ヨッシーの道楽趣向-別冊-【yoshy's Garage】

【Welcome to yoshy's Garage ♪】

【ご自由にご覧下さい♪】

2016-06-29 | 雑誌

Web yoshy'sGarageへようこそ♪管理人のヨッシーです(^^)ニコ

雑誌のご案内です
 
☆RACERS SPECIAL ISSUE 2016
TEAM ROBERTS in 1980s
’80年代GPチーム・ロバーツの閃光
[レーサーズ]特別編集
-世界GPの革新者 キング・ケニー率いるチーム・ロバーツの挑戦-

YZR500(OW86)が描かれた
表紙と裏表紙♪
そして『TEAM ROBERTS』 の特集だもの...。
1ペーシ1ページ...
ページを捲る度にドキドキ感が止まらない1冊でした♪
1987年... TEAM ROBERTSの2年目。
20年振りに日本(鈴鹿サーキット)で開催された
World Grand Prix Rd.1 SUZUKA Japan。
大雨の中を疾走するGPMachineを
ヨッシーは最終コーナー出口で
ズブ濡れになりながら見詰め、
これがWGPなんだ...
と実感した瞬間を今も忘れてはいない。

King(Kenny Roberts)率いるTEAM...。
LUCKY STRIKE ColorのYZRに
DUNLOPタイヤを履かせ独走する
Randy Mamola。
"Fantastic"と叫びたくなる
衝撃を感じたあの日...。
『TEAM LUCKY STRIKE ROBERTS』の
独走劇と同時に
ヨッシーの愛飲するタバコの銘柄が
『7Star』 から『LUCKY STRIKE』に変わった。
レース場では
各種タバコの試供品が配られ、
キャンギャルがタバコの試供品(無料サンプル)に
火を付けてくれるという、
今では信じられないサービスがあった
古き良き時代の話です♪

※今は禁煙してタバコを止めました♪

『TEAM ROBERTS』とあまり関係無い
話になっちまったぜ(笑)

 Realyoshy'sGarageの本棚に
ご紹介した冊子を置いておきますので
冷たいコーヒーでも飲みながらご自由にご覧下さい

では
Thanks for coming!
Web yoshy'sGarageはライダーの皆さんのお越しをお待ちしております♪

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ツーリングマシーン♪】

2016-06-12 | Modify

Web yoshy'sGarageへようこそ♪管理人のヨッシーです(^^)ニコ

6月4日...。
中部地方も『梅雨入り』 となりました。
鬱陶しい時節ではりますが、
梅雨は季節の区切り...
こんな時は
極端にオートバイに乗る機会が減るので、
各部のセッティングを煮詰めるための
「Interval」には丁度良いのかもしれません。

ヨッシーが代表を務める
『東海ひよこ倶楽部』の企画、
『梅雨入り間近...。今走らなきゃいつ走るの?』と銘打った
3週連続ツーリングを気持ち良く走り切るために、
CarburetorSettingを
『春夏仕様』から『夏仕様』へとResetting♪しました。
※東海ひよこ倶楽部のツーリング企画に興味のある方は、
倶楽部HPカテゴリー「ブログ」よりどうぞ(* '-^) ⌒☆
http://tokaihiyoko.ikidane.com/ 


※手持ちDataでは...
春夏仕様のSettingでは外気温25℃位マデがBest。
外気温が30℃Overとなると、
夏仕様のSettingに変更せぬと流石に苦しくなってきます。
外気温が、
朝夕20℃前後で日中27℃越えという季節の変り目を
どの様に凌ぐのか...湿度もまた然り。
この辺りの±5℃の匙加減が、
愛車を【ツーリングマシーン♪】として考えると...
大変に難しいところなのです。ハァァ-(ノω=;)。。。
日帰り~1泊程度の短期間のツーリングならば
何も考える必要もないのですけれど、
ロングツーリングを視野に入れた使用用途となると...。
まぁ、
RacingCarburetorといえども
かなりの「許容範囲」は待ち合わせていますので、
よほどの「整備不良」や「Settingの大外し」等がなければ、
「走れない」なんて事はないので安心ですけれどね(笑)
※SettingDataはこの場(Blog)では
公表しませんのでアシカラズ。(*_ _)ペコリ

