TEAM MAGO

TEAM MAGOの活動日記

第20回ツアー・オブ・ジャパン 第5〜第7ステージ

2017-06-17 20:21:12 | レース

 第4ステージで最後は捕まったものの100km以上を逃げるというなかなかロックな魅せるレースをしてくれた大樹。

 次の日はツアー・オブ・ジャパンの中でも難所の山岳コース、南信州ステージ。

テクニカルな下りやタフな登りのある1周12.2kmを10周回の周回コース。

 天候も悪かったようで、昨日は脚を温存している選手が多い中、長い距離を逃げて脚を使っている大樹は大丈夫かと心配したが、トップから18分ほど遅れのグルペットで無事ゴールしていた。

 チーム戦であるロードレースにおいて数が多いのは絶対的に有利。生き残るのも大事なお仕事である。

 第5ステージ 55位/総合58位 29分31秒遅れ

 そして第6ステージは富士山のヒルクライム!

距離は11.4kmと短いが、最大勾配は20%以上、平均勾配でも10%を越える激坂だ。

総合を狙わない選手やほとんどのアシストの選手にとっては休息日かな。

 といってもタイムアウトにならないように激坂を一本登らないといけないが。。。

この日も残念ながら悪天候。。。

 中断を見ていても霧で誰が誰やらわかりません。。。

 せっかくの富士山ステージなのに富士山も見えないし、ただの修行ですね・・・・

霧の中の激坂を登る大樹。

ハンドルバーになにやら放送用のカメラが取り付けられている。順位に関係なし、少々重たくなっても集中力を欠いてもいい選手が選ばれたのかな

タイムアウトすることもなく、62位でなんとかゴールした模様。

 さあ、明日はいよいよ昨年の因縁の伊豆ステージ!

 なんとか乗り越えて東京まで行けよ!!

第6ステージ 62位51分25秒/総合59位 41分26秒遅れ

 この日のステージ優勝は右京のオスカル・プジョルで38分50秒!

 凄い!! 平均ワット数はいくらなんだろう・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ←ポチッとお願いします。

ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第20回ツアー・オブ・ジャ... | トップ | 第20回ツアー・オブ・ジャ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。