ぼやき、ぼやき、ぼやき(^^;)

元助監督で映画キャスティングマンの

舞台39「やぶれた虹のなおしかた」こゆび侍第13回公演@下北沢駅前劇場

2015年06月29日 | そんなご舞台な2015年
舞台39「やぶれた虹のなおしかた」こゆび侍第13回公演@下北沢駅前劇場

水橋研二くんを久しぶりに会えた。彼が10代の頃から縁あって知り合っていた。彼の成長をずっと見てきた感じがする。そんな思い入れのある舞台だったが、ストーリーが最後は詰まってしまって、後は肉弾戦でまとめるしかなかった、そんな感じだったなぁ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台37「わが星」ままごと@三鷹星のホール

2015年06月28日 | そんなご舞台な2015年
舞台37「わが星」ままごと@三鷹星のホール

再演と公演回数が多いので、舞台自体がとても安定していて、安心して見ている事が出来ました。この舞台は、好き嫌いと好みが分かれるかもしれません。私は好きな舞台です。それはやはりストーリーがオリジナリティーにあふれているとこだと思います。そこが、若い世代に人気がある理由でしょう。ただ、抜群の安定感が、舞台の「生感覚」を少し忘れさせているかもしれねませんね。あれも欲しい、これも欲しいと贅沢な思いです(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台35「仲直りするために果物を」 城山羊の会@東京芸術劇場

2015年06月26日 | そんなご舞台な2015年
舞台35「仲直りするために果物を」 城山羊の会@東京芸術劇場

前作「トロワグロ」で第59回岸田國士戯曲賞を獲得し、わが御招待大賞をも獲得した、城山羊の会の新作です。だいたいそういった晴れやかな賞を獲得した次の新作は、かなりハードルも高くなって、評判が落ちるものです。そういった心配を胸に見にいきましたが、全くそんな事は関係なく、「城山羊の会」は「城山羊の会」でした(笑)
前作「トロワグロ」が「静の芝居」なら、今回は「動」の城山羊の会でした。私は静も動も、城山羊の会ならどっちも好きです(笑)でも人によっては、あの血のりは出し過ぎじゃないとか、いろいろあると思います。僕は、今回もとてもおもしろかった!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台34「ひとよ」 KAKUTA@下北沢スズナリ

2015年06月25日 | そんなご舞台な2015年
舞台34「ひとよ」 KAKUTA@下北沢スズナリ

初演を見ていました。今回も手応え十分でした。前回も思ったんですが、男達の描き方が少し物足りなかったかもしれません。女性達はしっかり書き込んであるんだけどなぁ。肝心の肉親3兄弟の問題は、何も解決していなかったかな・・・というものの、設定も舞台美術もとてもよかった。最後にタクシーに乗った吉永さんが「西へ」と言った時、少しでも、ちょっとだけでもあの固定されたタクシーが動く事が出来たら、私の心がどよめいたかもしれません(笑)無理かぁ(^^;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台32「ローゼンクランツとギルデンスターは死んだ」@下北沢オフオフシアター

2015年06月04日 | そんなご舞台な2015年
舞台32「ローゼンクランツとギルデンスターは死んだ」@下北沢オフオフシアター

文学座の浅野雅弘、石橋徹郎の二人芝居でした。まぁ、私の苦手な翻訳物ですから・・・人形や、映像を駆使していましたが、それは逆に集中力を分散するかたちになってしまったかもしれません・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

録画DVDで鑑賞「10月の奇跡」 ペルー映画

2015年06月02日 | 映画の光と影
録画DVDで鑑賞「10月の奇跡」 ペルー映画

2010年カンヌ映画祭、ある視点審査員賞を受賞したペルー映画でした。例年カンヌ映画祭でパルムドールを取った映画より、ある視点部門での受賞した映画の方が、よっぽどおもしろいのはなぜ(笑)貸金業の主人公の元に、自分が遊んだ娼婦が産んだ赤ん坊が、突然置き去りにされている。その赤ん坊の母親探しをするストーリーの中で、主人公が変わっていく。セリフも少なく、淡々と展開する。かなり気に入りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加