さて、
ヨッシーの様に
RacingCarburetorを装着したMachineを
ロングツーリングにも使用したいと考えている人にっとて、
気温/湿度以上に
大敵となるのは『雨と埃』ではないでしょうか...。
大気中のDustは、
『AirFilter』等の防塵対策部品で
ある程度は対処可能となりますが、
一番問題なのは『長雨』なのではないでしょうか。
カーテンを開けて
今日も雨だ!走るのやめよう。
なんてことは出来ませんからね(笑)
ロングツーリングで何日にも渡り、
晴天が続くなんてことを期待すること自体も
『Nonsense』なことですしね。
それほど
ロングツーリング時の「雨天走行」は、
『避けては通ることができない』ですから...。

18年間乗り続けてきた
愛車KawasakiZRX1100-C2の
Modifyをはじめたころの不安。
それは...
RacingPartsと呼ばれる部品を
各所に奢ったMachineで
ロングツーリングを
快適に楽しめるのか...ということ。
特に神経を使ったことが
RacingCarburetorでの連続雨天走行のこと。
今回、
雨天対策品ではないのですが、
意外に雨対策にもなりそうだなぁと思い
購入した部品を取り付けましたので、
ご紹介しちゃいます。OK!!( ̄▽ ̄)δ⌒☆

RacingCarburetorの話で
MORIYAMA ENGINEERING...。
ZRXにお乗りの方なら『あぁ!アレね♪』と
簡単にお判りになるのではないでしょうか(笑)

その部品というのは、
MORIYAMA ENGINEERING製の
『ニーグリッププレート』です♪
商品説明にはこうある...。
『FCRやTMRキャブレター、DYNOJET ST-3装着時、
RAMAIRやK&Nフィルターがむき出しになる両サイドをカバーできるので、
ニーグリップがしやすく、膝等が汚れにくくなります。』
要するに汚れを防止する商品なのですが...。
以前にこの部品を装着されたMachineを見て...ホッ(〃 ' o')(〃 ' O')ホー
コレならば( ̄∇+ ̄)ニヤリッ♪
カバーが『AirFilter』をしっかりと覆い隠すので、
駐車中にAirFilterに余計な雨粒が掛からなくて良いのかも...と思い
購入してみることにしました♪

早速、車体に取り付けてみます♪
ベース金物の位置合わせが面倒なだけで、
特に取り付けに苦労する様なこともなく、
サクッと取り付け完了です(笑)


この商品の制作者が意図する目的とは違いますが、
少しでも駐車中にAirFilterが
雨粒で濡れることを防ぐことができるのは有り難い限りです♪
ちなみに、
走行中はニーグリップした足(膝)に雨粒が当たる為、
酷く『AirFilter』が濡れる様な事はありません♪
以前に境港(鳥取県)から名古屋(愛知県)マデ
雨天走行しましたが全く問題ありませんでしたから(* '-^) ⌒☆
(状況により結果には差があります。)

【ツーリングマシーン♪】は
RacingMachineとは違い、
限られた条件下でのみ
最高のPerformanceを発揮できれば良い
という発想でMachineを仕上げるものではナイと
ヨッシーは考えています。
私にとってModifyとは、
単にMachine性能を向上させることにアラズ。
自分の『走り』を楽しめるMachineであるとともに、
『性能』と『使い勝手』の良さが
高次元でバランスされていることが最も肝要なこと...。
どこまでいっても
ヨッシーの愛車KawasakiZRX1100-C2改は、
【ツーリングマシーン♪】なのだから。♪d(´▽`)b♪オールオッケィ♪

では
Thanks for coming!
Web yoshy'sGarageはライダーの皆さんのお越しをお待ちしております♪

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ご自由にご覧下さい♪】

2016-06-04 | 雑誌

Web yoshy'sGarageへようこそ♪管理人のヨッシーです(^^)ニコ

雑誌のご案内です

☆RACERS Volume39
世界を驚かせた'93開幕戦
イースタンクリーク
YAMAHA TZ250M[OWF3]
[THE SCENE from scenes]
1993World Championship Road Race 250cc
グランプリルーキー、頂点への道程
[TECHNICAL REVIEW]
"M"の真実
ワークスマシーンYZR、市販レーサーTZ、
ストリートモデルTZR
[3車形態統一]コンセプトが結実した一軸V型2気筒
[INTERVIEW]
原田哲也ロングインタビュー
いま振り返る、あのとき、
『みんなが支えてくれたから、僕はレースに集中できた』 

WGP-日本GP(鈴鹿)で
日本人Riderが『日の丸』を掲げられる様になった時代。
全日本ロードレースとWGPは直結していた。
全日本Champion=世界への挑戦という図式が
確かにソコに存在していたのだ。
しかし...。
日本人のルーキーライダーが中排気量(250cc)クラスで
参戦初年度に
WorldChampionを獲得するなどということを
誰が想像できたであろう。
原田哲也氏(選手)はそれを成し遂げた
唯一の日本人ライダーなのだ。
原田哲也選手と言えば、
1992年All Japan IA250 Round 6 SUZUKA
岡田忠之選手との
奇跡とも思える『同着優勝』という結末が記憶に残る。
"38分18秒881"
あの時...私は鈴鹿サーキットでそれを目撃した♪
記憶にも記録にも残るRacingRider...
それが私の持つ原田哲也氏の印象なのです。

Realyoshy'sGarageの本棚に
ご紹介した冊子を置いておきますので
温かいコーヒーでも飲みながらご自由にご覧下さい

では
Thanks for coming!
Web yoshy'sGarageはライダーの皆さんのお越しをお待ちしております♪


 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

【ご自由にご覧下さい♪】

2016-05-17 | 雑誌

Web yoshy'sGarageへようこそ♪管理人のヨッシーです(^^)ニコ

雑誌のご案内です

☆CUSTOM PEOPLE 7月号
利便性アップの実例集
■便利な装備の採用術
■整備の作業効率を上げる逸品
■ガレージ&トランポを有効利用 ほか
第2特集
プロフェッショナルの設備
特殊機械の機能/プロが使う旋盤とフライス盤 ほか
カスタムマシンインプレッション「ノジマエンジニアリング」
ZRX1200R鈴鹿8耐レプリカ

ZRX(ダエグ)が表紙を飾る7月号...。
やはりヨッシーが興味を惹かれたのは
NOJIMA ENGINEERINGが制作した
ZRX1200R(NJ-1Replica)の
CUSTOM MACHINE IMPRESSIONだ。
ZRXを操る者であればコノMachineの事が
『気にならない』と言えばウソだ!と言えるほど
魅力的なMachineであるのは間違いナイ♪からだ。
他の特集記事には申し訳ないが
このMachine1台が掲載されることで7月号は
ヨッシーには『買い』の1冊なのだ(笑)
もちろん!
他の特集記事も
読み応え満載ですので是非お買い求め下さいね♪


☆Out Rider 6月号
特集 ツーリング・シーン30年史 Part2
カメラが捉えた30年の風景
■プロが語る
「旅の写真論」
■本誌カメラマン特選
「絶景ロード&スポット」
■一眼レフ&スマホ ツーリング写真
「撮影講座」
■撮った写真をどう活用するか
■写真家たちの
「忘れられない一枚」

☆別冊付録 ツーリング紀行傑作選
「オートバイの旅II」

Out Riderに掲載される写真は
魅力的なものが多い。
雑誌を書店で手に取り
その中に
素晴らしい(ヨッシー好みの)写真を見付けてしまうと
実際にその場所に足を運んでみたくなるものだし
あぁ...
愛車をこんな風に撮影できた素敵だなと思ってしまう。
人生に一度限りしか訪れる事の無い『一瞬』を切り取る
「写真」というものの中には
多くの『思い出』までも一緒に焼き付けられている様に
ヨッシーは感じてならない。
Out Riderを読み終え...
過去のツーリング写真を見返してみると
何とも残念なものが多い...と感じる。
機材もさることながら撮影技術も...(笑)
これまで
日本全国をオートバイで旅してきたが
『OLYMPUS OM-D EM-5』を旅の道具として

「一瞬♪」に拘って旅をしてみるのも良いのかもな...と
改めて感じている。
※関連記事
【OLYMPUS OM-D♪】<2014年7月13日更新>

『Scene1』

<滋賀県(甲賀市)/鈴鹿スカイライン(野洲川ダム)>
『Scene2』

<滋賀県(甲賀市)/鈴鹿スカイライン入口>
『Scene3』

<大分県(豊後大野市)/原尻の滝>
『Scene4』

<北海道(富良野)/ファーム冨田ラベンダー畑>
『Scene5』

<北海道(美瑛町)/青い池>
『Scene6』

<北海道(礼文島)/スコトン岬 これより先に進む路はナシ>

撮影した写真1枚々には
あの時あの場所で
確かに感じた『感動』が凝縮され納められている♪

Realyoshy'sGarageの本棚に
ご紹介した冊子を置いておきますので
コーヒーでも飲みながらご自由にご覧下さい

では
Thanks for coming!
Web yoshy'sGarageはライダーの皆さんのお越しをお待ちしております♪



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【GWのできごと♪】

2016-05-12 | Touring

Web yoshy'sGarageへようこそ♪管理人のヨッシーです(^^)ニコ

皆さんは
GW...ゴールデンウイークは楽しまれましたか♪
今年のGWは10連休なんて人も居たりして
実に羨ましい限り...。
ヨッシーはと言うと
Goldenどころか旗日(祝日)もお仕事でした。チェッ!( ̄、 ̄)θ ⌒ ・
とは言え!
チャンスは逃さないのが信条♪
しっかりと走れる時に走ってきましたよ。(`^´ゝOK♪

4月30日(土曜日)は
代表を務める「東海ひよこ倶楽部」のMemberさん達と
福井県のオーシャンカフェ(nicさん)へ行ってきました♪


詳しくは東海ひよこ倶楽部HPより
Blog(東海ひよこ倶楽部活動日記)にてご確認下さい♪
※東海ひよこ倶楽部/http://tokaihiyoko.ikidane.com/

倶楽部ツーリング以外に
奇跡的に2日(月曜日)にお休みが取れましたので
木曽路から奥飛騨界隈のお気に入りのコースを走ってきました♪
国道153号線(三州街道)道の駅平谷。
Carburetorのセッティングも『Feel so good』
国道256号線は「花桃街道」を気持ち良く下り
妻籠宿を抜け国道19号線に流入ッス♪

道の駅「木曽福島」で朝食♪
木曽御岳山は見えませんでしたが
ビュッフェスタイルの朝食を楽しみ
木曽福島宿に...。

木曽福島の菓子蔵「喜しろう」さんで
よもぎ餅とアイスGreenTeaでひと休み(´▽`) ホッ
ガイドブック「木曽福島ぶらりなび」をゲットして
イザ♪木曽福島見学。ε=ε=ヽ*^∇^)ノ イッテキマァース♪


まずは...
古い町並みが残る「上ノ段地区」へ♪
町並みは小さいのですが
逆に馬籠宿や妻籠宿のそれとは違い、
木曾の伝統的な家屋が静かな佇まいを醸しだしていて
とても良い雰囲気です♪

敷地内に陰陽師として有名な
安倍晴明の「晴明社」が祀られている
木曽町観光文化会館(まつり会館)で、
木曽の伝統行事やお祭りについてお勉強デッス♪

木曽福島宿を歩き回り...
ジェラート店を発見したので
迷わず立ち寄ることにしました(笑)


ココ...田口氷菓店は
10月マデの『期間限定』のお店!?(゜〇゜;)マ、マジ...
激美味のジェラーを味わえるチャンスもあと僅かですよ。"ヾ(><*イソゲ♪

店先の多肉植物が綺麗だったので
撮影してみました(^^)ニコ
※田口氷菓店/http://www.kashitaguchi.co.jp/gelato/

巴ちゃん♪
突然なんだ...と思われたでしょうが(笑)
実は画像のポスト...スゴイのです。
【郵便差出箱1号丸型ポスト】
明治4年、
「書状集め箱」と呼ばれる日本最初のポストが設置されました。
明治34年、
「俵谷式ポスト」と呼ばれる丸型ポストが設置され、
その後「丸型庇付ポスト」を経て
昭和42年に
「郵便差出箱1号丸型ポスト」としてこの形のポストが設置されました。
それ以来、「赤いポスト」として人々に親しまれています。
今日、郵便事情の変化により郵便ポストは
大型・箱型のものに切り替わっていますが、
木曽福島では、人々に愛着のある近代化遺産のひとつとして、
愛称を付けて見守りながら、末永くこの丸型ポストを活用しています。
愛称は「巴ちゃん」なんだってさ(笑)

素敵だ...木曽福島♪゜+.゜(′▽`人)゜+.゜ィィ!!

さて...
観光もこの辺りにしてイッキに走ります。
レッツ――ヽ(@,,>∀<)ノ――ゴォォ♪
国道19号線は「薮原」より
県道26号線に分け入り...上高地・乗鞍スーパー林道アタックです♪
クネクネのワインディングロードを駆け回り...
白骨温泉から安房峠を抜けて
奥飛騨温泉郷に到着♪
(走りに集中していたので画像はありません)

新穂高温泉にある
『奈賀勢』さんにて昼食♪
壁には「芸能さん達」の写真や色紙がギッシリ...。

『奈賀勢』さんでいただくのは...
もちろん!
プリプリッの「飛騨牛もつ鍋」デ───d(#≧▽≦#)───ス!!!

上質なホルモンからでた脂が
うどんに絡み合ってもぉ~堪りません。ゥンメェ━━(>∀<人)━━ッ♪♪
※奈賀勢/http://tabelog.com/gifu/A2104/A210401/21008159/

さて...お腹も満腹♪
ココ(新穂高温泉)まで来たなら
絶景を見て帰るとしますか♪ と言うことで
Machineの鼻先を向けたのは...。

北アルプス大橋ッス♪
この橋は
新穂高温泉の中尾高原より、
新穂高ロープウェイ第2乗り場へ向かう鍋平高原とを結ぶ
全長150m、高さ70mの橋で、
『錫杖岳』『笠ヶ岳』などの北アルプスを見渡すことができる
絶景スポットなのです。


絶景ついでに...。
「平湯温泉」まで戻り
平湯大滝を見学して帰ることにしました♪

滝の落ちる音が喧騒を遮断することで
こころ穏やかなる時間(とき)をもたらし、
清涼感溢れる空気が気持ちを落ち着かせてくれました♪
滝に向かう途次には蕗の薹(ふきのとう)も顔を出し、
奥飛騨の春を感じることもできました♪


※平湯大滝/http://www.mjnet.ne.jp/hirayu-ootaki/

最後は
洒落た風景をどうぞ♪
この日は5月2日...。
「武者のぼり」がなんとも美しくはためいていました♪
これぞツーリング風情ナリ♪


倶楽部ツーリングと
個人的ツーリングの2本で走行距離は1000kmを軽くOver♪
PowerFilterもしっかり汚れてしまいました。

次のツーリングに向けて
Machineのお掃除と点検をしなくっちゃ♪

少ないお休みでも...
大満足♪なGWなのでした。オッケー☆⌒c(´∀`)ノ

では
Thanks for coming!
Web yoshy'sGarageはライダーの皆さんのお越しをお待ちしております♪

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加