ヨッシーの道楽趣向-別冊-【yoshy's Garage】

【Welcome to yoshy's Garage ♪】

【あつい夏がまたやってくる...♪】

2017-07-14 | Touring Equipment

Web yoshy'sGarageへようこそ♪
管理人のヨッシーです。

夏のツーリングを乗り切る為の
マストアイテムと言えば、
やはり涼しいライディングウェアではないでしょうか?

涼しさと安全性を両立した
ライディングウェアを探すのは難しいもの...。
安全性を重要視したあまりに、
暑さに負けてウェアを脱ぎ捨てて
ライディングしていたのでは、
本末転倒となってしまいます。
本末転倒という言葉であっても
やはり『転倒』は嫌なものですので、
ライダーとしては避けたいものですね(笑)

2017年の夏...
ヨッシーが選んだライディングウェアは
【ROUGH&ROAD(ラフ&ロード)】
ダイレクトエアメッシュジャケットFP
カラー:Black
【素材】
・表地:ビックホールメッシュ
・襟裏:クールマックスメッシュ
プロテクター:胸・肩・肘・脊椎パッド標準装備。
というもの♪


【CONCEPT】
『真夏に対応した涼しさとプロテクションを
ほどよく両立させた”究極のメッシュジャケット”』
ライディングの妨げになる暑さから
ライダーを開放するのがこのジャケットの使命。
ビッグホールメッシュ生地をメインに使用することで、
大量のフレッシュエアーを導入しボディをクールダウン。
裏地を省くことにより抜群の放熱性を誇り、
暑さによるライディングへの集中力の低下を抑え、
安全性に寄与します。
胸部・肩・肘・脊椎にエアスルータイププロテクションを装備し
快適性をとことんまで突き詰めた、
”放熱”するために生まれた真夏対応のジャケットです。

このウェアは
エアースルータイプ(ビッグホールメッシュ)ですので、
信号待ち等の停止時間の多い
近距離ツーリング等に使用しようと思い購入しました。
流石に長時間高速走行をするような
ロングツーリングには不向きだと感じます。
強烈な風圧を受ける様な使用条件では、
アッと言う間に生地が傷む様な気がしますので(笑)

新年会の際に倶楽部の仲間にもらった
『相田みつを』さんの作品集(カレンダー)の
6月に書かれていた言葉♪


※相田みつを美術館:http://www.mitsuo.co.jp/museum/index.html

なるほど...

<礼文島/ゴロタ岬より遠く利尻富士を望む>
この夏...
ヨッシーの主宰するツーリング倶楽部
MotoComradeの仲間の多くが渡道をはたす。
ヨッシーがはじめて渡道したのは19才の夏、
愛車GPZ900R(Ninja)を駆ってのことだった。
あれから何度も渡道を繰り返すことで、
何か感動が薄れてゆく様な気がして
ヨッシーは北海道ツーリングを
『一時休止』することとした。


<2011年礼文島/香深港でのお見送り風景>
しかし...
先日の倶楽部ツーリングの際に
仲間から聞いたひと言(北海道の情報)で、
また少しずつ『あの時に感じていた思い』が、
礼文島は香深港での『いってらっしゃーい』という
お見送りの声とともに甦ってきた様な気がした。
渡道を決断するまでにはまだ少し時間が掛かるのだろうが、
『あの時に感じていた感動』は忘れたことはない。

日常を過ごしてゆくうちに
少しずつ少しずつ...
知らない内に固くなってゆく『こころ(気持ち)』。
『木の芽がのびるのはやわらかいから』
オートバイ(ツーリング)への想いを、
あの時の自分が感じていた以上の想いで
今年の夏も...と願えば、
きっと『熱い(暑い)夏』がまたやってくる。

この夏も
ROUGH&ROAD(ラフ&ロード)
ダイレクトエアメッシュジャケットを着て
最高の夏を走り切りたいと思います♪
真新しいジャケットで参加した
MotoComradeの7月定例ツーリングの模様も、
倶楽部活動日記(ブログ)にて公開していますので
宜しければご覧下さいm(_ _)m
MOTO COMRADE HP

では
Thanks for coming!
Web yoshy'sGarageはライダーの皆さんのお越しをお待ちしております♪

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ご自由にご覧下さい♪】 | トップ | 【あつい夏がまたやってくる.... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たけ)
2017-07-17 19:53:50
北海道行きたいですね

サラリーマンをやりながら全部行こうとしたら
何回行かないといけないのかと思いますが
それならば、北海道転勤でも良いなと
考えてしまいます

単身赴任で北海道は意外に最高な条件かもですね
桃岩荘ユースホステル (テルミー)
2017-07-17 21:40:08
45年前の秋文化祭の頃北海道を列車で旅しました 北海道に入るなり 大沼小沼が雪で覆われ 不吉な思い 礼文島にわたるとき 波はノコギリ なんとかゲロせず到着 温かく迎い入れてくれた人々は旅人でなくほとんど冬を越すヘルパーさんだったような気がします2泊したころ天候が悪く お前は帰れないと脅されましたが何とか船が動きテープで見送りされました 涙々 メノウ浜で必死に石を探したこと 積丹のユースで若い女の子についてゆき予定を変更したことなど 思い出一杯です 今年来年に引き続きもう一度北海道ツーリングに行きます また違った思い出を作ってきたいと思います
Re:たけさんへ (ヨッシー)
2017-07-19 09:37:20
コメントありがとうございます♪

最近の北海道ツーリングは暑いと聞きます。
避暑を求めて渡道した時代とは
少し様相が違ってきているのでしょうね...。

北海道転勤は良いですが、
冬の北海道は厳しいですよ(汗)
やはり一年中オートバイに乗れる
内地が良いです。
毎年冬になるとオートバイに乗れる地域で
生活していることに感謝してしまいます。

北海道ツーリングは
道央→道北エリア・道央→道東エリア・
道央→道南エリアと3つのエリア分けすれば、
3回で終わります(笑)
ただしマニアックツーリングをするとなると...
もう1回は行きたいところですね。
それにしても、
北海道...って夢のある響きですよね(笑)


Re:テルミーさんへ (ヨッシー)
2017-07-19 09:52:24
コメントありがとうございます♪

今の北海道は分かりませんが、
私が19才の頃に訪れた北海道には、
ツアラー・ジェアラー(JR旅)・旅人...などなど、
様々な人達が渡道していました。
キャンプ場にはヌシと呼ばれる様な人も居て、
どこを訪れても退屈することはありませんでした。
夏は北海道で過ごし、冬に向かって日本列島を南下する、
渡りなんてライダーも居たりして。(今でも居たら失礼ですがwww)
ホントに良い時代でしたね(笑)
逆に変な刺激を受けて、
北海道で農作業を手伝いながら
私も旅人に...
なんてアブナイ妄想を抱いたものです(笑)

礼文島のユースは、
あの頃のままの伝統が受け継がれているのがイイですね♪
旅行者がヘルパーとなり越冬してしまう...。
生きていくことへの(老いることへの)恐怖など感じずに
ただただ人生を突っ走っている若者達♪がそこには居ます。
私がいつしか失ってしまった情熱の様なものを
彼らは持っているのでしょう。
若さって眩しい程に輝いていて素敵ですね(笑)
19才の頃に噂になっていたのは、
某礼文島のユースに行ったら帰してくれないよ...というものでした(爆笑)

若い頃のテルミーさんの北海道話し...。
なんだかまだ奥深そうなので、
是非お泊まりツーリングのお酒の席で
お聞かせ下さい(^^)

今年の渡道も
最高の思い出を作ってきて下さい(^_-)-☆



コメントを投稿

Touring Equipment」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL