ヨッシーの道楽趣向-別冊-【yoshy's Garage】

【Welcome to yoshy's Garage ♪】

【ツーリングマシーンとして...】

2017-05-14 | Touring

Web yoshy'sGarageへようこそ♪
管理人のヨッシーです。

1998yearModelのヨッシーの愛車、
KawasakiZRX1100-C2。
総走行距離が15万キロを越えたところで
『買い換え』か『乗り潰し』かの選択を迫られ、
悩みに悩んで『Modify』することを決断。
製造から18年、
総走行距離15万キロOverの
『ポンコツ』をこのさきも乗り続けるには
それなりの『覚悟』が必要と腹を括り、
新車を優に買えるだけの大枚を払い...
足回りからエンジンに至るまで
吟味し拘り抜いた部品を取付け、
ヨッシーの理想とする走りを具現化できる
Machineに仕上げている夢の途中...それが今。
『Modify』し、
理想とするMachine性能を求め続けた結果として
美味しいところ(製品寿命)の短いとされる
「RacingParts」と呼ばれる部品を満載し、
気難しい(使用条件に影響されやすい)と言われる
「RacingCarburetor」を搭載することとなってきた中で、
確かに足回り含めて各部を刷新することで
ノーマル時では感じ得ない
『シャキッ』とした乗り味のMachineを
手に入れることには成功した。
しかし...
果たしてヨッシーのMachineは
【ツーリングマシーンとして...】はどうなのだろう?
2017年のゴールデンウイークは
これを検証するが為に
2泊3日の旅に出掛けることにした♪
私の趣味は『ツーリング』ですからね(* '-^) ⌒☆
※ここでいうツーリングとはロングツーリングという意味です。

Day1
2017年5月5日(金)AM3:00-
名古屋IC付近某GS

今回のツーリングの目的は、
愛車KawasakiZRX1100-C2改の
ツーリングマシーンとしての完成度の確認。
ツーリング条件は、
飛び込みで『お宿の確保』が出来そうなこと、
それなりの距離を走れること、
標高の高い山岳ワインディングがあることが条件。
様々な場所が候補にあがったのだが、
最終的に福島県(会津地方)に決めた。

名神高速==中央道==長野道==上信越道==
北陸道==磐越道と繋ぐ
総走行距離560Kmの高速道路一気走り♪
(給油以外の休憩なし)
日頃の走り方での
高速道路(高速走行)での燃費データーは
ある程度取れているので、
今回はツーリングペースでの
燃費データ取りを心掛け走ります♪
(燃費計算は「満タン法」にて計算)

給油に立寄ったSAで空を仰ぎ見ると
天候は素晴らしい『快晴』。
Machineも快調で気分良し♪
黙々と走っていると...
アッ!と言う間に磐梯山が見えてきました(笑)

ここまで走っていることが『楽しくて♪』
朝食を食べることも忘れるほど(笑)
『そうだ!会津といえば...」と、
以前から食べたいと思っていたラーメンを思い出し、
お店の場所をスマホで検索。ρ(・・。) ドレドレ♪
行列必至のお店ですので開店30分前到着を目標にして、
ブランチ♪で行ってみることにしました♪
予定時刻より少し早めに到着するとすでに...
行列が出来掛けていました。(滝汗)

やさい・くだものと書かれたお店は
とてもラーメン店には見えませんが、
『古川農園』さんと言う
常に「会津若松ラーメン人気ランキング」の
上位をキープするラーメン屋さんなのです(笑)
開店時間には長蛇の列...。
運良く1回転目に席につくことができ、
注文したのは「肉そば+手打」。
待つこと10分ほど...
念願の「古川農園」さんの肉そば♪が
運ばれてきました。ゥレスィ━━(>∀<人)━━♪♪

麺が見えない程にのせられた
「焼豚(チャーシュー)」の大迫力に圧倒されます♪
2~3枚食べると...
「手打ち麺」が登場となります♪
平打ち極太チヂレ麺が
質の良い鶏ガラ醤油のスープに良く馴染んで
サイコ━+゚*。:゚+(人*´∀`)+゚:。*゚+.━━!!
なのです♪

古川農園(食べログ)

腹ごしらえが済んだところで、
山岳ワインディング
『磐梯山ゴールドライン』
『磐梯吾妻レークライン』
『磐梯吾妻スカイライン』
に向かいます♪

磐梯山ゴールドラインから磐梯吾妻レークラインを経由し
磐梯吾妻スカイライン(浄土平)までは、
徐々に標高を増していきますので、
山岳ワインディングにおける走行テストには好都合♪
標高1600mの浄土平まで
「ModifyされたMachine」であっても
ヨッシーのペースで気持ち良く走ることができるかを確認デッス♪


磐梯ゴールドラインから磐梯吾妻レークラインと
何の「不満」も何の「不安」も感じることもなく
快調に登ってゆきます♪
いよいよ標高1600mアタック、
『磐梯吾妻スカイライン』に入ります♪

春の山岳ワインディングの最大の魅力である氷壁が
路の両サイドまで迫ります。☆⌒ヽ(*'、^*)サイコォー♪


不思議なことにこの日のスカイラインは
『ガラ空き、ほぼ貸し切り状態』で
一気に標高をあげ...
標高1600m(浄土平)マデ、
ストレスを感じることなく走りを楽しみながら到着できました♪
Machineはアクセルを急激に開けると
若干ですが薄めの症状はでますが、
特に神経質になる必要もありませんでした。(*′▽`)ノ゙ラクショージャン♪

折角なので
『吾妻小富士(標高1,707m)』にプチ登山♪
歩き辛い登山道を登ること...10分。
火口壁に到着です。(*>∇<)ノOK♪

振り返ると
美しい風景が目に飛込んできました♪
澄んだ空気・心地の良い風
白い雲に青い空・残雪の山肌...
日頃ため込んだストレスから
『こころが開放』されてゆきます(´▽`) ホッ

左手には
『来た路』(土湯峠方面)

右手には
『行く路』(つばくろ谷/高湯温泉方面)

吾妻小富士登山を終え
『つばくろ谷』まで走ります♪
切り立った渓谷(つばくろ谷)に架かる『不動沢橋』を渡り、
つばくろ谷(展望所)に到着♪


ココで良い時間となってきましたので、
確保していたお宿まで
『磐梯吾妻スカイライン』
『磐梯吾妻レークライン』
『磐梯山ゴールドライン』
を逆戻りすることにしました(笑)
もうイッパツ♪
山岳ワインディングを楽しんじゃいマッス(>▽<)b OK!!

<天狗の庭付近より吾妻小富士を臨む>
【磐梯吾妻スカイライン】
磐梯吾妻スカイラインは、
福島市西方の高湯温泉と土湯峠を結ぶ、
全長28.7㎞の山岳観光道路です。
最高地点1622m、平均標高1350m、
吾妻連峰を縫うように走るパノラマコースには、
山並みや渓谷、奇岩などビューポイントが数多く点在。
コーナーを曲がるごとに変化に富んだ景色が展開し、
まるで雲上の楽園を駆け抜けるよう。
春の「雪の回廊」、初夏の新緑、秋の紅葉と、
季節毎に魅力的な表情を見せてくれます。
福島総合観光情報ナビ/ごらんしょふくしま

Day2
2017年5月6日(土)
事前の天気予報ではこの日は雨。
無理はせずに雨天走行データを...と思っていたので、
沼田までの軽めのツーリングの予定を組んでいたので
少々拍子抜けしましたが、
天気(晴れ)に越したことはありません♪
お宿を出立して鶴ヶ城の横を通過して(笑)
混み合う国道を避け
県道131号線(日光街道)をゆきます。
今回の目的はModifyされた愛車の
『ツーリングマシーンとしての完成度の確認』ですので
「山内宿」も「塔のへつり」もスルー(笑)
観光よりも走ることを最優先させました。( ̄▽ ̄)ニヤリッ
快走の県道から国道121号線(会津西街道)に流入し、
川治温泉・鬼怒川温泉を擦めて日光に入ります♪
雨天から一転晴天となったこの日...
ウエアのベンチレーションを開けて走れる程の陽射し。
あまりの暑さに『松月氷室(大橋橋店)』さんで
天然氷の「かき氷」をいただく事にしました♪

夏期では数時間待ちが「当然(当たり前)」ですが、
閑散期のこの時期はすんなりといただく事ができました♪
日頃ならば「みぞれ(煎じ/しぐれ))か抹茶」を注文するところですが、
この日は迷わず「生いちごミルク」を注文。

フワッフワの氷の上に...生いちご♪
なんて贅沢なのでしょう...堪りません。(人,,*゚∀゚)シアワセ♪

因みに天然氷の蔵本は日本に5軒あり、
日光はその内の3軒がひしめき合う程の激戦区。
東照宮を巡り少し疲れたところで
冷たい「かき氷」なんて最高ではないでしょうか♪
暑さに負けずに並んで(待って)食べるだけの「価値」はありますよ。
松月氷室(食べログ)

「かき氷」を美味しくいただき暑い陽射しから
身体をクールダウンしましたが、
MachineのEngineをクールダウンさせることなく、
日光...と言えばあの峠を楽しみます♪
紅葉の時期とは違い観光に訪れる四輪車は少なく、
快適に「明智平」まで登ることができました。
途中...SSマシーンにお乗りのお兄さん達に
軽ぅ~く遊ばれちゃいましたけど(笑)


【日光いろは坂】
日光市街と中禅寺湖・奥日光を結ぶ観光道路。
下り専用の「第一いろは坂」と
上り専用の「第二いろは坂」の二つの坂を合計すると
48か所もの急カーブがあることから
「いろは48文字」にたとえてこの名がついた。
カーブごとに「い」「ろ」「は」・・・
の看板が表示される急坂が続き、標高差は440m。
「第二いろは坂」途中の明智平展望台からの眺めは抜群で、
第一いろは坂を望むこともできます。
秋には日光で最も紅葉の美しいスポットとして知られ、
絶景のドライブコースとなっている。
-日光観光ナビより-
日光観光ナビ

第2いろは坂を抜け
国道120号線は「日本ロマンチック街道」に入り
金精峠を駆け上り...沼田に至りDay2を終えた。

Day3
2017年5月7日(日)
ツーリング最終日は、
県道28号線(高崎榛名吾妻線)
通称「裏榛名」からスタート♪
愛車ZRX1100-C2改の調子を見ながら
「裏榛名」を快調に走り...。
榛名湖畔に到着♪
途中「SUBARU インプレッサSTI」が
カーブを曲がりきれずに
ガードレールに突き刺さり「ゴマメ(この言葉は死語かなぁ)」
あれだけのクラッシュでも運転手が無傷なのは
流石に四輪車だなぁと感心してしまいました(笑)
皆さん早朝の峠道は気を付けましょうね♪♪

ホッと一息ついて、
榛名湖畔にMachineを止め
榛名山(榛名富士)を撮影しながら後ろを振り返ると、
水仙の絨毯が広がっていました♪

榛名湖を後にして、
県道33号線(天神峠)==国道406号線(草津街道)から
県道54号線で北軽井沢に抜けます♪
北軽(キタカル)から
再び日本ロマンチック街道(国道146号線)に入り、
中軽井沢に入ろうと思ったのですが...。
あまりの天気の良さに「ひょっとすると...」と思い、
「鬼押ハイウェイ」に入り
「浅間 六里ヶ原休憩所」に立寄ることにしました。OK!!( ̄▽ ̄)δ⌒☆
予想的中!
この日も「浅間山」が綺麗に見えました。゚+.゚(′▽`人)゚+.゚ィィ!!
快晴の時に「六里ヶ原休憩所」から臨む浅間山は
何度見ても感動します♪

六里ヶ原休憩所

六里ヶ原休憩所より
鬼押ハイウェイを戻り国道146号線に入ると...。
星野リゾート辺りで軽井沢渋滞。┐(|i′Д`)┌Oh!No
渋滞に並んでいても仕方ないのでサッサと
抜け道を使い中軽井沢を迂回。
混み合う佐久市内もスルーしながら
県道157・156号線(コスモス街道)から
県道138号線(佐久甲州街道)と渋滞回避し、
国道299号線(麦草峠)に入ります♪
標高2,000m越えの「麦草峠」でも
愛車のアイドリングは安定していました。(+`゚∀´)=b グッ

【麦草峠】
麦草峠は長野県茅野市と佐久穂町の間にある
標高2,127mに位置する峠道で、
国道では
渋峠(横手山と白根山の間を通過する峠)に次いで
2番目に標高の高い場所である。

昼食はテキトーなコンビニエンスで...と思っていましたが、
麦草峠を下ってゆくと感じの良い「パン工房」を発見したので
昼食に立寄ることにしました♪

焼きたてパン&pizza「Epi」さんで昼食♪
テラス席で涼やかな風を感じながら
焼きたてパン2種と
オニオングラタンスープをいただきました。(*´∪`*)シアワセ♪


