾン層を破壊していたことが判明した化学物質の代替品として1990年代に導入されたが、後に地球温暖化にとって壊滅的な物質であることが判明した。しかし、HFC類からアンモニア、水、ハイドロフルオロオレフィンと呼ばれるガスなどへの移行は、インドのように夏は酷暑に見舞われる途上国が巨額を負担することになる。


 HFC類以前に使われていたクロロフルオロカーボン(CFC、フロン)類は、太陽の有害な紫外線から地球を守るオゾン層を破壊することが明らかとなり、1987年に採択されたモントリオール議定書で全廃が決定された。


 HFC類は回復傾向にあるオゾン層には無害だが、主要温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の数千倍も温室効果が強い。CO2、メタン、亜酸化窒素と同じ温室効果ガスであるにもかかわらず、パリ協定では規制対象となっておらず、モントリオール議定書で規制されている。(c)AFP


ちょこっと旅気分、ジョージアの歴史的遺産


2016年10月15日 15:46 発信地:トビリシ/ジョージア




ちょこっと旅気分、ジョージアの歴史的遺産ジョージアの首都トビリシから北に約160キロの距離にあり、ロシア国境に近いステパンツミンダ村にある、14世紀建造のゲルゲティ教会(2016年10月4日撮影)。(c)AFP/ KIRILL KUDRYAVTSEV



【10月15日 AFP】ジョージア(旧グルジア)の首都トビリシ(Tbilisi)旧市街や同国の東部地域には、6世紀から14世紀にかけて建てられた教会や要塞(ようさい)などの歴史的建造物が点在しており、風光明媚(めいび)な景色も堪能できる。(c)AFP


ホワイトハウスと気軽にチャット、米政府がボット公開


2016年10月15日 15:05 発信地:ワシントンD.C./米国




ホワイトハウスと気軽にチャット、米政府がボット公開復活祭(イースター)の恒例イベント「イースターエッグロール」の参加者らでにぎわう米首都ワシントンのホワイトハウスの南庭「サウスローン」(2011年4月25日撮影、資料写真)。(c)AFP/MANDEL NGAN



【10月15日 AFP】米交流サイト(SNS)大手フェイスブック(Facebook)のテキストメッセージアプリ「メッセンジャー(Messenger)」でホワイトハウス(White House)と気軽にチャットできるようになった。正確に言うと、チャットの相手を務めるのは14日に公開された「ボット」だ。


 ホワイトハウスはメッセンジャー上で「史上初の政府ボット」とうたったボットを公開し、米政府をAI(人工知能)の時代に突入させた。


 ユーザーがチャットに参加するとボットは「やあ、みんなの声が聞けてうれしいよ。私たちはみんなが考えていることを知るのが楽しみだ」と語りかける。


 ホワイトハウスによると、ユーザーはメッセージを送ることができ、そのうち1日10通はバラク・オバマ(Barack Obama)大統領が自ら目を通すという。


 ホワイトハウスの最高デジタル責任者を務めるジェイソン・ゴールドマン(Jason Goldman)氏によると、他の開発者が利用できるようボットはオープンソースとされ、広く一般公開されるという。


 ゴールドマン氏は「他国の政府や開発者が大幅に安い先行投資で類似のサービスを構築し、その国の市民との間で(米政府がしているのと)同様の関係を育むことを期待して、このホワイトハウスの技術をオープンソースとします」と述べた。(c)AFP


ちょこっと旅気分、中世のたたずまい残るフランスの村


2016年10月15日 12:39 発信地:ブルニケル/フランス




ちょこっと旅気分、中世のたたずまい残るフランスの村フランス南西部ブルニケル村の町並み(2016年9月30日撮影)。(c)AFP/ERIC CABANIS



【10月15日 AFP】フランス南西部ブルニケル(Bruniquel)村の町並み。城、戦争記念碑、教会などが見られる。(c)AFP


エリザベス女王の肖像画公開、本人も鑑賞 赤十字支援60年記念


2016年10月15日 09:10 発信地:ウィンザー/英国




エリザベス女王の肖像画公開、本人も鑑賞 赤十字支援60年記念英ウィンザーのウィンザー城で、英画家のヘンリー・ワード氏が手掛けた自身の肖像画を見るエリザベス女王(2016年10月14日撮影)。(c)AFP/Dominic Lipinski




【10月15日 AFP】英ロンドン(London)の西方に位置するウィンザー(Windsor)のウィンザー城(Windsor Castle)で14日、エリザベス女王(Queen Elizabeth II)の肖像画の公開式典が行われ、女王本人も出席した。


 この肖像画は女王の英赤十字社(British Red Cross)に対する60年にわたる支援を記念して、英画家のヘンリー・ワード(Henry Ward)氏に依頼して制作された。(c)AFP


*上記はAFPBB NEWSの記事から引用しました。


*今日の一言


神奈川)美術館で小田急と秦野市が地域の魅力発信しました。


秦野市小田急電鉄東京都新宿区)は鉄道の日の14日、小田急ロマンスカーの内外装カラーデザインを手がけた画家の名前を冠する秦野市立宮永岳彦記念美術館を活用した連携を始めると発表しました。美術館の魅力向上と地域活性化が狙いという。同日、常設展示室内に小田急関連の展示コーナーを設置しました。



静岡県出身の洋画家・宮永岳彦(1919~87)は、戦後秦野市に移り住み、15年間にわたって創作活動を続けました。57年に登場し、現在のロマンスカーの原型となったSE(3000形)のカラーデザイン、小田急の観光誘客ポスターなども手がけました。


 常設コーナーでは、宮永が描いた昭和20~30年代のポスター12枚のうち4枚を定期的に入れ替えながら展示する。歴代ロマンスカーの写真や模型などもあります。


 宮永岳彦記念美術館は小田急線鶴巻温泉駅から徒歩2分。観覧料は一般300円、高校生以下は無料。月曜日は休館。


*上記は朝日新聞デジタル版から引用しました。


*近郊の人で、美術に関心があれば、ぜひ出かけて魅力を探って下さい。



 










ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風邪やインフルエンザにTVや... | トップ | 今週のJRA競馬の出目の予想・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL