ぼやき、ぼやき、ぼやき(^^;)

元助監督で映画キャスティングマンの

舞台「不躾なQ友」 クロムモリブデン 赤坂レッドシアター

2010年01月12日 | そんなご舞台な2009
舞台「不躾なQ友」 クロムモリブデン 赤坂レッドシアター

かなり稽古した跡がわかりました。その成果が十分表れていたと思います。おもしろかったです。久保貫太郎クンもグイグイ舞台を引っ張っていて、途中で頭を強く床にぶち当てたようで、大丈夫だったろうか?不思議な魅力の中川智明クンも、彼の魅力が十分発揮されたように思いました。かなり完成度の高い舞台だと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「オオムシ」 バジリコFバジリコ  下北沢駅前劇場

2010年01月11日 | そんなご舞台な2009
舞台「オオムシ」 バジリコFバジリコ  下北沢駅前劇場

2度目のバジリコFバジリコでした。今回が、この劇団らしさがとてもうまく出た舞台だと感じました。ただ、気合いが入りすぎた感じもしました。全編にエネルギッシュで、休むところがなく、かなり疲れました。そういう点で、この劇団の「若さ」が露呈したようです。しかし、この「若さ」は忘れないでいてほしいですね。基本的に満足でしたよ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「FUTURE」  ブラジル 下北駅前劇場

2010年01月09日 | そんなご舞台な2009
舞台「FUTURE」  ブラジル 下北駅前劇場

期待している劇団です。今回も、かなりいい手応えです。ただ、何かが物足りないのです。それは何だろうと、見終わっていろいろ考えましたが、はっきりとした答えが出てきません。おもしろかったんだけど、ラストでいい「落ち」になってなくて、スッキリしないのが原因かもしれません「だから」・・・って思ってしまいます。1億円を道ばたで拾ってしまう事、十分あり得るかもしれませんが、それを現実に舞台で見せられてしまうと、何かスッキリとした感じにならないのです。そう考えると、なぜ銀行に預けないのか、今頃畳の下に隠すだろうか?などいろいろ疑問がわいてきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「JAM」 グリング第18回公演 東京芸術劇場小ホール1

2010年01月08日 | そんなご舞台な2009
舞台「JAM」 グリング第18回公演 東京芸術劇場小ホール1

この舞台をもって、ずっと期待して見続けた劇団グリングが休止になる。とても残念だけどしかたがない。ラスト公演も期待して行ったけど、やはり休止前なので、出演者達に「力」が入りすぎて、感情移入しにくかった。結局2004年に初めて見た「ストリップ」以上のものに、出会えなかったのかもしれない。あの「ストリップ」はとても感動した。若者の悩み、苦しみ、恥ずかしさ、がもろに伝わってきた。もしかしたら、グリングは、それを乗り越えようとして、迷路に迷い込んだのかもしれない。次回から、リフレッシュした青木豪に出会える事を楽しみにしたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「田園に死す」 下北沢スズナリ

2010年01月06日 | そんなご舞台な2009
舞台「田園に死す」 下北沢スズナリ

脚色・構成・演出が天野天街さんとなれば、見に行かなくてはならない。期待は期待通りにおもしろいものでした。天野さんの世界と、寺山修司の世界が見事に融合されました。ラストの新宿も違った形で描かれていて、満足でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「曲がれスプーン」 ヨーロッパ企画第28回公演 新宿紀伊国屋ホール

2010年01月04日 | そんなご舞台な2009
舞台「曲がれスプーン」 ヨーロッパ企画第28回公演 新宿紀伊国屋ホール

やはりおもしろい!!なんといっても、観客に楽しんでもらおうという姿勢がはっきりと感じられて、すがすがしい。関西の劇団は、お客に笑ってもらう事が大切だという事が徹底されていると思う。それに比べると、関東の劇団の頭でっかちぶりが気になる。両方必要だと思うし、そのバランスが重要だ。その点、ヨーロッパ企画は、みごとなバランスの上に成り立っていて、楽しませてくれる。すごい!の一言。次回作がとても楽しみです。出演者も楽しそうに演じていて、見ていて、とても楽です(^_^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「リンゴリンゴリンゴ」 劇団道学先生

2009年12月30日 | そんなご舞台な2009
舞台「リンゴリンゴリンゴ」 劇団道学先生 赤坂レッドシアター

中島淳彦さん、かなりの冒険でした。いろいろトライがあったようにみました。それらが、効果的な作用を出しているかどうかは、残念ながら期待通りではなかったかもしれません。いつも楽しい舞台を見せてもらってるので、こういう冒険もありかな(^_^;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「シーサイド・スーサイド」 ハイブリッド・アミューズメント・ショウbpm

2009年12月21日 | そんなご舞台な2009
舞台「シーサイド・スーサイド」 ハイブリッド・アミューズメント・ショウbpm

あまりの「ハイカラ」がおもしろくて、同時公演のこの舞台も急遽、見に来ました。これもかなりのおもしろさで、この作者の浅沼晋太郎って何者だろうと思ってしまいました。ネットで調べると、まだ32才。基本スタンスは声優さんのようです。舞台のデキは「ハイカラ」の方が上でしたね。太宰役の秋枝クンが抜群で、彼がいなかったら厳しい出来上がりになったかもしれません。しかしながら、この劇団と、浅沼クンの動きには目が離せません。今年の大収穫です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「ハイカラ」ハイブリッド・アミューズメント・ショウbpm 

2009年12月19日 | そんなご舞台な2009
舞台「ハイカラ」ハイブリッド・アミューズメント・ショウbpm 新宿スペース・ゼロ

全く期待していなかったけど、見たらびっくり!今年のベスト3に入る舞台でした。シュチュエーションコメディーで、伏線を張り張りして、すれ違いと誤解の連続で、かなり練られた脚本だったと思います。関西のこてこてコメディーになるところを、寸前でかわしていました。それがよかった。で、こんな舞台は出演者が下手だったら、目も当てられなくなるのですが、十分堪能しました。お客さんもよく入ってました。お金をかけて有名な俳優さんを呼んで、過去の名作脚本であれば、仕上がりも当然わかりきっています。しかし、これは名作脚本というわけではなく、出演者も無名な人達ばかり。そこで、こんなおもしろい舞台に出会うと、本当に驚きます。最高でした!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「累累」 メタリック農家

2009年12月18日 | そんなご舞台な2009
舞台「累累」 メタリック農家 下北沢駅前劇場

最初のエピソードが、かなりおもしろかったので、これは期待できるオムニバスかなと期待しましたが、」だんだんとトーンダウン。最終的に作者のねらいがバラケてしまったように感じました。「笑い」をとりたかったのか、「愛」を語りたいのか、その微妙なバランスが中途半端だったのかもしれませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「男子はだまってなさいよ!全員集合」

2009年12月16日 | そんなご舞台な2009
舞台「男子はだまってなさいよ!全員集合」  下北沢スズナリ

これはまた傑作な大笑いの舞台でした。笑いの中に、見事に計算された構成。すばらしい出来映えでした。かなりお金もかかっていたと思うし、稽古もそうとうされたように感じました。かなりレベル高い舞台で驚きました。このユニットには目が離せません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「見えざるモノの生き残り」 劇団イキウメ

2009年12月15日 | そんなご舞台な2009
舞台「見えざるモノの生き残り」 劇団イキウメ

期待度値が高い分、評価のハードルも高くなる。当然あの傑作「散歩する侵略者」と比較せざるを得ません。今回は、非常にわかりやすく構成されていて、アレどうしたのかな?これでは普通じゃん、そんな印象をもってしまいました。前川さんの独特な世界観がわかりやすく説明されていて、拍子抜けでした。これがいいかどうかは、評価の分かれ道ですが、どっちが好きかというと、わかりやすいより、考えさせられる方が私は好きかもしれませんね。俳優陣では、あいかわらず板垣さんの声が渋くて、心地よかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「ボクダンズ」 孤天(川島潤哉一人芝居)

2009年12月14日 | そんなご舞台な2009
舞台「ボクダンズ」 孤天(川島潤哉一人芝居)  APOCシアター

80分をたった一人で持たせるのは、至難の業だと思います。それを彼は、必死でやりとげています。「鍛錬」していると感じます。そのすがすがしさがとても好きです。応援したくなります。「鍛錬」していない俳優さん達が、なんと多い事か・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「大人の時間」 THE・ガジラ

2009年12月11日 | そんなご舞台な2009
舞台「大人の時間」 THE・ガジラ2009年11月公演 吉祥寺シアター

重い舞台だとは予想していたが、それ以上にすばらしい出来で感動しました。難しいテーマに真っ正面からぶつかっていって、見事でした。重いテーマの中に、さりげなくユーモアを交える余裕、まさにタイトル通りの「大人の時間・舞台」でした。こんなテーマを取り上げたら、下手な役者ではもちません。しかし、ここは見事な役者がそろいました。完璧でした。いやー、最終日に見に行ってよかった。この舞台には、公式ななにか賞を獲得してもいいように思いました。すばらしかった。最近、軽量の中途半端に笑わせてしまう舞台の多い中で、そういった安直な舞台を見事に蹴散らしてくれました。拍手です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「スパイラル・スパイス」  少年オヤジ第5回公演

2009年12月10日 | そんなご舞台な2009
舞台「スパイラル・スパイス」  少年オヤジ第5回公演 中野MOMO

申し訳ないが、何回も劇途中で出ようと思いました。これはいけません。こんな舞台はいけません。俳優が、自分に酔ってしまって、自分のセリフに感動してます。それは勘違いです。自分たちが楽しんではいけません。出演者には責任がないとは、いえません。この舞台を、この脚本を選んだのですから。応援したいけど、これでは・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加