ヨッシーの道楽趣向-別冊-【yoshy's Garage】

【Welcome to yoshy's Garage ♪】

【しまなみ海道ツーリング-外伝-】

2016-09-08 | Touring

Web yoshy'sGarageへようこそ♪管理人のヨッシーです(^^)ニコ

ヨッシーが代表を務める
東海ひよこ倶楽部が主催した
しまなみ海道ツーリングの記事(Blog)は
もう読まれましたか?
今回の『Web yoshy'sGarage』は
【しまなみ海道ツーリング-外伝-】をお伝えします♪
まぁ...外伝なんて書いていますが、
個人的な記事ですね(笑)
東海ひよこ倶楽部(Blog)『活動日記』はコチラからどうぞ♪
※東海ひよこ倶楽部HP:http://tokaihiyoko.ikidane.com/

8月28日(日)
東海ひよこ倶楽部一同は
仲間との『Last Ride』を惜しみつつ、
しまなみ海道(四国)からHome(中部)へと帰還しようとしていた...。

今回のツーリングは
仲間の『Last Ride』なので、
Ride...ride...ride...と
倶楽部のBlogには書きましたが...
チャンとグルメなんぞも楽しんでます。d(´0ノ`*)オーホッホッホ!!
ツーリングだもの♪あたりまえジャン!
東海ひよこ倶楽部は
ストイックなツーリング倶楽部ではありませんからね。(ノ∀`*)アハッ♪

SAに入れば皆さん...
ソフトクリームや冷たいドリンクを楽しまれていました♪
淡路島南PAの『愛媛みかんソフトクリーム』は
柑橘系ソフトなのでスッキリした味わいで最高でした♪
゚+.゚(′▽`人)゚+.゚ィィ!!

<愛媛みかんソフト>

昨今のツーリングは
スマホアプリを駆使してρ(・・。)ポチッポチ
雨雲も回避しちゃいます(b≧∀)グッド♪
ひと昔前の
五感を駆使して
『風向きと、雨のニオイを感じ取り』天候を判断する様な
野生の勘に頼ったツーリングの時代は
終わりを迎えています。
ヨッシーはまだ若干その気は残っていますが...(笑)
昼食に立寄った
淡路SAは曇り空...。

SA内ににあるハイウェイオアシスで
注文した昼食の
『生しらす丼』を待つ間に...

<ハイウェイオアシス/御食家『みけ家』の生しらす丼>
※淡路ハイウェイオアシス:http://www.awajishimahighwayoasis.com/
Yahoo!Weatherの雨雲レーダーを
確認してみると...∑ヾ( ̄0 ̄;ノ オーット!

確実に1時間後には
淡路に強烈な雨雲到来!との予報。
更に降水量はオレンジ色から赤色の部分
(45~65mm/h)が直撃!?(゚〇゚;)マ、マジ...
雨雲の動きを時間経過で見てみると、
上手いことに
昼食を速攻で済ませ出発すれば、
神戸⇒大阪⇒京都まで
雨に遭わずに走れそう♪な動き方です。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。 ヤッターン♪
参加Memberで協議の結果...
雨雲の動きを考慮して
山陽⇒中国⇒名神ルートは諦め...
摩耶⇒魚崎間の渋滞が発生していないことを確認したうえで、
阪神高速3号神戸線⇒名神ルートをチョイス♪
そうと決まれば...
雨雲から逃げるように出発♪
この時点(pm1:50)では
明石海峡大橋上空は青空なんだもの。
もぅサイコー(*′∀`)ニヒ♪
それにしてもコノ場所...
約40分後に豪雨に見舞われるなんて信じられません。
文明の利器って素晴らしい(笑)

ヨッシーは
明石海峡大橋の上り線から見る
神戸垂水区の景色が迫ってくる感じが大好き♪
なんだかこの景色をみると...
『あぁ...ツーリングから帰ってきたぜ♪』と感じるのです。
次に感じるのは
京都南ICを越え京都東ICの
上りに坂に差し掛かる頃に...
『あぁ...終っちまったぜ』と思うのです。
京都からでも名古屋マデは
まだ130km位はあるのですがね...(笑)

