ぼやき、ぼやき、ぼやき(^^;)

元助監督で映画キャスティングマンの

テニス用の帽子

2016年12月09日 | テニスの玉子様
テニス用の帽子

衝動買いしてしまった、今年の夏。これをかぶっても、結局は、勝てなかった自分・・・(笑)もう冬だ・・・ ギアじゃない、腕だよね、腕!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5本指ソックス

2016年11月01日 | テニスの玉子様
5本指ソックス

いやーこれはいい。これはよい(笑)脱ぎはぎに面倒だと思うかもしれないけど、履く時に、ちゃんと足の指の間を意識して履くので、とてもマッサージ効果もあって、体にいいと思う。もう、これは手放せない、いや足放せない(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オールコート用 テニスシューズ

2016年10月31日 | テニスの玉子様
オールコート用 テニスシューズ

アシックスから、ちょっと浮気してミズノの物を買ってみた。はっきりしたのは、試合に勝てないのは、シューズのせいじゃないという事。腕だよ、腕!!!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テニスシューズ

2013年07月26日 | テニスの玉子様
テニスシューズ

この前、ハードコートでテニスしたら、なんとなく足下がおぼつかなく、不安感を感じた。左足首が慢性的に捻挫感がある。古傷です。テニスシュースを買い直そうと決心。

しかし、

ハードコートは、オールコート用を買うべし。
オムニコートは、オムニ専用シューズを買うべし。
カーペットコートは、カーペット専用を買うべし。

シングルスの試合は、ハードコート
吉川事務所テニス部は、オムニコート
スクールは、カーペットコート

3足買い直す必要に迫られて、そんな・・・予算がぁ・・・

なんか、いい方法はないですかねぇ・・・

怪我を予防するなら3足買うべきか???

シニアで全国制覇を目指すなら、それぐらいは必要???

どこのメーカーにするか???

はき慣れたヨネックスにするか・・・ちょっと飽きたしなぁ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「読めばテニスが強くなる ウィニング・アグリー」ブラッド・ギルバード&スティーブ・ジェイミソン共著

2011年04月14日 | テニスの玉子様
「読めばテニスが強くなる ウィニング・アグリー」ブラッド・ギルバード&スティーブ・ジェイミソン共著    日本文化出版 2010/5/14第14冊

おもしろかったぁ!納得納得、テニスのコツ、試合に勝つためのコツが満載でした。例えば、試合開始の時に、トスに勝てばレシーブを選ぶべきとか。そんな事、全然知らなくて、この前スクールの試合で負けた時、初めて知りました。でもここにちゃんと書いてありました。しかも、もっと重要な事がいろいろ(笑)次の試合がもうすぐあります。成果をを出さなきゃなぁ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウィンブルドン2010 「ナダルVS錦織」

2010年06月24日 | テニスの玉子様
ウィンブルドン2010 「ナダルVS錦織」

善戦したけど、地力の差ははっきりとあった。前から不思議に思っていたのは、なんで錦織はエアケイをするのかなって? 昨夜見ていて気がついたんだけど、錦織はサーブレシーブの時でも、下がらずに前に数歩前進する。するとボールはバウンドして、最高地点の高さでヒットする事になる。それはジャンプして打たざるを得ない。だから錦織は、かなりの頻度でジャンプしてフォアを打っている。
その利点は、相手はサーブして体制を立て直す前に、ボールが帰ってくる。すると相手は十分な体制が出来ないままプレイする事になる。高難易だけど、まともに打ち合ってはかなわないから、強い相手にはこういう戦い方でないと、勝てないのだろう。

この戦法は、フェデラーの一回戦のアレハンドロ・ファジャ選手もこの戦い方をして、フェデラーを追い詰めた。絶対にフェデラーは負けると思ったが、ファジャ選手が負傷して逆転負けしてしまった。ともかくフェデラーはラッキーだった。

こんなんマネしてもいいのでしょうか????(^^;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウイルソン プロ・ツアーBLX96

2010年04月15日 | テニスの玉子様
ウイルソン プロ・ツアーBLX96

ついに新しいラケットを買いました!! ウィルソンです(^^;) テニス歴10年になりますが、このラケットで4本目です。これを使って、さあ中級に進級さ!!!ばぎゅーん!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉川事務所テニス部日誌 2010/4/11

