ぼやき、ぼやき、ぼやき(^^;)

元助監督で映画キャスティングマンの

舞台24「たとえば君がそれを愛と呼べば、ボクはまたひとつ罪を犯す。」 シベリア少女鉄道vol.28 @赤坂レッドシアター

2017年06月09日 | そんなご舞台な2017年
舞台24「たとえば君がそれを愛と呼べば、ボクはまたひとつ罪を犯す。」
シベリア少女鉄道vol.28 @赤坂レッドシアター

前半があまりにも凡庸なデキだったので、これはヒドイと匙を投げていたが、後半グイグイとエンジンがかかってきて、最後は圧倒的なスペクタルな様相で完結してしまった。前半からは予想もつかない結果に、こちらは唖然としてしまった。久しぶりの「シベリア」だったので、すっかり忘れていたが、そうかこんな手法だったっけと思い出された。匙を投げた以上、おもしろがるのもなんだなぁと意地をはったりしたのが、もったいなかった。この舞台も「愛」をストレートに語っているが、ちょっと恥ずかしいのは、こっちが年をとったせいか・・・それにしても加藤雅人、太ったなぁ・・・(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 舞台23「ある愛のかたち」... | トップ | 録画DVDで鑑賞 「LAコンフィ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

そんなご舞台な2017年」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL