ヨッシーの道楽趣向-別冊-【yoshy's Garage】

【Welcome to yoshy's Garage ♪】

【9th Time around 2♪】

2016-08-24 | 一般

Web yoshy'sGarageへようこそ♪管理人のヨッシーです(^^)ニコ

ヨッシーの愛車KawasakiZRX1100‐C2が
9回目の車検から戻ってきました♪
今回も
車検の代行をしていただいたのは、
ヨッシーの愛車KawasakiZRX1100-C2のModifyを
初期から支え続けて下さっている、
滝川店長率いる「しゃぼん玉一宮店」さん♪
(滝川店長とは
しゃぼん玉名古屋店時代からのお付き合いです)

「しゃぼん玉車検」では、
エンジン点検=20項目。
動力伝達装置点検=8項目。
ステアリング&電装点検=13項目。
ブレーキ関係点検=15項目。
タイヤ・ホイール・Rサスペンション点検=14項目。
その他=3項目。
合計=73項目の点検が実施されます。゚+.゚(′▽`人)゚+.゚ィィ!!
重要点検箇所の整備内容を
写真付きの冊子にして説明してくださるので
とても有り難いです♪


ヨッシーは車検時に
まだ使えるものであっても、
状態の良くない部品は即交換する様にお願いしています。
これには
「私への確認(了承)作業は不要ですよ」ともお伝えしています。
作業の手を止めて
私に確認(電話)していただいても「交換して下さい」という
判断(返答)をするに決まっていますし、
なによりも確認(了承)が取れるまで
部品発注が行えないので、
作業の停滞時間が発生してしまうというのが
いただけません┐( -"-)┌ヤレヤレ...
もちろん高額な部品等々、
先方で判断に迷うものは確認の連絡を下さいますし、
交換した部品は
後ほど(車検後)両者立ち会いで
必ず部品を見ながら検証作業を行ないますので
信頼を損なうということはありません。△...c(゚.゚*)ナルホドネ
この検証作業を行なう事で
何故この部品にヤレが発生したのか...というところで
Machineの問題(単に機械的な)が発覚するということもあるでしょうし、
Machineの扱い方(ヨッシーの問題)さえも分るのです。
ヨッシーは
通常的(日常的)に行なう点検・整備では見付け難い
不具合をあぶり出す作業...これが『車検』だと考えているので、
ただ走行に支障は無いですよ程度...では困るのです。
今回、
私(ユーザー側)からの注文は、
クラッチマスターのOHと不具合の改善。
前後SuspensionのOH。
ホイール関連(特にBEARING類)の点検等々、
走行中に動作を繰り返している部品を
重要項目と位置付けた車検をお願いしました。



約1ヶ月の期間を費やした車検は
ヨッシーが予想していた部品以外のもの数点の交換が行なわれ
無事に終了しました。
特にOZホイールの
「DEEP GROOVE BALL BEARING」の不具合を感じ取った
笹田チーフメカニックの感覚は
『Fantastic(素晴らしい)』の一言♪
チーフ自身も
初期段階の整備では分らなかった...と仰っていましたから。
取り外したBEARINGのインナーレースを動かしてみると
スムーズに動くのですが、
ある部分に一定以上の力を加えると「オットォ!(・oノ)ノ」となります。
もちろんこれも微小な「違和感」なので
教えられずにBEARINGを回していたら気付かない程度の話です。

RacingPartsなどを多用し
Customされた車輌のヤレ(部品疲労度)は、
想像よりも大きいものです。
RacingSpecに近付けた様な車輌は、
それに準じた(見合う)整備時間と性能維持予算が
必要だと言うことを忘れてはならないのだと思っています。
曖昧な基準で「まだ大丈夫」などと判断すると、
大きな代償を支払わなければならなくなる場合もあるのだと
認識した方が良いでしょう。
【9th Time around ♪】<2016年7月27日更新>
でお届けしたMachineの全景画像と今回の画像...。
車輌の「見て呉は」全く同じに見えることでしょう。
しかし...
乗車してみると差異はあきらかなのですよ(笑)
獲得した性能を維持するのは...とても難儀なものです(汗)
皆さんは「車検」をどう考えていますか...。

さて、
9回目の車検を終えました♪
まだ少しやり残しはありますが、
ひとまずコレで
愛車KawasaskiZRX1100-C2を
思いっ切り走らせる事ができます♪
しゃぼん玉一宮店さんから
自宅に戻る途中...
大気が不安定でドシャ降りの雨に遭いましたが(笑)
Machineは「シャキッ♪」と快調♪で
何時間でも走っていたくなりました。ヽ(*⌒∇^)ノヤッホーイ♪

帰宅しMachineについた雨粒を拭いていると...、
「4in1 NITRO RACING ウェルドクラフト3DチタンEX」の
ExhaustPipe(titaniumPipe)の焼け色が
美しく浮かび上がる様になってきたのに気付きました♪
以前に装着していた
「モリワキ ZERO SS ANO 手曲げフルチタンマフラー」もそうですが、
焼け色ひとつに拘りたいと感じるのです。
マフラー1本であっても
やはり自分でアクセルを開けた結果を見てみたい...
そう素直に思うのです♪

【関連記事】
【9th Time around ♪】<2016年7月27日更新>
【ご自由にご覧下さい♪】<2016年3月20日更新>
【モリワキ】<2015年2月5日更新>


では
Thanks for coming!
Web yoshy'sGarageはライダーの皆さんのお越しをお待ちしております♪

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

【電源確保♪】

2016-08-15 | 一般

Web yoshy'sGarageへようこそ♪管理人のヨッシーです(^^)ニコ

今回は
ZRX1200DAEGに乗る仲間から、
ツーリング時に携帯(スマホ)を
より有効利用したいとの依頼を受けたので...。
電源確保♪と携帯ホルダー♪の取り付けッス♪

今回取り付けるのは...。
☆DAYTONA
バイク専用電源USB(5V/2.1A)
1ポート スマホ対応 電源アダブター
☆RIDEZ(ライズ)
WATERPROOF CASE & HOLDER
FOR SMARTHONE KIT
の...2点♪

仲間の使用する携帯(スマホ)は、
iPhoneなので非防水...。
ツーリング時に急な雨に見舞われることを想定して、
用品店で携帯(スマホ)用の
防水ケースと取り付けアタッチメントを探していると...。
この商品が
1番売れていたので防水ケースは迷わずコイツに決定!
『マウントから外したケースは、
付属のネックストラップで首に掛けても使えるぜ♪』...と、
なんでも無いようなことを
惚けた顔して説明している
「オッサン」の写真も気に入ったしね(笑)

さて、
ACC電源をどこから引っ張るかなぁ~
と考えながら...σ( ̄、 ̄=)ンート
以前に
ZRX1200DAEGにはETC用の
ACC電源コネクターがシート下にアルと聞いていたので
調べてみると...。


Bingo!
素晴らしい♪v(*'-^*)-☆
アッサリと
電源の取り出し口が決まりましたので、
後は
電源アダブター(USB)から電源までの配線を通すために
燃料タンクを取り外してゆきます。(*^-°)v オッケェー♪

DAEGは
ヨッシーの愛車ZRX1100とは違い
燃料タンクを取り外すにはチョイと
コツが要ります。
燃料タンクを留めている2本のボルトを外し、
木片などを使い燃料タンクを浮かし...。
燃料タンクに繋がっているブリーザーチューブを
2本取り外します。

次に
燃料計とフューエルポンプのコネクタを外します。

ココまでは
あまり考えなくても簡単に作業は進みます♪OK!!( ̄▽ ̄)δ⌒☆
問題は...
燃料ポンプ(フューエルポンプ)に繋がっている
燃料ホース(フューエルチューブ)の取り外し。…c(゚^ ゚ ;)ン?
DAEGの燃料ホースはクリップ留めではなく
赤色のストッパーで留められています。
このプラスチック製のストッパーを
取り外す際に破損してしまうと...。
ASSY(Assembly)交換となり
5千円以上の出費となってしまいます(汗)

ストッパー下部に
溝が切ってあるので、
マイナスドライバー等を使い取り外しましょう♪
焦らなければ簡単な作業ですからムリせず慎重に(笑)
また
燃料ホースを取り外す際には...。
ホースに溜まった燃料が
僅かですが溢れますのでコチラも注意して下さい。

ヨッシーは
燃料タンクを取り外した際には
プラグキャップの緩み・破損...。
ラヂエター水の確認等々、
日頃点検できない部分の確認を
必ずおこなう様に心がけていまので、
仲間のMachineも同様にこの作業をおこないます♪

配線の取り回しや不要な遊びが無いように気を配り
地味な作業を黙々と進めます(笑)
約2時間程でUSB電源の
取り付け作業は終了となりました♪


防水ケースを取り付けるアタッチメントは
KITとして付属しているので
ポン付けでOK♪
ヾ(´▽`*)楽勝ジャン♪

そのまま防水ケースを取り付けると
クラッチ側のオイルタンクに干渉してしまうので、
取り付け位置を微調整しておきます♪

最後に
実際に携帯(スマホ)を使って
電源供給状況の確認と視認性の確認を済ませ、
後は引き渡しを待つのみとなりました。(。-`∀・)b゙OKダゼ♪
(この防水ケースは携帯のタッチ操作も可能です♪)

この夏...
Battery残量を気にすることなく、
携帯(スマホ)を有効利用して
素敵なツーリングを楽しんで下さいねー♪
※ETC用に確保されたACC電源より
電源を取り出しました。
万一にも電源供給が不安定となりましたら、
リレーを使ってBatteryから電源を確保しますので
その際にはお気軽にお申し付け下さいm(_ _)m

ps.良く整備されたDAEGでしたが、
『チェーンオイルの注油』『タイヤの空気圧の点検』
『細かい部分のグリスアップ』等々を済ませておきました、
これで更に安心してツーリングに出掛けられますよ。オッケー☆⌒c(´∀`)ノ

では
Thanks for coming!
Web yoshy'sGarageはライダーの皆さんのお越しをお待ちしております♪


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ご自由にご覧下さい♪】

2016-08-02 | 雑誌

Web yoshy'sGarageへようこそ♪管理人のヨッシーです(^^)ニコ

雑誌のご案内です

☆RACERS Volume40
SUZUKI GSV-R
2002 XR E0 →2011 XR G4
2002 MotoGP Round 1 SUZUKA
キックオフは華々しく
可能性を感じさせたデビュー戦
梁明、雨の鈴鹿で2位表彰台
[TECHNICAL REVIEW]
野心に満ちたV型4気筒
[THE SCENE from scenes] 
2002-2011 MotoGP
スズキの第一期モトGP参戦
荊棘の10年間が残したもの

2ストローク500ccと
4ストローク990ccの混走という形で
幕をあけた2002年MotoGP元年...。
ヨッシーの興味は
Grand Prix Machine(500cc)ではなく
MotoGP Machine(990cc)にあった。
500と990、
この差はどれほどのものとなるのか...。
開幕戦でその答えは明らかとなり
MotoGP Machineの凄まじいまでの走りを、
雨のSUZUKAで感じたのを覚えている。
HONDAのRC211Vの異様な姿...。
SUZUKIのV4エンジン...。
変革期の楽しさが
ソコ(MotoGP)には溢れていた♪
SUZUKIの第一期となる
MotoGPの挑戦を深く知りたければ、
今回のRACERSは買い!の1冊です♪

Realyoshy'sGarageの本棚に
ご紹介した冊子を置いておきますので
冷たいコーヒーでも飲みながらご自由にご覧下さい

では
Thanks for coming!
Web yoshy'sGarageはライダーの皆さんのお越しをお待ちしております♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【9th Time around ♪】

2016-07-28 | 一般

Web yoshy'sGarageへようこそ♪管理人のヨッシーです(^^)ニコ

ヨッシーの愛車KawasakiZRX1100‐C2を
9回目の車検に出しました♪

9回目の車検...と言うことは、
新車購入時より
気が付けば19年間のお付き合い(笑)
その間...。
ZRX1100とは
言葉では簡単に言い表すことができないほどの
経験を共にしてきました♪
良いことも悪いことも...。

オートバイという乗り物を
どの様に楽しむのかは...人それぞれ。
その感性もまた...さまざま。
ヨッシーにとって
KawasakiZRX1100の
TouringMachineとしての性能は
『秀逸』なものであり、
ツーリングというカテゴリーにおいては
『全くの不満』を感じることのないMachine♪
乗れば乗るほどに...。
知れば知るほどに楽しさが溢れてくる...
そんなMachineだからこそ、
19年間コイツと走ってこれたのだと思う。
ZRX1100と駆けた19年という年月で
焚いてきた燃料...量り知れず。
履き潰したタイヤ...数知れず。
時間(とき)を費やし...
日本全国を巡り
共に刻んできた時間(とき)は
人生の『貴重な思い出(財産)』となっているのです♪



しかしながら...
8回目の車検を受ける際に
『車輌入替え』を意識したのもまた事実。
各社(BMW・KTM・Kawasaki・HONDA・YAMAHA・SUZUKI)の
販売店を巡り候補を試乗したりしました。

あるメーカーの販売店を訪れた時...
偶然にもZRXのOwner's Clubでご一緒だった方と
何年振りかにお会いしバイク談義で盛り上がりました♪
彼は数年前にZRXを手放したそうで...。
私のZRXを眺めながら
「車輌を手放してZRXの良さが分った様な気がした」と
言った後に彼がポツリッ...と呟いた言葉。
「ZRX...手放さなければ良かったなぁ」という一言が
とても印象に残りました。
ZRXを買い換える際に、
奥様にムリをいって買い換えたので
しばらくはコイツで楽しみますと言った彼の笑顔に
嘘はないのだろうと感じました♪

あの時...
感じた「走る楽しさ♪」「操る嬉しさ♪」を
もう少しZRX1100-C2と感じていたいナ...
そんな実感が心の中から湧いてきました♪




整備・点検等は怠らずにしてきたとは言え、
17年使い続けた車輌...。
走行距離も10万kmを遙かにOver...。
「イケるのか...」と悩む日々。
そんな私の心を知ってか、
ツーリング帰りにラヂエターがパンク(汗)
そんな時に訪れたのが
「しゃぼん玉名古屋店」さんでした。
ここで滝川店長との出会いがなければ...
今のZRX1100は無かったと思います。
MachineのModifyについては
またの機会に日記としますので
お楽しみ下さい♪

9度目の車検(9th Time around)
タイヤも新品(MICHELIN PILOT Road3)
前後SuspensionとクラッチマスターのOH。
各可動部の点検・整備がMainmenu♪
帰ってくるのが待ち遠しい日々...。
このさき
愛車KawasakiZRX1100-C2改と
どの様な走りができるのか...
ワクワクした気持ちが尽きることはない♪

<2016年7月撮影>

ps.車検前にタイヤをMICHELIN PILOT Road4から
PILOT Road3に換装しました♪
やはりRoad3のprofileの方が
ヨッシーのRidingやMachineに合う様だ...。
Breakingから倒し込みの安定感が4より3の方が明らかに良いのだ。
MachineSettingは一切変更していないので
明らかにタイヤの性能...という他ないだろう。
Road3にも様々な問題点はあるのですけどね...。
それにしても
オートバイという乗り物はホント!不思議なものだ(笑)
 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ご自由にご覧下さい♪】

2016-06-29 | 雑誌

Web yoshy'sGarageへようこそ♪管理人のヨッシーです(^^)ニコ

雑誌のご案内です
 
☆RACERS SPECIAL ISSUE 2016
TEAM ROBERTS in 1980s
’80年代GPチーム・ロバーツの閃光
[レーサーズ]特別編集
-世界GPの革新者 キング・ケニー率いるチーム・ロバーツの挑戦-

YZR500(OW86)が描かれた
表紙と裏表紙♪
そして『TEAM ROBERTS』 の特集だもの...。
1ペーシ1ページ...
ページを捲る度にドキドキ感が止まらない1冊でした♪
1987年... TEAM ROBERTSの2年目。
20年振りに日本(鈴鹿サーキット)で開催された
World Grand Prix Rd.1 SUZUKA Japan。
大雨の中を疾走するGPMachineを
ヨッシーは最終コーナー出口で
ズブ濡れになりながら見詰め、
これがWGPなんだ...
と実感した瞬間を今も忘れてはいない。

King(Kenny Roberts)率いるTEAM...。
LUCKY STRIKE ColorのYZRに
DUNLOPタイヤを履かせ独走する
Randy Mamola。
"Fantastic"と叫びたくなる
衝撃を感じたあの日...。
『TEAM LUCKY STRIKE ROBERTS』の
独走劇と同時に
ヨッシーの愛飲するタバコの銘柄が
『7Star』 から『LUCKY STRIKE』に変わった。
レース場では
各種タバコの試供品が配られ、
キャンギャルがタバコの試供品(無料サンプル)に
火を付けてくれるという、
今では信じられないサービスがあった
古き良き時代の話です♪

※今は禁煙してタバコを止めました♪

『TEAM ROBERTS』とあまり関係無い
話になっちまったぜ(笑)

 Realyoshy'sGarageの本棚に
ご紹介した冊子を置いておきますので
冷たいコーヒーでも飲みながらご自由にご覧下さい

では
Thanks for coming!
Web yoshy'sGarageはライダーの皆さんのお越しをお待ちしております♪

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加