2010年04月13日 | テニスの玉子様
吉川事務所テニス部日誌 2010/4/11

夕方から雨の天気予報でしたが、それまでは陽射しもあって、あたたかく絶好のテニス日和でした。参加者は以下の通り、

男子:吉川・内浦・内田・宮津・阿部博和・遠藤・長澤・緒口・城
女子:大槻・阿部京子・ムーミン中澤 (計12人)

初参加の城さんが大活躍が印象に残りました。彼は、ほとんどテニス経験がないのに、初心者のようなばたばた感もなく、早いスピードにもなんなく追いついたりして、すごかった。あまりの落ち着きぶりに、ウッチーがわざと強力サーブをして、様子を見るぐらいの感じでした。

終了後は、いつものようにお蕎麦屋さんで、ゲソ揚げ・鶏唐・サバ味噌・焼き鳥・冷や奴・締めのもり蕎麦
途中から長澤クンのお友達ヤング男子が2人が合流。

吉川:内田クンのラケットで、大活躍。ラケットあげるとは絶対言わない内田
内浦:誕生日あけのウッチー、いくつになったんだろう(^^;)
内田:ラケットをボクのとられそうになり、びくついている小心者め(^^;)
宮津:熱心に、城さんを指導する。感謝。
阿部博和:新しいヨネックのラケットで満足そう
遠藤:相変わらず、楽しそうにテニスする
長澤:蕎麦屋からのあの2人と、どういう関係なんだろう?聞いたっけ?
緒口:1時間ぐらいしかプレイ出来なくて、残念でした
城:今日でテニスにはまったようです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テニス・スクールで学習した事 

2009年10月20日 | テニスの玉子様
テニス・スクールで学習した事 2009.10.14

バックハンドで、突っ立ったままラケットを振っているので、必ず膝を曲げてJを描くように振る。

サーブがどうも合わせにいっているので(羽子板の振り方)、グリップを必ず包丁を持つように、コンチネンタルグリップで持ち、再頂点あたりではじく感じ、に振る。

間違ってますか???
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉川事務所テニス部 2009年10月

2009年10月15日 | テニスの玉子様
吉川事務所テニス部 2009年10月

快晴。まずいつものようにショートラリーから始め、ボレーボレー。次に神戸の竹林クンから教わったように、上級者がボレー、下手っぴがストローク。ちょっと休んで、サーブ練習。ここで45分経過。残りの1時間15分を試合にする。3点ゲームで先に2点取ったが勝ち。ただし、ノータッチだと、そこで負け。チャンピオンチームと挑戦者チームに分かれて、さあ試合開始・
吉川:ただバックハンドに集中した
内浦:久しぶりのようで、筋肉痛のよう
内田:あいかわらずカラ元気
あるある:久しぶりで最初調子出ず。後半、取り戻す
細川:転がりながらのファイトに、そこまでしなくてもの声
まゆまゆ:壁打ちの成果あり、バックハンドは確実性あり
阿部妻:サーブの確実性増大!いつのまに
阿部夫:いつものように大人のプレイ
デラべっぴん奥原:ノータッチ・ルールにせこいせこいと連発
猪爪:サーブ入らず苦戦
ムーミン中澤:なんだかうまくなったような
宮津:いつの間にか球拾いをしている。感謝

終了後、いつもの蕎麦屋さんで食事・ビイイイイイイーーーール!!!しかしその後、吉祥寺へ移動して、狂乱のカラオケ大会になってしまったのです(^^;)(^^;)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇都クンに会った

2009年09月28日 | テニスの玉子様
撮影現場で、宇都クンに会った。

私「なかなか、バック・ハンド」が上手くできないから、もう、バックは全部スライスで返す事にしようと思うんだ」
宇都「ああ、それはいいですけど、ダブルスだとすぐバレてポーチにあいますよ」
私「ほんと?」
宇都「ダブルスでは、標的ですね」
私「ひぇー」
宇都「スライスに構えた瞬間に、ボクは出てましたから」
私「・・・」
宇都「シングルスなら効果的かもしれませんね」
私「じゃ、結局はバックを磨くしかないんだ・・・」
宇都「ええ」

固く、決心した私です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「アーチ ハンモック ソックス」

2009年09月17日 | テニスの玉子様
「アーチ ハンモック ソックス」

竹林クンからもらったスポーツ用の靴下です。土踏まずあたりが厚くなっていて、とてもフィット感があって最高です。靴の中で足がしっかりした感触があって、踏ん張れそうです。ありがとう、竹林クン!!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

吉川事務所テニス部

2009年09月15日 | テニスの玉子様
吉川事務所テニス部 2009.9.13

参加者:(男子)吉川・ウッチー内浦・内田・宮津・デラベッピン奥原・緒口・遠藤(女子)細川・ムーミン中澤の合計9人。デラックス奥原は改名となり、デラベッピン奥原になりました。
いつものようにショートラリー、ボレーボレー、ストローク・ボレー・サーブ・試合のメニュー。
久しぶりのウッチーの参加。人数もちょうどいい感じ。最初少し西日がきつかったけど、だんだん暗くなって、解決。ライトも点灯していい感じのナイトテニス。
大槻さん直前の不参加の連絡。遠藤さんが直前の参加。やる気まんまん(^_^)

私のバックハンドがかなり進歩した様子で、みな驚きの表情。マジかよ(^_^;)
緒口さんの、グリップエンドから出てくるフォームが美しい。
細川さんの、ボレーもストロークも、すべて強打する強気のテニスにタジタジ
宮津さんは、いつものように携帯で電話しながらのテニス、器用だ(^_^;)
デラペ奥原さんは、筋肉痛と言いながらも、カレー(加齢)なテニス(^_^;)

そんな所へ、走ってコートに来る若い美女が。川口さんこと、かのこ。吉川事務所テニス部参加したいらしい。まぁ、私が誘ったんだけどね。道に迷って、暗がりの中をコートに向かってくる。もう終了10分前。美女が来た途端、テンションが高くなる男性陣。本能のおもむくがまま・・・哀れ・・・

終了して離れコートから、メインの建物へ戻る。オートテニスを見て、俄然やりたくなった、かのこ。小銭に両替して、オートテニスを始める。最初は普通の靴履いていたが、途中から脱いで、本気モード。バックハンドは両手のようだ。中・高とテニス部だったらしい。

いつものように、お蕎麦屋さんで乾杯。途中で「まゆまゆ」が参加するという連絡がある。お蕎麦屋さんが10時で終了するので、肝心屋へ移動。来た来た「まゆっち」わかゆい(^_^)

どうもこの後、もう一軒行ったらしい。

追伸
大槻さんにメールしようとする私は、必死で止められました(^_^;)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2009年7月吉川事務所テニス部レポート

2009年08月10日 | テニスの玉子様
2009年7月吉川事務所テニス部レポート

2009年7月25日(土)15時~18時
参加者は
男子:吉川・竹嶋・内田・宮津
女子:大槻・阿部京子・ムーミン中澤・
ゲスト:テイ龍進・氏家夫妻

もう10日以上も前だから、かなり忘れてしまいました。ショートラリーやって、いつものようにボレーボレー。日射しが暑くて暑くて、久しぶりの竹嶋クンもダウン寸前。というボクも何か調子悪い、気持ち悪い、5分と動けない。水もすぐなくなって、味もおいしくない。ポカリ系の飲料に代えたら、意外と気持ちよくなって、ああ「水」ではダメなんだなぁという事が実感でわかりました。
内田クンは午前中もテニスしたらしく、それでも元気いっぱい。おかしい、アイツは。壊れてる。宮津さんはいつものように、携帯で電話しながらのプレイ。器用だ!大槻さんも疲れ知らず、これもおかしい。阿部さんのミラクルショットは、偶然ではなく、全部ねらってのことが判明。だって、ミラクルショットの落下点に、早めに動くと、気がついて逆の方に打つんだもの、大人の女のプレイだ。ムーミンは、なんかうまくなっているような気がする。それがスクールに反映されるいいのだか(^^;) ボクもそうか(^^;)
ゲストのテイ君は久しぶりのテニスらしい。内田クンとバシバシ打ち合って、ストレス発散してる。氏家夫妻はマイペースで、夫のぼやきを妻がなだめていた。かわいい(^^;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一生もの、バックハンド

2009年07月21日 | テニスの玉子様
「一生もの、バックハンド」

テニスクラッシックという雑誌の、8月号のメインタイトルです。「一生もの・バックハンド」 こんなタイトル付けられりゃ、買わないわけにはいきません。一生ものだよ!一生もの!  ああバックハンド・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加