ぼやき、ぼやき、ぼやき(^^;)

元助監督で映画キャスティングマンの

21010年12月1日(水)から

2010年12月31日 | ぼやき日誌2010
21010年12月1日(水)
午前中、いつもの整骨院へ行く。なんだか臀部から左足に、鈍い痛みが続き、どうもキツイので行ってみたら、「座骨神経痛かなぁ」と言われる。ふぅ・・・・事務所に入りキャスティング作業。ストレスは溜まる。夜は、本広監督の「演劇入門」を駒場アゴラで見る。おもしろかったぁ。一緒に見たメンバーと軽く一杯(^^;)

2010年12月2日(木)
午前中は、日活芸能学院の卒業公演のダメ出しに参加する。そのまま事務所に戻って作業。夜は、新宿で観劇。今日は、肝休日(^^;)

2010年12月3日(金)
午前中は、日活芸能学院の卒業公演に参加。卒業するメンバー達にメッセージを残す。彼らはどうなるんだろう・・・午後から映画の打ち合わせに参加。なかなかうまくいかず、吐きそうになる。しかたがないので、一緒のメンバーとヤケ焼肉となる。ワイン3本軽く空ける・・・・ああああ

2010年12月4日(土)
午後から昨日の映画の打ち合わせの続き。問題は片付かないまま終了。安定剤を2錠飲む。メヌエルになりそう・・・おまけにFC東京がJ2落ち!!!!!天誅殺!!!!今日はとても飲む気にはなれない。

2010年12月5日(日)
午前中はいつものようにテニス・スクール。調子悪し。そりゃそうだ、こんな精神状態では体は動かない。また安定剤を2錠飲んで、午後から別の映画の打ち合わせに参加する。終了後、3時過ぎに妻と吉祥寺で合流して、スパゲティーを食べる。観劇予定もすべてキャンセル。今日もとても飲む気にはなれない。夜は、家で焼きそば。麺好きだからいいけど、スープは欲しいぞ(笑)
今日の万歩計、4500歩

2010年12月6日(月)
仕事に奔走・・・・薬を飲んで頑張る(^^;)。観劇予定の舞台もキャンセル
今日の万歩計、4300歩

2010年12月7日(火)
仕事に奔走・・・・薬を飲んで頑張る(^^;)。
今日の万歩計、7500歩。

2010年12月8日(水)
仕事に奔走・・・・薬を飲んで頑張る(^^;)。
今日の万歩計、6300歩

2010年12月9日(木)
仕事に奔走・・・・薬を飲んで頑張る(^^;)。来年1月にインする映画の衣装合わせに参加する。
今日の万歩計、6700歩

2010年12月10日(金)
午前中は、来年1月にインする映画の衣装合わせに参加する。いろんな問題の解決に奔走・・・・薬を飲んで頑張る(^^;)。しかし、問題は解決しない・・・
今日の万歩計、4600歩

2010年12月11日(土)
義弟の告別式に出席。56才だった。早すぎる。残念な事が続く。なんという12月だ・・・・
今日の万歩計、3800歩

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

94「烏賊ホテル」 プリエールプロデュース 座・高円寺

2010年12月28日 | そんなご舞台な2010
94「烏賊ホテル」 プリエールプロデュース 座・高円寺

出演者の顔ぶれを見ると、とても期待してしまいました。その期待が高かった分、辛口になってしまいます。1時間40分弱の舞台なのに、なぜか長く感じました。つまらなくはないし、ストーリーも傑作仰天です。でも何か物足りないのです。原因はなぜ・・・想像するに、このお話は狭い舞台がピッタリで、座・高円寺1は大き過ぎたかもしれません。その舞台の大きさに、出演者も合わせたように大きい芝居をしてました。そこがとても気になりました。それと、出演者があまりにも記号化されすぎて、大学教授はそのように、警察官はそのように、犯罪者の息子はそのように、ホストもホストそのようになっていて、普通なんですね。裏切りがなくて・・・ストーリーがおもしろい分、ラストの終わり方も難しかった・・・なにかもったいない気持ちになってしまいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「うまくなりたいアマチュアはゴルフ雑誌を読んではいけない」

2010年12月27日 | こらむ
「うまくなりたいアマチュアはゴルフ雑誌を読んではいけない」 北市秀男 
扶養社文庫 2010.11.10 第3刷

新米ゴルファーには、何が何だかわからなくなるだけでした(^^;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「iPhone使いこなし術」 アスキー書籍編集部編 2010.11.10 初版

2010年12月24日 | こらむ
「iPhone使いこなし術」 アスキー書籍編集部編 2010.11.10 初版

だいたいの基本的な事は使いこなしているので、「意外と知らない基本ワザ」とサブタイトルにあるけれども、驚きはあまりなかった。知れば知るほど、iPhone の奥は深い。ドコモから出るスマートフォンとの戦いが、どうなるか。世界の最前線の戦いが、ここにある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「老いの才覚」 曽野綾子 KKベストセラーズ 2010.11.5 第6刷

2010年12月22日 | こらむ
「老いの才覚」 曽野綾子 KKベストセラーズ 2010.11.5 第6刷

若ければ、こんな本は手にしなかったでしょう。私自身に「老い」が迫ってる事をひしひしと感じる時があります。そんな「老い」を考えない事が「老いの才覚」と思っていました。でも、曽野さんはどんな事を考えてるのかなぁ。
「1人で遊ぶ習慣をつける」そうですね。その通りかもしれませんね。この本には、いろんな示唆がつまっています。これから役に立てていこうと思います(^^;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台93 「演劇入門」 青年団リンク本広企画 駒場アゴラ

2010年12月21日 | そんなご舞台な2010
舞台93 「演劇入門」 青年団リンク本広企画 駒場アゴラ

作;平田オリザ 脚本:岩井秀人 演出:本広克行という豪華メンバーです。おもしろかったのは、「岩井」という人物の語り口で物語が進行していくのですが、その「岩井」はどんどん人物が変わって行き、あげくのはてには女性が「私が岩井です」と語り出してしまう。これは、びっくりしてとても新鮮でした。さぁ入門しました。次は「何でしょう」(笑)トークショーも、かなりおもしろかったです。演劇の流れを質問したお客さんは、すごかったまぁ。それに平田オリザさんは真摯に答えていたけど。ボクは違う答えを用意していた。なーんて、平田オリザさんに張り合ってどうする(^^;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「自選ニッポン居酒屋放浪記」 太田和彦

2010年12月20日 | こらむ
「自選ニッポン居酒屋放浪記」 太田和彦 2010.5.1 発行

こんな本を読むと、1人でぶらっと旅に出てみたいという気持ちになってしまう。どんな町にも、ステキな居酒屋があるなぁ、これから地方に行く時は、必ずチェックしてみよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「スペイン人はなぜ小さいのにサッカーが強いのか」 村松尚登 ソフトバンク新書

2010年12月19日 | にわかサッカーファン
「スペイン人はなぜ小さいのにサッカーが強いのか」 村松尚登 ソフトバンク新書2010.4.12 第2版

最近の少年サッカーは、おそらくサッカーを楽しんで自由にやらせる。そんな主眼でコーチングされてるんじゃないだろうか。よく知らないけども・・・スペインでは小さい時から、「戦術」も徹底的に教え込むし、トーナメント戦が1年中あり、「勝つ事」が最重要課題となっているようだ。日本では、負けてもいいから、「いいサッカーをする事」を評価しすぎてないだろうか、そんな事を考えさせられました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「遠い崖4 慶喜登場」 アーネスト・サトウ日記抄

2010年12月18日 | こらむ
「遠い崖4 慶喜登場」 アーネスト・サトウ日記抄 2010.6.20 第2版

このタイトル通り、いよいよ徳川慶喜が登場してきます。外国人の目から見た慶喜は、完璧な日本人で、知性もあり、ルックス的にもハンサムであると絶賛していました。写真に残っている慶喜を見ても、確かにそうかもしれません。その他、宇和島藩が、かなり進歩的であると記録しています。驚いた事がもう一つ、アーネスト・サトウの日本語教師をしていた人が、中沢見作という名前で、その後、唐津藩の石炭奉行をしたという下り。わが出身藩である唐津藩が、なんとアーネスト・サトウに繋がりました! その後の中沢見作という人は、どんな人生を送ったんだろうなぁ。気になります(^^;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地下鉄・副都心線・渋谷駅

2010年12月17日 | こらむ
地下鉄・副都心線・渋谷駅

最近便利な事に気がついてきて、時々利用しています。ただ渋谷駅のホームに降りても、どこのホームが急行なのか、鈍行なのか、いまいち表示の看板が少なく、迷ってしまいます。日本にしては、めずらしく不親切な駅です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

数独・ナンプレ

2010年12月16日 | こらむ
数独・ナンプレ

山本陽子さんの影響で、はまってしまいました。まだ初心者ですが、これまで使わない脳の一部に茂樹を与えるせいか、脳の一部が熱くなった感じがして、これはボケ防止にいいかもと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台92「くにこ」 文学座公演 作:中島淳彦 演出:鵜山仁 紀伊国屋ザザンシアター

2010年12月15日 | そんなご舞台な2010
舞台92「くにこ」 文学座公演 作:中島淳彦 演出:鵜山仁 紀伊国屋ザザンシアター

前作の「ゆれる車の音」より、かなりおもしろく思いました。まだ終わってほしくないほど・・・残念ながら、さあ「くにこ」はどうやって生きていくのだろうという所で、うまいぐわいに終わってしまいました。客席には「向日邦子」さんゆかりの方々が、大勢見に来ていらっしゃいました。さすが文学座、うまく中島脚本を料理したと思います。しかし、同じ中島脚本を、別のS座が上演した時は、へこみました。この差はなんだろうなぁ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2010年11月22日(月)から

2010年12月12日 | ぼやき日誌2010
2010年11月22日(月)
朝から事務所でキャスティング作業。お昼は、近くの「神座かむくら」というラーメン屋さんで食べる。ここは、大阪道頓堀に本店があるラーメン屋さん。辛子ニラが入れ放題なのが気に入っている。夜、観劇のあと、また飲んだ。3人でワイン4本。あとビールとか・・・・
今日の万歩計、6400歩

2010年11月23日(火・祝日)
すっきり、二日酔いなし(笑)マネ協のゲストで呼ばれ、湯河原へ行く。先輩達を相手にえらそうに話をする。温泉に入る。また飲んだ・・・
今日の万歩計、1500歩

2010年11月24日(水)
湯河原から東海道線で帰京。事務所でキャスティング作業。大きな役の決定作業をしていたが、今日は連絡とれずあきらめる。宿題を残したようで、気になるなぁ。帰って、カンビール1本を飲む。これって肝休日になならないのかなぁ・・・
今日の万歩計、3500歩

2010年11月25日(木)
朝、ネコがお腹が空いて「みゃあみゃあ」鳴く。眠いのでしばらくほっておいたら、ストレスかいやがらせかしらないが、吐いていた。夜は、笹塚で観劇。帰宅して、TVでアジア杯のU21サッカー決勝の録画を、ワインをグイグイ飲みながら見る。やった!!優勝だ!!また飲んだ(^^;)
今日の万歩計、3500歩

2010年11月26日(金)
事務所でキャスティング作業。夜は、東京で最初に友達になった古い友人達と、浅草で4軒店をはしごして痛飲!!最後は六本木でカラオケしたような記憶が・・・記憶が飛んだ(^^;) いかんなぁぁぁぁぁぁぁ 反省だなぁ・・・

2010年11月27日(土)
静かにして、肝休日。また夫婦で吉祥寺でスパゲティーを食べる。FC東京のチケットもムダにして、祈りを込めてTV観戦・・・絶望的な引き分け・・・見るのが辛くなる・・・このままではJ2落ちだ・・・

2010年11月28日(日)
午前中はいつものようにテニス・スクール。午後から楽しみにしていた「70年代昭和歌謡ライブ」17人が参加して、超盛り上がり。白ワイン6本は飲んだと思う。8本かも(^^;) そのまま2次会でカラオケ大会。もう歌わずにはいられない・・・これ以上歌ったらのどにポリープが出来そうなくらい歌いました(笑)よくわからないバツ1同士のキャンディースが歌ってました・・・

2010年11月29日(月)
午前中は事務所でキャスティング作業。16時から神楽坂でプロデューサーと打ち合わせ。そのまま水道橋で映画「GANTZ」の完成披露試写に行く。かなりの手応えがありました。公開が楽しみ。そのままスタッフと日本酒をツィーと。

2010年11月30日(火)
午前中は俳優さんとの面談。午後は事務所でキャスティング作業。なかなか詰まってしまって、前進しない。心配事が続く。ストレスもたまる・・・夜は、中野で三田村組ファイナルの舞台を鑑賞。今日は肝休日(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台91 「男の一生」 三田村組ファイナル公演 中野ポケット

2010年12月07日 | そんなご舞台な2010
舞台91 「男の一生」 三田村組ファイナル公演 中野ポケット

三田村組の舞台は、何度か拝見しています。今回はファイナルという事で、見なきゃいけないなと思って行きました。頑張ってましたね、三田村さん。ギリギリやってました。これだけやりゃ悔いはないでしょう。ただ厳しい意見かもしれませんが、自分が主役ってのはどうなんでしょう。そんな問いだけが残りました。そこが役者の性なのか、美しく後進に引き継ぐ姿も、かっこよかったんじゃないか?でも、それでは自分自身が完結できない悔いが残る。いろんな、役者の性そのものを見た感じがして、それはそれで十分堪能しました。本当に、お疲れ様でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台90「りんごりらっぱんつ」 劇団競泳水着第14回公演 サンモールスタジオ

2010年12月06日 | そんなご舞台な2010
舞台90「りんごりらっぱんつ」 劇団競泳水着第14回公演 サンモールスタジオ

出だしの子供時代のシーンに、すごい誤解をしてしまって、なかなかストーリーについていけなかったのですが、基本ラインを理解すると、それはとてもおもしろいストーリーでグイグイ引き込まれていきました。すごく満足しました。しいて言えば、このタイトルは魅力的ではなかったですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加