<明石海峡大橋から神戸垂水区を臨む>

【しまなみ海道ツーリングを終えて】
車検時にお願いした
前後SuspensionとWheel BEARINGの
"Refresh"は大アタリ♪

脚がシャッキリとしたことで
車輌の"Performance"は更に満足ゆくものとなり、
往復約1000kmの距離を
とても楽しく走り切ることができました。(*′▽`)ノ゙OK♪
帰宅後、
各部の点検(チェック)と
EngineOILの交換も済ませ、
次回の走行に備えます♪


【TMRCarburetor(CarburetorSetting)のこと】
ヨッシーの愛車KawsakiZRX1100-C2の
燃費計測は『満タン法』を利用した
スマホアプリ(Fuel Rec)で管理しています♪

今回の『しまなみ海道ツーリング』の
平均燃費は16.87km/L。
まぁ...
この燃費数字はあまり意味のないことなのです。
セッティングで燃費は簡単に変化してしまいますから...。
ヨッシーが重要視しているのは寧ろ、
このツーリングの走行環境下で
セッティングが良い方向であったのか?
というデータとしての燃費数値の方なのです。
今回のツーリングは、
暑い時期の...
今にも雨が降り出しそうな曇り空特有の
気温と湿度が高い状態で平均燃費16.87km/L。
給油⇒給油区間でのアクセルの開け方は覚えていますので
結果としてはナルホド...という数値に収まっていました。
予測していた通りの結果とも言えます。
もう少しセッティングを突き詰めて
『+リッター1~2km』のところで収まれば
良かったのかもしれません。
あー!燃費の話みたいですが違いますからね(汗)
新名神の亀山JCT⇒土山SAの区間で、
ある実験(走行)を試みてみました♪
この区間には『鈴鹿トンネル(4,010m)』があります。
外気温と湿度の高い日のトンネル内部は...ネ♪。
絶好のテスト場だと思いませんか(笑)
トンネル内外の気温差はテストに打って付け♪
同じ回転数から同じアクセルの開け方で加速をしてみました。
その結果...。
今のジェッティングは
NJ・MJ共にセッティング範囲の境界線にあることが分りました。
トンネル内部では
アクセル開度1/4辺りから上で不満(△)という結果でした。
分っていて試したのですが...。
ちなみにコレ全部...ヨッシーの『勘(アナログ)』ですので、
素人の戯言程度に考えて下さい(笑)
機械(デジタル機器)で計測したら
全く違う結果かもしれませんしね(´m`)クスクス
それでも良いんです!
折角のRacingCarburetorだもの、
取り付けたダケ...
お店任せのセッティングじゃ...ツマンナイ!
Engineブッ壊さない程度には遊ばないと...('▽^*)ネッ♪

【関連記事】
【ツーリングマシーン♪】<2016年6月12日更新>
【移りゆく季節の中で...】<2015年10月15日更新>
【ひと休み♪】<2015年2月3日更新>
【キャブレター調整工具♪】<2015年1月21日更新>
【移り変わり♪】<2014年11月26日更新>


もう直ぐ...ヨッシーのZRX1100-C2改に
面白いモノが装備されます♪
まぁ...これはまたの機会にでも
ご紹介します。(* '-^) ⌒☆See You♪

-速報!2016年9月8日(木)-
本日
アル作業が未完成のため、
しまなみ海道ツーリングを終えた直後から入庫していた
愛車KawasakiZRX1100-C2改を
『しゃぼん玉一宮店』さんまで引取りに行ってきました♪
アレコレと笹田チーフメカと話をしている中で、
CarburetorSettingの印象は『だよね~♪』と
二人で頷く結果となりました(笑)
最終的には人間の感覚ではなく
面白いモノが表示した数値も
同様の測定結果を示していたのですけどね♪
オッケー☆⌒c(´∀`)ノ
ホント...オートバイって最高♪

では
Thanks for coming!
Web yoshy'sGarageはライダーの皆さんのお越しをお待ちしております♪ 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

【9th Time around 2♪】

2016-08-24 | 一般

Web yoshy'sGarageへようこそ♪管理人のヨッシーです(^^)ニコ

ヨッシーの愛車KawasakiZRX1100‐C2が
9回目の車検から戻ってきました♪
今回も
車検の代行をしていただいたのは、
ヨッシーの愛車KawasakiZRX1100-C2のModifyを
初期から支え続けて下さっている、
滝川店長率いる「しゃぼん玉一宮店」さん♪
(滝川店長とは
しゃぼん玉名古屋店時代からのお付き合いです)

「しゃぼん玉車検」では、
エンジン点検=20項目。
動力伝達装置点検=8項目。
ステアリング&電装点検=13項目。
ブレーキ関係点検=15項目。
タイヤ・ホイール・Rサスペンション点検=14項目。
その他=3項目。
合計=73項目の点検が実施されます。゚+.゚(′▽`人)゚+.゚ィィ!!
重要点検箇所の整備内容を
写真付きの冊子にして説明してくださるので
とても有り難いです♪


ヨッシーは車検時に
まだ使えるものであっても、
状態の良くない部品は即交換する様にお願いしています。
これには
「私への確認(了承)作業は不要ですよ」ともお伝えしています。
作業の手を止めて
私に確認(電話)していただいても「交換して下さい」という
判断(返答)をするに決まっていますし、
なによりも確認(了承)が取れるまで
部品発注が行えないので、
作業の停滞時間が発生してしまうというのが
いただけません┐( -"-)┌ヤレヤレ...
もちろん高額な部品等々、
先方で判断に迷うものは確認の連絡を下さいますし、
交換した部品は
後ほど(車検後)両者立ち会いで
必ず部品を見ながら検証作業を行ないますので
信頼を損なうということはありません。△...c(゚.゚*)ナルホドネ
この検証作業を行なう事で
何故この部品にヤレが発生したのか...というところで
Machineの問題(単に機械的な)が発覚するということもあるでしょうし、
Machineの扱い方(ヨッシーの問題)さえも分るのです。
ヨッシーは
通常的(日常的)に行なう点検・整備では見付け難い
不具合をあぶり出す作業...これが『車検』だと考えているので、
ただ走行に支障は無いですよ程度...では困るのです。
今回、
私(ユーザー側)からの注文は、
クラッチマスターのOHと不具合の改善。
前後SuspensionのOH。
ホイール関連(特にBEARING類)の点検等々、
走行中に動作を繰り返している部品を
重要項目と位置付けた車検をお願いしました。



約1ヶ月の期間を費やした車検は
ヨッシーが予想していた部品以外のもの数点の交換が行なわれ
無事に終了しました。
特にOZホイールの
「DEEP GROOVE BALL BEARING」の不具合を感じ取った
笹田チーフメカニックの感覚は
『Fantastic(素晴らしい)』の一言♪
チーフ自身も
初期段階の整備では分らなかった...と仰っていましたから。
取り外したBEARINGのインナーレースを動かしてみると
スムーズに動くのですが、
ある部分に一定以上の力を加えると「オットォ!(・oノ)ノ」となります。
もちろんこれも微小な「違和感」なので
教えられずにBEARINGを回していたら気付かない程度の話です。

RacingPartsなどを多用し
Customされた車輌のヤレ(部品疲労度)は、
想像よりも大きいものです。
RacingSpecに近付けた様な車輌は、
それに準じた(見合う)整備時間と性能維持予算が
必要だと言うことを忘れてはならないのだと思っています。
曖昧な基準で「まだ大丈夫」などと判断すると、
大きな代償を支払わなければならなくなる場合もあるのだと
認識した方が良いでしょう。
【9th Time around ♪】<2016年7月27日更新>
でお届けしたMachineの全景画像と今回の画像...。
車輌の「見て呉は」全く同じに見えることでしょう。
しかし...
乗車してみると差異はあきらかなのですよ(笑)
獲得した性能を維持するのは...とても難儀なものです(汗)
皆さんは「車検」をどう考えていますか...。

さて、
9回目の車検を終えました♪
まだ少しやり残しはありますが、
ひとまずコレで
愛車KawasaskiZRX1100-C2を
思いっ切り走らせる事ができます♪
しゃぼん玉一宮店さんから
自宅に戻る途中...
大気が不安定でドシャ降りの雨に遭いましたが(笑)
Machineは「シャキッ♪」と快調♪で
何時間でも走っていたくなりました。ヽ(*⌒∇^)ノヤッホーイ♪

帰宅しMachineについた雨粒を拭いていると...、
「4in1 NITRO RACING ウェルドクラフト3DチタンEX」の
ExhaustPipe(titaniumPipe)の焼け色が
美しく浮かび上がる様になってきたのに気付きました♪
以前に装着していた
「モリワキ ZERO SS ANO 手曲げフルチタンマフラー」もそうですが、
焼け色ひとつに拘りたいと感じるのです。
マフラー1本であっても
やはり自分でアクセルを開けた結果を見てみたい...
そう素直に思うのです♪

【関連記事】
【9th Time around ♪】<2016年7月27日更新>
【ご自由にご覧下さい♪】<2016年3月20日更新>
【モリワキ】<2015年2月5日更新>


では
Thanks for coming!
Web yoshy'sGarageはライダーの皆さんのお越しをお待ちしております♪

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

【電源確保♪】

2016-08-15 | 一般

Web yoshy'sGarageへようこそ♪管理人のヨッシーです(^^)ニコ

今回は
ZRX1200DAEGに乗る仲間から、
ツーリング時に携帯(スマホ)を
より有効利用したいとの依頼を受けたので...。
電源確保♪と携帯ホルダー♪の取り付けッス♪

今回取り付けるのは...。
☆DAYTONA
バイク専用電源USB(5V/2.1A)
1ポート スマホ対応 電源アダブター
☆RIDEZ(ライズ)
WATERPROOF CASE & HOLDER
FOR SMARTHONE KIT
の...2点♪

仲間の使用する携帯(スマホ)は、
iPhoneなので非防水...。
ツーリング時に急な雨に見舞われることを想定して、
用品店で携帯(スマホ)用の
防水ケースと取り付けアタッチメントを探していると...。
この商品が
1番売れていたので防水ケースは迷わずコイツに決定!
『マウントから外したケースは、
付属のネックストラップで首に掛けても使えるぜ♪』...と、
なんでも無いようなことを
惚けた顔して説明している
「オッサン」の写真も気に入ったしね(笑)

さて、
ACC電源をどこから引っ張るかなぁ~
と考えながら...σ( ̄、 ̄=)ンート
以前に
ZRX1200DAEGにはETC用の
ACC電源コネクターがシート下にアルと聞いていたので
調べてみると...。


Bingo!
素晴らしい♪v(*'-^*)-☆
アッサリと
電源の取り出し口が決まりましたので、
後は
電源アダブター(USB)から電源までの配線を通すために
燃料タンクを取り外してゆきます。(*^-°)v オッケェー♪

DAEGは
ヨッシーの愛車ZRX1100とは違い
燃料タンクを取り外すにはチョイと
コツが要ります。
燃料タンクを留めている2本のボルトを外し、
木片などを使い燃料タンクを浮かし...。
燃料タンクに繋がっているブリーザーチューブを
2本取り外します。

次に
燃料計とフューエルポンプのコネクタを外します。

ココまでは
あまり考えなくても簡単に作業は進みます♪OK!!( ̄▽ ̄)δ⌒☆
問題は...
燃料ポンプ(フューエルポンプ)に繋がっている
燃料ホース(フューエルチューブ)の取り外し。…c(゚^ ゚ ;)ン?
DAEGの燃料ホースはクリップ留めではなく
赤色のストッパーで留められています。
このプラスチック製のストッパーを
取り外す際に破損してしまうと...。
ASSY(Assembly)交換となり
5千円以上の出費となってしまいます(汗)

ストッパー下部に
溝が切ってあるので、
マイナスドライバー等を使い取り外しましょう♪
焦らなければ簡単な作業ですからムリせず慎重に(笑)
また
燃料ホースを取り外す際には...。
ホースに溜まった燃料が
僅かですが溢れますのでコチラも注意して下さい。

ヨッシーは
燃料タンクを取り外した際には
プラグキャップの緩み・破損...。
ラヂエター水の確認等々、
日頃点検できない部分の確認を
必ずおこなう様に心がけていまので、
仲間のMachineも同様にこの作業をおこないます♪

配線の取り回しや不要な遊びが無いように気を配り
地味な作業を黙々と進めます(笑)
約2時間程でUSB電源の
取り付け作業は終了となりました♪


防水ケースを取り付けるアタッチメントは
KITとして付属しているので
ポン付けでOK♪
ヾ(´▽`*)楽勝ジャン♪

そのまま防水ケースを取り付けると
クラッチ側のオイルタンクに干渉してしまうので、
取り付け位置を微調整しておきます♪

最後に
実際に携帯(スマホ)を使って
電源供給状況の確認と視認性の確認を済ませ、
後は引き渡しを待つのみとなりました。(。-`∀・)b゙OKダゼ♪
(この防水ケースは携帯のタッチ操作も可能です♪)

この夏...
Battery残量を気にすることなく、
携帯(スマホ)を有効利用して
素敵なツーリングを楽しんで下さいねー♪
※ETC用に確保されたACC電源より
電源を取り出しました。
万一にも電源供給が不安定となりましたら、
リレーを使ってBatteryから電源を確保しますので
その際にはお気軽にお申し付け下さいm(_ _)m

ps.良く整備されたDAEGでしたが、
『チェーンオイルの注油』『タイヤの空気圧の点検』
『細かい部分のグリスアップ』等々を済ませておきました、
これで更に安心してツーリングに出掛けられますよ。オッケー☆⌒c(´∀`)ノ

では
Thanks for coming!
Web yoshy'sGarageはライダーの皆さんのお越しをお待ちしております♪


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ご自由にご覧下さい♪】

2016-08-02 | 雑誌

Web yoshy'sGarageへようこそ♪管理人のヨッシーです(^^)ニコ

雑誌のご案内です

☆RACERS Volume40
SUZUKI GSV-R
2002 XR E0 →2011 XR G4
2002 MotoGP Round 1 SUZUKA
キックオフは華々しく
可能性を感じさせたデビュー戦
梁明、雨の鈴鹿で2位表彰台
[TECHNICAL REVIEW]
野心に満ちたV型4気筒
[THE SCENE from scenes] 
2002-2011 MotoGP
スズキの第一期モトGP参戦
荊棘の10年間が残したもの

2ストローク500ccと
4ストローク990ccの混走という形で
幕をあけた2002年MotoGP元年...。
ヨッシーの興味は
Grand Prix Machine(500cc)ではなく
MotoGP Machine(990cc)にあった。
500と990、
この差はどれほどのものとなるのか...。
開幕戦でその答えは明らかとなり
MotoGP Machineの凄まじいまでの走りを、
雨のSUZUKAで感じたのを覚えている。
HONDAのRC211Vの異様な姿...。
SUZUKIのV4エンジン...。
変革期の楽しさが
ソコ(MotoGP)には溢れていた♪
SUZUKIの第一期となる
MotoGPの挑戦を深く知りたければ、
今回のRACERSは買い!の1冊です♪

Realyoshy'sGarageの本棚に
ご紹介した冊子を置いておきますので
冷たいコーヒーでも飲みながらご自由にご覧下さい

では
Thanks for coming!
Web yoshy'sGarageはライダーの皆さんのお越しをお待ちしております♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【9th Time around ♪】

2016-07-28 | 一般

Web yoshy'sGarageへようこそ♪管理人のヨッシーです(^^)ニコ

ヨッシーの愛車KawasakiZRX1100‐C2を
9回目の車検に出しました♪

9回目の車検...と言うことは、
新車購入時より
気が付けば19年間のお付き合い(笑)
その間...。
ZRX1100とは
言葉では簡単に言い表すことができないほどの
経験を共にしてきました♪
良いことも悪いことも...。

オートバイという乗り物を
どの様に楽しむのかは...人それぞれ。
その感性もまた...さまざま。
ヨッシーにとって
KawasakiZRX1100の
TouringMachineとしての性能は
『秀逸』なものであり、
ツーリングというカテゴリーにおいては
『全くの不満』を感じることのないMachine♪
乗れば乗るほどに...。
知れば知るほどに楽しさが溢れてくる...
そんなMachineだからこそ、
19年間コイツと走ってこれたのだと思う。
ZRX1100と駆けた19年という年月で
焚いてきた燃料...量り知れず。
履き潰したタイヤ...数知れず。
時間(とき)を費やし...
日本全国を巡り
共に刻んできた時間(とき)は
人生の『貴重な思い出(財産)』となっているのです♪



しかしながら...
8回目の車検を受ける際に
『車輌入替え』を意識したのもまた事実。
各社(BMW・KTM・Kawasaki・HONDA・YAMAHA・SUZUKI)の
販売店を巡り候補を試乗したりしました。

あるメーカーの販売店を訪れた時...
偶然にもZRXのOwner's Clubでご一緒だった方と
何年振りかにお会いしバイク談義で盛り上がりました♪
彼は数年前にZRXを手放したそうで...。
私のZRXを眺めながら
「車輌を手放してZRXの良さが分った様な気がした」と
言った後に彼がポツリッ...と呟いた言葉。
「ZRX...手放さなければ良かったなぁ」という一言が
とても印象に残りました。
ZRXを買い換える際に、
奥様にムリをいって買い換えたので
しばらくはコイツで楽しみますと言った彼の笑顔に
嘘はないのだろうと感じました♪

あの時...
感じた「走る楽しさ♪」「操る嬉しさ♪」を
もう少しZRX1100-C2と感じていたいナ...
そんな実感が心の中から湧いてきました♪




整備・点検等は怠らずにしてきたとは言え、
17年使い続けた車輌...。
走行距離も10万kmを遙かにOver...。
「イケるのか...」と悩む日々。
そんな私の心を知ってか、
ツーリング帰りにラヂエターがパンク(汗)
そんな時に訪れたのが
「しゃぼん玉名古屋店」さんでした。
ここで滝川店長との出会いがなければ...
今のZRX1100は無かったと思います。
MachineのModifyについては
またの機会に日記としますので
お楽しみ下さい♪

9度目の車検(9th Time around)
タイヤも新品(MICHELIN PILOT Road3)
前後SuspensionとクラッチマスターのOH。
各可動部の点検・整備がMainmenu♪
帰ってくるのが待ち遠しい日々...。
このさき
愛車KawasakiZRX1100-C2改と
どの様な走りができるのか...
ワクワクした気持ちが尽きることはない♪

<2016年7月撮影>

ps.車検前にタイヤをMICHELIN PILOT Road4から
PILOT Road3に換装しました♪
やはりRoad3のprofileの方が
ヨッシーのRidingやMachineに合う様だ...。
Breakingから倒し込みの安定感が4より3の方が明らかに良いのだ。
MachineSettingは一切変更していないので
明らかにタイヤの性能...という他ないだろう。
Road3にも様々な問題点はあるのですけどね...。
それにしても
オートバイという乗り物はホント!不思議なものだ(笑)
 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加