建前と本音を使い分けても、真実を語るには勇気がいるもの、使いたいもの、欲しいもの、挙げたいもの、嬉しいものはここにある!

素敵で素晴らしく明るい生活は、夢が現実になり、凄いパワーが身につけば、人生一度の賢い生活が訪れて、最高の幸せになれる。

インド、独下院、「中国で最も綺麗な氷河」、祖国帰還20周年お祝いムード、英議会に「ファッション革命」

2017-06-30 18:41:53 | 健康

インド、1日に抜本的な税制改革始動=間接税一本化、経済成長を期待


2017年06月30日 17:27 発信地:インド




インド、1日に抜本的な税制改革始動=間接税一本化、経済成長を期待



【6月30日 時事通信社】インド政府は7月1日から、州ごとに税率が異なる各種間接税のほとんどを「物品サービス税(GST)」に一本化して、税率を全国一律とする。「独立以来最大の税制改革」とされ、国内市場の統合が進み、国内総生産(GDP)を最大2%程度押し上げることが期待される。外国企業の投資拡大効果も見込んでいる。


 新制度はモディ首相の経済改革の目玉。導入に合わせ、納税情報が電子化され、脱税や汚職の根絶につなげる狙いもある。


 インドでは、中央政府と各州がさまざまな間接税を課し、同じ税でも州ごとに税率が異なっていた。このため、州をまたいだ取引が阻害され、国内市場の分断を招いてきた。複雑な税制のせいで、二重課税の問題もあった。


 今後は商品ごとに税率が全国で0~28%の6段階に統一される。同一商品について州間での価格差が解消され、商品自体の価格競争力が改めて問われることになる。(c)時事通信社


独下院、同性婚法案を可決=首相、総選挙の争点化回避


2017年06月30日 17:21 発信地:ドイツ




独下院、同性婚法案を可決=首相、総選挙の争点化回避



【6月30日 時事通信社】ドイツ連邦議会(下院)は30日、同性同士の結婚を認める法案を賛成多数で可決した。順当なら近く連邦参議院(上院)の審議を経て、年内に施行される見通し。


 ドイツではこれまで同性カップルに男女の夫婦に準じた権利を認めてきた。ただ、養子を迎えることはできず、同性婚が法的に認められれば、これが可能になる。


 ドイツの世論は同性婚容認派が多数。メルケル首相率いる保守系のキリスト教民主・社会同盟を除くほぼ全政党も同性婚を支持している。首相は26日、「良心に基づく判断に委ねたい」と態度を軟化し、議会が法制化へ一気に動きだした。首相自身は採決で反対票を投じた。


 9月に総選挙を控える中、野党が同性婚を争点化してきたため、首相としては議論に区切りを付ける狙いがあるとみられる。ただ、メルケル首相の対立候補である中道左派・社会民主党のシュルツ前欧州連合(EU)欧州議会議長は、同性婚容認を訴えてきた立場から、下院での可決を「勝利」とアピールしていく構えだ。(c)時事通信社


危険をはらんだ「中国で最も綺麗な氷河」


2017年06月30日 16:44 発信地:中国




危険をはらんだ「中国で最も綺麗な氷河」米堆氷河(2016年7月31日撮影)。(c)CNS/侯宇




【6月30日 CNS】中国で最も綺麗な氷河のひとつとされ、海抜が世界一低い氷河としても有名な米堆氷河(Midui Glacier)が今、危機に見舞われている。


 ひょうたん型の氷河は総面積117.5平方キロ。上流海抜3800メートル以上が氷河及び永久凍土地域となっている。



  中国科学院(Chinese Academy of Sciences)成都(Chengdu)山地災害・環境研究所の陳暁清(Chen Xiaoqing)副所長によると、気候の変化が氷河に非常に大きな影響を与えており、チベット高原(Tibetan Plateau)の東端、南端、西端のほとんどの氷河が縮小しているという。


「2010年の頃には、我々が立っている場所も氷河でした。観測当初から1キロ以上は縮小してしまった」。陳副所長は足元の砂利を踏みしめながら語る。


 1988年7月には米堆氷湖が決壊し、多くの人の生命と財産を奪った。午後11時30分ごろに発生した決壊は、たった10分のうちに米堆村を飲み込み、94キロも離れたポメ県まで達した。「当時、下流の318国道の約30キロを破壊し、修復まで1年を費やした」


 地球温暖化の影響もあり、氷河は溶け続けている。2016年の衛星データによると、米堆氷湖の面積は250平方メートルで1988年の決壊以前と同じ大きさになっている。つまり、また決壊する恐れがあるということだ。


 科学者らは模型実験などで被害の予測などを研究しており、引き続き監視測定や応急措置などの研究を続けるという。(c)CNS/JCM/AFPBB News


この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。


祖国帰還20周年お祝いムード深まる、香港


2017年06月30日 16:20 発信地:中国




祖国帰還20周年お祝いムード深まる、香港金紫荆広場で記念撮影をする観光客(2017年6月27日撮影)。(c)CNS/盛佳鵬




【6月30日 CNS】香港(Hong Kong)の「祖国帰還」20周年を直前に控え、香港の金紫荆広場(Golden Bauhinia Square)では、観光客が記念撮影をしたり、フラワーポットが置かれたり。お祝いムードが深まっていた。(c)CNS/JCM/AFPBB News


この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。


英議会に「ファッション革命」 男性議員のノーネクタイ認める


2017年06月30日 18:38 発信地:ロンドン/英国




英議会に「ファッション革命」 男性議員のノーネクタイ認めるジョン・バーカウ下院議長。英議会記録部の映像から作成(2017年6月13日撮影)。(c)AFP/PRU




【6月30日 AFP】英議会下院は29日、男性議員のネクタイ着用を免除する方針を明らかにした。英政界における「ファッション革命」といえるが、議員たちの反応は割れている。


 ジョン・バーカウ(John Bercow)下院議長は、「ビジネス服といえる服装でさえあれば、ネクタイを締めているか否かは必ずしも気にしなければならないことではないと思う」と述べ、男性議員の登院にネクタイ着用が不可欠だとは思わないとの見方を示した。


 ちなみに、ざわつく議員たちを前に「静粛に!」と声を張り上げる姿がよく知られているバーカウ議長は、この日は紫色の柄ネクタイを身に着けていた。


 この「ファッション革命」は、野党・自由民主党のトム・ブレイク(Tom Brake)議員が下院で答弁に立った際、あえてノーネクタイで臨んだのがきっかけ。これに対し与党保守党のピーター・ボーン(Peter Bone)議員から、ルールが変わったのかとの質問が出ていた。


 英議会に服装規定はないが、男性議員はジャケットにネクタイ、女性議員も男性と同程度のフォーマルな装いをすることが習わしとなっている。


 バーカウ議長の発言を受け、ブレイク議員はツイッター(Twitter)に「政策課題がブレグジット(Brexit、英国のEU離脱)一色になるなんて誰が言った? 私はノーネクタイで#PMQ(英首相への質問時間、クエスチョン・タイム)に臨むという試みによって、伝統主義者らの目を覚ましてやった。革命だ!」と投稿した。


 一方、保守党のジェフリー・コックス(Geoffrey Cox)議員は、それほど喜ばしいことには思えなかったようで「ショックだ。ノーネクタイ。どうなることやら」とツイートした。


 この新方針は、これまでノーネクタイでの取材を断られてきた政治記者にも適用されるが、記者たちの反応もまちまちだ。英紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)のクリストファー・ホープ(Christopher Hope)記者は、ツイッターに「ジョン・バーカウは一線を越えた。次は何だ。ショートパンツにビーチサンダルの議員か?」と書き込んだが、大衆紙サン(The Sun)のマット・デイサン(Matt Dathan)記者は「ついに19世紀から抜け出した」と評価した。


 バーカウ議長は今年に入り、事務官のかつら着用義務を廃止するなど、さまざまな議会改革を行っている。(c)AFP


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言


神奈川)天と海の境にアート空間 小田原・江之浦測候所が誕生


相模湾岸の急傾斜の段々畑に、四季の陽光がきらめくガラス舞台や茶室、ギャラリー、庭園を備えるアート施設が誕生します。小田原市江之浦で10月9日にオープンする「江之浦測候所」。天と海に向かい合う空間で、中世から現代の美術品や演劇、能などを披露して、自然と調和する文化の世界への発信をめざします。


 江之浦測候所は、標高約100メートルのミカン畑を切り開いた約9500平方メートル。米ニューヨーク在住の現代美術作家、杉本博司氏(69)がつくった小田原文化財団が開設、運営します。


 「光学硝子(ガラス)舞台」はヒノキを組んだ台の上の床がガラス。山側の階段に客席が約100人分。観客は海を背景に演じる演劇や能を鑑賞できる。真鶴半島、伊豆大島房総半島を遠望できる場所にあり、「席にゆったり座り、天空の中にいる自分を感じてほしい」と財団担当者は薦めます。


 硝子舞台の隣に、約70メートルのトンネル「冬至光遥拝隧道」の先端が突き出る。冬至の日の出の陽光がトンネルに取り込まれ、奥の庭の巨石を直射する構造です。


 「夏至光遥拝100メートルギャラリー」は美術品の展示施設。海側にせり出した先端から夏至の日の出の光がギャラリー内を直進する。


 茶室「雨聴天」では、ミカン小屋から外したトタン屋根に雨の音が響く。千利休が造った茶室とされる国宝「待庵(たいあん)」をモデルにし、豊臣秀吉が小田原攻めで利休に造らせたと伝わる江之浦の茶室「天正庵」も意識して、設計された。にじり口前の踏み石は光学硝子で、春分や秋分の日の出の陽光を受けて輝く。


 米ニューヨーク在住の杉本氏は「西洋と東洋の狭間(はざま)に観念の橋渡しをしよう」と、写真、彫刻、演劇、建築、造園など多彩な分野のアートを手がける。江之浦測候所では「人類意識の発生現場」を確認するため、「新たなる命が再生される冬至、重要な折り返し点の夏至、通過点である春分と秋分。天空を測候することに立ち戻る」と説明。日本の伝統文化を「人と自然の調和」と評価し、小田原から発信する考えです。


 オープン時に、杉本氏が世界の海の水平線を撮影した「海景」の写真7点をギャラリーで展示します。


 鎌倉・明月院の室町時代築「明月門」を根津美術館東京都港区)から移築。箱根・宮ノ下で2001年に閉業した老舗旅館・奈良屋の別邸の門も再建される。能舞台と同等の大きさの石舞台も設置されます。


 全体の外観は今月、ほぼ完成しました。小田原文化財団公式ウェブサイトで7月20日、一般見学の受付を始めます。日時指定の完全予約制。入館料は一律3千円(小学生以下は入館不可)。問い合わせは平日午前10時~午後4時に財団(0465・42・9170)。


*上記は朝日新聞デジタル版から引用しました。


*興味のある近郊の方は、ぜひ参加してください。知識が芽生えますよー。







ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無二のシャンパンボトルをス... | トップ | 6月30日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL