ぼやき、ぼやき、ぼやき(^^;)

元助監督で映画キャスティングマンの

「紫キャベツ」

2009年07月31日 | こらむ
「紫キャベツ」

普通のキャベツより、好きなんです(^^;) これにドレッシングをかけて食べるとおいしいです。すごく固めですが、歯ごたえがあり、いろんな野菜ミックスサラダより、シンプルで好きです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「高校サッカー勝利学」  本田裕一郎

2009年07月30日 | にわかサッカーファン
「高校サッカー勝利学」  本田裕一郎 (株)カンセン 2009/6/29 初版

ボクは別に高校サッカーの指導者でもなんでもありませんが、たまに正月の高校サッカー選手権を見に行きます。本田監督は、現在流通経済大柏高校のサッカー部監督です。本田監督は勝利至上主義の監督なのかと思っていましたが、昔は全く違っていて勝利よりも、自由に楽しくやるサッカーをしていたそうです。若い頃は、鉄拳制裁したけど、選手が死にかけたりして、それがトラウマになって、もうシゴキが出来なくなったそうです。でも、それでは勝てない、勝って選手はうまくなる。やはり勝たなくては意味がない、負けては結局ダメだという事を、50過ぎて悟ったそうです。この著書の中には、すてきな言葉がいくつかあります。「今、鍛えなくて、いつ鍛える」「宿命は変えられないけど、運命は変えられる」などなどたくさんありました。常に、反省して先を目指す姿勢がとても好きです。たくさん感じる事が出来る本でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「星の大地に降る涙」 地球ゴージャスVol10

2009年07月29日 | そんなご舞台な2009
舞台「星の大地に降る涙」 地球ゴージャスVol10

熱くピースフルな舞台でした。特筆するべきは、三浦春馬クンの動きがかなりいい事。初舞台とは思えない堂々としたものでした。チームワークのよさが、よくわかって、すがすがしい舞台でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「奇っ怪」

2009年07月28日 | そんなご舞台な2009
舞台「奇っ怪」

イキウメの前川さんの脚本なら見逃すわけにはいきません。さすがに手応え十分の出来映えで、さすがでした。出演の中村トオルさんをはじめ、池田成志さん小松和重さん歌川椎子さんなど、すばらしかった。特に、池田さんは見事だったと思いました。あえて言えば、すでに知っているストーリーばかりだったので、先が読めたのはご愛敬。それをはね返すだけのプロの仕事でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野外舞台「新宿ジャカジャカ」

2009年07月27日 | そんなご舞台な2009
野外舞台「新宿ジャカジャカ」 椿組年夏花園神社野外劇

いやー、おもしろかった。さすが中島淳彦作・演出です! あれだけの人間を効果的に配置し、誰一人としておろそかにしていない心配りに、天才を感じます。ベタベタフォークソング・ストーリーになるところを、寸前で阻止している力量に天才を感じます。暑くてたまりませんでしたが、見に行ってよかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2009年7月13日(月)から

2009年07月26日 | ぼやき日誌2009
2009年7月13日(月)
関西方面をロケハン。夕方新幹線で帰京。なんとか、19時30分の吉祥寺シアター「躾け」に間に合った。山本裕典主演のワンオアエイトは見逃せなかった。劇場で、今井事務所の今井さんと偶然に遭遇し、そのままアジアンダイニングで、痛飲。たしかワイン2本は開けたような・・・
今日の万歩計、10200歩。やった!!10000歩突破!!

2009年7月14日(火)
午後から映画の打ち合わせ。そのまま都心のロケハンに参加。夜はそのまま帰宅して、エキストラ表の整理。
今日の万歩計、7000歩

2009年7月15日(水)
午前中事務所で仕事。午後。映画のロケハンに参加。いろんな事が決まってくる。夜はスタッフと食事して帰宅。
今日の万歩計、8900歩

2009年7月16日(木)
11時から、映画の打ち合わせとキャスティング。少しづつ形になっていく。難しい外人の役が決まってほっとした。事務所に戻って、いろんな事の整理。夜は、銀座へ出て観劇。椎名桔平さん主演の「異人たちとの夏」。親孝行しなければ・・・・
今日の万歩計8700歩

2009年7月17日(金)
午前中は事務所で仕事。午後から東銀座の製作会社にて打ち合わせ。仕事をいただく。この不況の中ありがたい事です。現在、これで進行中(準備)の映画が5本。凄いことです。夜は、下北沢で猫魂を見て帰宅。
今日の万歩計、8800歩

2009年7月18日(土)
午前10時渋谷出発でロケハンに参加。いつも出発する渋谷地点が、ものすごい工事で、数年後には信じられない風景になりそう。早めに終わったので、今夜も下北沢スズナリで「赤色エレジー」を観劇。よかったーーー、今年一番の芝居でした。

2009年7月19日(日)
午前中は、テニススクールを休む。なんだか足の筋肉が固くて痛い。来週、吉川事務所テニス部があるので、怪我をしたくないので自重する。その代わり、携帯の液晶画面の調子がおかしいので、新しい携帯を買いに行く。しかし、6万円・・・たかだか1年半ぐらいしか使わないのに、6万円は高すぎる。頭に来て、ドコモショップで修理に出すことに変更。でも持っている機種が三菱なので、もう三菱は携帯電話を作っておらず、これをきっかけに、機種変更してもよかったかなぁ・・・・」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2009年6月29日(月)から

2009年07月26日 | ぼやき日誌2009
2009年6月29日(月)
バタバタとキャスティング作業する。夜は、高円寺で観劇。
今日の万歩計、8500歩

2009年6月30日(火)
午前中は雨。事務所でキャスティング作業。雨は意外とすぐやんでしまう。明日のオーディションの仕込み。演出部に紹介する前に私の確認作業。
今日の万歩計、5000歩

2009年7月1日(水)
いよいよ7月。早いなぁ・・・1日中曇り。事務所でキャスティング作業。午後から、S組のオーディションを吉川事務所で行う。私が面接。いいと思った俳優さんを、私の目で判断する。夜は、自宅マンションの自治会に出席。副理事長にされてしまった・・・
今日もスパゲティーを作ってしまった。それもジェノバ・ソースを自力で作って!!すごい、でも味はしょっぱくて失敗。塩が多すぎた(^^;)血圧上がってしまうよ(^^;)
今日の万歩計、6000歩

2009年7月2日(木)
今日は経理の日。担当のOさんが来る。午後から外人オーディションをする。これでなんとか候補が出たような気がする。夜は、赤坂で「地球ゴージャス」の舞台を見る。
今日の万歩計、7000歩

2009年7月3日(金)
午後から、S組の面接をする。ここで残った俳優さん達を、プロデューサー達にプレゼンしようと思う。夜は、この前サッカーに招待していただいた、Hさんご夫妻に、スペイン料理をごちそうになる。プロデューサーのFさんも一緒。サッカーの話や映画の話で盛り上がる。おまけに、おみやげにTシャツと、2002年日韓ワールドカップ決勝戦の時、空から舞い降りてきた記念の「折り鶴」までいただいて、すっかり感激!調子に乗って、失礼な事を言わなかったかと後で心配になる。Hさんご夫妻と別れ、Fプロデューサーと2人で、西麻布のワインバーに行く。まぁおしゃれなワインバーで、私には全く似合わないお店でしたが、ワインはおいしかった!Fプロデューサーにゴチになったので、次回は、Hさんご夫妻とFプロデューサーにはお返ししなきゃ!
今日の万歩計、6000歩

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「赤色エレジー」  プロジェクト・ナター旗揚げ公演 

2009年07月24日 | そんなご舞台な2009
舞台「赤色エレジー」  プロジェクト・ナター旗揚げ公演  スズナリ

いやー、おもしろかった。いまのところ今年の私のベストです。私は、別に過去を振り返りたいわけじゃないし、逆になるだけ前をみようという姿勢を持っているつもりです。しかし、この題材は、30年前の物。それがなぜこれほどまでに、私の心を揺さぶるんだろう。確かに中学時代に、あがたもりおさんのLPを持っていました。よく聞いていました。その懐かしさより、主役の寺十吾さんの演技力が、30年前と現在との時間差を埋めてくれたように思います。普通なら、表と裏をもっと積極的に演じわけたでしょう。30年前はきっとそうしたでしょう。でも、彼は、そうはしなかった。半腰を引いた芝居で、表も裏も演じきりました。これが、不思議な時間を作ってくれました。その半腰を引いた芝居が、現代の若者の弱さを映していたのかもしれません。過去の作品であれ、現在を写し取って生き返るのだと私は思います。ここに至るまで、演出家が外人だったという事もあり、さぞかし思考錯誤だったでしょう。しかしながら見事な舞台でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「プラチナ」 猫魂Vol14

2009年07月23日 | そんなご舞台な2009
舞台「プラチナ」 猫魂Vol14 下北沢駅前劇場

秋枝・林田・井澤など頑張ってるんだけど、どうもストーリーに満足できない。いくら出演者が頑張っても、どうしようのない問題で、映画の世界ではマキノ雅弘監督の言葉で「1スジ2ヌケ3動作」というのがあります。先達のお言葉はすばらしいです。意味はまず、スジ=ストーリー、脚本が重要で、2番目はカメラ映像、3番目が役者の演技。という意味です。この根本のストーリーに満足出来ないのです。好き嫌いもあります。なぜ、あの放火魔は火をつけたのか、あの先生は生徒をなぜ信じたのか、目が悪くなった女性は、恋人が入れ替わったのに、なぜ気がつかないのか、それともわかったふりをしているのか、そんないろんな問題が解決されないまま、終わったように思いました。解決しようとしなかったのが、ネライ、とすれば成功なんでしょうが・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「明日から良くなるバックハンド!」

2009年07月22日 | にわかサッカーファン
「明日から良くなるバックハンド!」

スマッシュ8月号の、メインタイトルです。「明日から良くなるバックハンド!」もう、ボクのための企画じゃありませんか!! 夏はバックハンドの季節なんだろうか???
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一生もの、バックハンド

2009年07月21日 | テニスの玉子様
「一生もの、バックハンド」

テニスクラッシックという雑誌の、8月号のメインタイトルです。「一生もの・バックハンド」 こんなタイトル付けられりゃ、買わないわけにはいきません。一生ものだよ!一生もの!  ああバックハンド・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼブラ」  シアタークリエ

2009年07月20日 | そんなご舞台な2009
「ゼブラ」  シアタークリエ

シアタートップスから、さらにステップアップして一流の劇場で上演されたこの舞台。「ゼブラ」ファン・田村孝裕ファンの私としては見逃すわけにはいかなかった。しかし、どうも何かが変だった。出演者も有名な女優さんばかりなのに・・・原因は・・・、もしかしたら舞台の大きさが、狭い家族愛には不釣り合いだったのかもしれない。あと私の苦手のSさんが、一人だけみんなと違うリズムで、どうしてもそこで芝居の勢いと流れが、止まってしまう。笑いをとっていたが、それが本当に家族愛・姉妹愛に効果的だったのかと、疑問を感じてしまいました。彼女は精一杯頑張ったと思いますが、この作品には似合わなかったかもしれません。キャスティング担当者の判断ですね・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「キド・クラッチ」  ドリルチョコレート 

2009年07月19日 | そんなご舞台な2009
舞台「キド・クラッチ」  ドリルチョコレート  中野アクトレ

キド・クラッチが何を意味するのかはよくわかりません。前回のMCRも海の家でしたね。アドリブまじりながら、なんとかラストの着地点へたどりつく感じが、たまらなく心地よいものでした。ただ、あいまいな着地なため、心地よいが心はうたない、そんな微妙な感触でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2009年7月6日(月)から

2009年07月16日 | ぼやき日誌2009
2009年7月6日(月)
うちのスタッフのHさんが、韓国に行ってきたので、おみやげに韓国のりやら、カクテキやらをもらった。顔パックももらったけど・・・使わないよなぁ。あれはメンズ用なのかな? 夕方、8月に入る映画の打ち合わせ。
今日の万歩計、8000歩

2009年7月7日(火)
暑い、暑い、30度ぐらいあるんじゃないかなぁ。一日ダルかった・・・夜は、渋谷の初めて行く小さな劇場で観劇。終わって、Oさんと軽くワイン一本。
今日の万歩計、7000歩。

2009年7月8日(水)
天気予想では30度。曇っているので、ジワジワと暑さがこたえてくる。午後から、S組のキャスティング打ち合わせ。ある方向性は決まってきた。少し前進かな。夜は、松坂慶子さんの紫綬褒章受章の記念パーティーに出席する。パーティーを出て、K社で打ち合わせ。終了後スタッフと食事。あっという間に紹興酒2本空ける(^^;)
今日の万歩計、7900歩

2009年7月9日(木)
8月インする映画のキャスティング整理と、修正台本をじっくり読む。午後スタッフのMさんと、昨日のS組の打ち合わせの整理して、方向性を決める。夜は、中野でブルドッキングヘッドロックの舞台を見る。なかなかおもしろかった。
今日の万歩計、7300歩。

2009年7月10日(金)
事務所でキャスティング作業。そろそろ決定を出したい役もあるが、なかなかそのタイミングが計れない。チーフ助監督から仮スケジュールも出てきたし。夜は、三軒茶屋のシアタートラムで、中村トオルさんの舞台「奇っ怪」を見る。楽屋に行くと、偶然に瀬川亮クンと初対面。吉川テニス部の内浦クンの話で盛り上がる。瀬川クンとうちの内浦クンは、昼ドラ「夏の秘密」で恋敵の役で競演している(^^;) 夜は知り合いと夜中まで痛飲。帰宅が3時・・・(^^;)

2009年7月11日(土)
午前中テニススクールに行く。ちょっと筋肉を痛めて足を引きずってしまった。足を引きずったまま、中野で芝居を見て、おとなしく帰宅する。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ケモノミチ」 ブルドッキングヘッドロック

2009年07月16日 | そんなご舞台な2009
「ケモノミチ」 ブルドッキングヘッドロックVol17 中野ポケット

なかなかおもしろかった。前半はどうなる事かと思ったが、後半の息づまる展開は見応えあったし、あちこちに気の利いたセリフがあり、かなり笑ってしまった。ただ2時間を越えないでもよかったように思いました。前半のケモノを詳しく描く描写はなかったかもしれない。イメージさせるだけで十分、恐ろしかったかもしれません。台本をもう少し刈り取れば、傑作になったようにも思います。目が離せない劇団になってきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加