焼きたてパン&pizza Epi

昼食後は
諏訪から「杖突峠」を走り高遠(長野県伊那市)に抜け...
いつもの様に広域農道を傳ながら
国道153号線へというルート♪を淡々と走り帰宅となりました。

自分好みの走り方のできるMachineを目指し
Modifyを施してきた愛車が
【ツーリングマシーンとして...】どうなのよ?
ということを確認する旅。
総走行距離1,500Km。
様々な峠道や街道を走り切り感じたことは、
「とても快適で、
走ることが楽しくて仕方のないMachineである」ということ。
ここまでの
Modifyを進めてゆく過程では
トラブルが相次ぎ...
「ヤラなきゃ良かったかな?」と感じたことも正直アル。
新車の最新鋭機を買ってしまえば、
自分の理想とする性能を手にすることなど
簡単なことですからね...。
でも...そうはしないと決めた(決心した)のだから
最後までコイツと付き合うさ。
今でも問題となることは皆無とは言えない。
でもそれは...
使う者の工夫で乗り切れるレベルの話し♪にまで
Machineは完成の域に達してきている。
工夫することや手間の掛かることはノーマルでも同じこと。
ただひとつ確かなことは、
KawasakiZRX1100というMachineに拘り続けてきて、
良かったな♪...と今素直に感じているということだ。

これからも
愛車のツーリング性能を確認する作業は
続いてゆくのだろう...。
趣味がロングツーリングである以上、
Machineを良い状態(ロングツーリングに耐えうる状態)に
保ち続けることが何よりも大切なことなのだから。
走ることでしか見えぬことがある。
走ることでしか知り得ぬことがある。
愛車との絶対的な信頼関係を築きあげてゆくには、
自分自身でMachineを感じるしかないのだから。

<福島の春♪>

氷室京介/IF YOU WANT

では
Thanks for coming!
Web yoshy'sGarageはライダーの皆さんのお越しをお待ちしております♪



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ライディングシューズ 4 ♪】 | トップ | 【キャンプツーリングの友12♪】 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
走りのツーリングですね♪ (イトー)
2017-05-14 16:37:13
磐梯吾妻スカイラインの雪の壁も良いですね。道も景色も最高なのは知っているので、次回の雪の壁アタックは福島を計画してみようかな。日光方面もバイクでは未踏の地なので良さそう。それにしても今回のブログは読んでいて、ヨッシーさんが走っていたであろう実際のスピードを感じらる程に疾走感がありましたd( ̄  ̄)
こんばんゎ (しず)
2017-05-14 21:31:16
雪の磐梯は走ったことないけど、

どれもこれもGPZ900Rで走ったからなつかしい。
バイクの難しいことはさっぱりわかりませんけど…😞m(__)m。

楽しさだけ✨👏✌️
Re:イトーさんへ (ヨッシー)
2017-05-15 22:05:27
コメントありがとうございます♪

渋峠と迷ったのですが、
より距離のある会津磐梯山にしました(笑)
今回はロングツーリング時に出会すであろう環境(シチュエーション)に、
現状のMachineでどこまで対応できるのかを確かめる旅でしたので、
終始私なりのツーリングペースでしたよ(笑)
燃費も良い悪いを繰り返しながらも
大型バイクとしては平均的な数値でしたので満足しています♪
チョット気持ち良く開けると...でしょうけどね(^^ゞ

今回の磐梯3ラインは
四輪車が少なくとても快適な走行ができましたので、
来年のGWも...と思わず考えてしまいました。
お宿の確保も草津方面よりはできますからね(^^)
来年はご一緒できたらと思いますのでまた相談しましょう♪

Re:しずさんへ (ヨッシー)
2017-05-15 22:11:55
コメントありがとうございます♪

夏や秋の吾妻スカイラインより
四輪車が少なく楽しく走れましたよ♪
会津若松はチョイと距離はありますが、
Ninjaならアッ!と言う間で到着ですので、
是非また遊びに行ってみて下さい(^^)

私の「講釈」は読み流してくださいませ(笑)
オートバイの楽しさ♪が
しずさんにも感じていただけたのであれば満足です(*^ー゚)b

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL